(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 434人登録
  • 3.56評価
    • (16)
    • (68)
    • (65)
    • (6)
    • (3)
  • 60レビュー
著者 : 仁木悦子
  • ポプラ社 (2010年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116777

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和32年に出版された物語だという。
    驚いた。少しも古さを感じさせないストーリーとミステリーとしての面白さが詰まっていた。
    設定が昔なので、もちろん現代とは状況が違う。
    炭切りのおじさんが登場したり、テープレコーダーが珍しい機器のように登場したりする。
    巻末にある解説を読むまで意味がわからないところもあったりした。
    けれど、物語の展開には少しも影響していない。
    仁木兄妹の会話も軽妙で、陰惨な連続殺人事件でありながらどこか明るさを感じさせる。
    直木賞受賞というだけでなく、2012年版東西ミステリーベスト100にも77位でランクインしている。
    タイトルだけは知っていたのでいつかは読んでみたいと思っていた物語だった。
    そしていま、読み終えて思うのは読んでよかった!
    派手なトリックや大仰な仕掛けはないけれど、ミステリーの醍醐味が詰まった物語だった。

  • レトロな雰囲気がたまらなく良いです。
    殺人事件のおどろおどろしさやシリアスで重い雰囲気はなく、古い作品ですが現代との隔たりを悪い意味で感じることもありませんでした。
    むしろ、どこか懐かしい親近感があります。

    連続殺人事件、庭の防空壕、病院と事件自体はサスペンスフルですが、事件にちょくちょく顔を出す猫と、主人公兄妹がユーモラスで楽しく読めます。
    この仁木兄妹は仲が良さそうで本当に微笑ましいです。
    二人で事件の再現演技をしていたりと楽しそう。

    事件はまさしく「猫は知っていた」。
    散りばめられた伏線とトリックは正統派な本格ミステリーでした。

    この楽しい兄妹が活躍するシリーズ、まだまだ読みたいと思わせてくれます。

  • レトロな世界観だけど、古臭くない。60年前に出版された本とは思えない。
    軽めのミステリーが読みたいなと思って手に取ったけど
    真面目に,丁寧に,けれど楽しみながら書かれたんだろうなということが
    伝わってくる本。

  • 江戸川乱歩賞を受賞した、仁木悦子さんの代表作でありデビュー作です。
    仁木兄妹コンビシリーズ。
    物静かで洞察力のある、植物学を専攻する兄の雄太郎と音楽の才能をもつ、ちょっとお転婆な妹の悦子。
    今回彼らの巻き込まれた事件は、下宿したばかりの病院を舞台に起こります。
    病院の敷地内で次々と起こる奇怪な事件。
    倉庫に閉じ込められた老女、盗まれた指輪、謎の電話・・・そして殺人事件!
    全ての謎のパーツが仁木兄妹により解明されていきます。

    ジャンル分けするとすれば、謎解きミステリーという事になると思います。
    しばらくぶりに読み返して、私が感じたのは時代は知らない内に流れてた!という事です。
    この犯罪を現代にあてはめる事は出来ない。
    犯行動機、犯行方法、そして素人が事件にここまで深く入り込める状況・・・。
    当時は何の疑問も感じずに読めた本ですが、今のような複雑化している時代にこの犯罪はありえないと思いました。
    そういう意味で言えば、謎解きミステリーという分野は難しいと感じます。
    だけど、これも今の隣の時代、昭和だからそう思うので、この話があと数十年経てば、アガサ・クリスティーのようなミステリーとしてまた見直されるのかも知れないと思いました。
    今はこの作者の本を書店で見かけなくなった事からして、この本を読む人は今そういないだろうと思われますが、当時はわずか半年の間に13万部の売上を記録するベストセラーだったそうです。

    このお話はミステリーですが、ちっともドロドロしたところがなく、むしろ健康的だとさえ思えます。
    シンプルなストーリーで、気持ちよくよめるお話ではあります。

  • 時は昭和30年代。
    植物学専攻の兄・雄太郎と音大生の妹・悦子が引っ越した下宿先の医院で起こる連続殺人事件。
    現場に出没するかわいい黒猫は、何を見た?
    第3回江戸川乱歩賞受賞作品。

    先日、仁木兄弟シリーズを読み、気に入った仁木悦子さんのデビュー作。
    凄いです。これがデビュー作というのも驚きですが、今読んでも全く古臭さを感じませんでした。
    もちろんわからない言葉もありますが。
    ドライヴ・クラブ?って今で言うレンタカー屋だったり。
    炭を配達してもらって、適当なサイズに切り分ける炭切り?というのをしてもらったり。
    でもそういう昭和の日常を感じるのも面白かったです。

    とにかく筆致が爽やかで品があるというか。とても軽やか。
    思わず「日常の謎」系と勘違いしてしまいそうです。
    ですが事件はしっかり本格。
    医院だけに入院患者が出入りして、登場人物を把握するのに少々手間取りましたが、全ての謎は解き明かされます。
    皮肉な事件の流れややりきれない、けれども納得のいくラストを含め、とても好みでした。

    これはやっぱり童話のほうも読んでみなくっちゃね。

  • 仁木兄妹シリーズ第1作 ★2.5

  • 再読。思い出した部分もあったけど、すっかり忘れていた。テープレコーダーがまだ珍しい時代だったんだなあ、時代の流れを感じる。

  • 江戸川乱歩賞の実質的な初受賞作。

    なんか、懐かしい感じがする。赤川次郎の三毛猫ホームズを思い出す作品。

    ポップな文体が良い。

  • 初悦子。何とも現代的な推理小説だなぁ、と。全然古臭さを感じさせず、楽しめました^^ モリミーみたいなユーモラスな作品。

  • もうこのシリーズは何度も読み返した。なんでポプラ社から再版されたのかは分からないけど、また読みたくなって図書館へ。
    時代が違っても、作品の面白さは変わらない。伏線の回収の仕方は見事としか言いようがない。何気ない日常がすべて事件のキーとなり、つながっていく。大好きなシリーズであることに何年たっても違いはなかった。ほかのも読みたい。

    筆者のペンネームと主人公の名前が一緒だったことは、若い時は不思議に思っていた。でも今となっては、脊椎カリエスを患い自由に動き回れなかった筆者の夢だったのかなとも思う。

全60件中 1 - 10件を表示

(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする