(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 83人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (15)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 山田風太郎
制作 : 米澤 穂信  黒田 硫黄 
  • ポプラ社 (2010年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116784

(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 推理よりも雰囲気を楽しむかんじでした。おもしろかったです

  • なかなか面白かった。
    山田風太郎らしいブラックさがありながらユーモアもある。

  • 山風のこのシリーズは存在も知りませんでした(結構読んでるつもりだったのに)。それが黒田硫黄の表紙で出てたので購入。米澤さんの解説もうれしい。

    青春小説という点では案外、柳生十兵衛ものに似てるのかもしれませんね。主人公たちの伸びやかさとか、すごく心地よくかかれてていいです。

    「山のみどりに酔って、ふとそこに座り込み、石垣にもたれて、そこはかとなきよしなしごとを、心にうつりゆかせていたのである」

    なかなかこんな文章書けない。さすがだなぁ。

  • ミステリーらしく犯人を捜して解決するというところもあるけれど、青春小説の色合いが強いかと。面白く、楽しく読めました。

  • 楽しいジュブナイル。忍法帖(甲賀、伊賀のみ)以外の山田風太郎は初。展開の早さと鮮やかさ、文体は時代物と同様。男女六人の高校生達のちょっとした冒険が生き生きと描かれてる。完全なヒーローじゃなくて、ある意味しょうもない男子たちなのがまた憎めなくて魅力的。表紙が黒田硫黄、解説は米澤穂信の両先生。

  • 山田風太郎の青春小説、加えて表紙は黒田硫黄。
    この引力たるや。

  • 黒田硫黄の表紙目当てで購入したけど、内容もよかった。この作家の他の作品も読んでみたい。

  • ピュアフル文庫の復刊枠は、10代向け文庫と侮ってはいけません。厳選されてる。すごいな、と思うのはトリックそのものよりも、作品の雰囲気やテーマに合わせたトリックや真相を持ってくるところです。高校生の探偵ごっこだからとドタバタ・コミカルばかりではなく、社会の不条理だったり、自分の遊びが及ぼす結果への警鐘だったり、大人の世界も覗かせる。楽しく読めるけど奥は深いです。

  • 山田風太郎を黒田硫黄の表紙で読むことになろうとは。中高生にすすめやすいかな。山田風太郎はぜひ読んでほしいし。

  • 痛快です!面白かった!

全15件中 1 - 10件を表示

(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[や]1-1)青春探偵団 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする