リリース (teens’ best selections)

  • 182人登録
  • 3.99評価
    • (21)
    • (31)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 草野たき
  • ポプラ社 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117347

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リリース (teens’ best selections)の感想・レビュー・書評

  • 父親がこの世を去った日に生まれた明良(あきら)。医者をしていた父が言い遺した「自分の跡を継いでほしい」を実現するために、周囲の期待を背負いながら父もやっていたバスケットと、志望高校に合格するための受験勉強に励む日々だ。
     バスケット部のキャプテン、成績もそこそこ、親戚からは将来を嘱望され、働き者でよき嫁の母と、家事が得意なやさしい兄…すべてが順調と思っていたのだが…。
    1人の新入部員の登場で揺らいでいくバスケット部。そして思いがけなく知ることになった、信頼していた兄の秘密…
     自分にとって家族とは?友達とは?自分が本当にしたいことは何なのか?
                                 
     久々に読む、草野さんのYA。初めて読む、男の子の主人公です。
     仲のいい家族、陽気な部活仲間…何もかもうまくいっている、自分さえ我慢すればすべてはうまくいく、と思っていた明良が1人の転校生と向き合うことで、自分の知らない「自分」に向き合うようになります。そこから改めて見えてくる景色に戸惑う明良。
     自分に正直に生きることと、まわりの人の思いが必ずしも同じじゃないから、悩み苦しむ。どこまでが自己主張で、どこからがわがままなのか…。

     思春期の心情を描くという点では、草野さんは決して裏切らない。YAの王道みたいな作品。装丁どおりにさわやかな物語で、夏休みに読むのにぴったりの1冊です。

  • 医者だった父の跡を継ぎ、医者になることを親戚中から期待されている明良。
    しかし、本当はプロのバスケ選手になりたいという夢を抱えていた。
    自分の気持ちをもて余しながら突入した中2の夏、ある事件をきっかけに、部活、友達、そして家族との関係が崩れはじめた―。

    YAの名手・草野たきの新刊。
    これまで女子中高生目線の良作を送り出してきた著者だが、今回の主人公は中2の男子。

    自意識過剰でカッコつけ、自分では完璧に周りを取り繕っているつもり…。
    思春期は男子でも女子でも同じなんだなぁ…。

    自分で思っているものと、人から見えてるものって違う。
    友達も家族も親戚も、みんな価値観が違い、それぞれ一人の人間として大切なものを抱えながら生きている。
    そんな当たり前だけど見失いがちなことを気づかせてくれる作品。

    登場人物は皆、人間くさく魅力的。
    主人公以外の目線で書かれたこの物語も読みたいと思った。

  • 288

    2016年では68冊

  • ありがとう。育ててくれて、ありがとう。ずっと、守ってくれて、ありがとう。


    高校で活躍するようになれば、本当の友だちができるとか、かわいい彼女ができるとか、夢ばかり見てないで、今、目の前にあるものをよく見ろ。

  • 思春期の生意気で独りよがりなところ満載で正直キツイ。思えば自分もこうだったかもな、とは思いますが。
    医者を目指してるフリしたり、NBA選手目指したり、さすがにそこまで凄い夢語る子ってそんないない気もして、だからリアリティが感じられなかったのかな。あんまり共感出来ませんでした。

  • 中学特有の部活内の関係性だったり家族の問題がリアルだなあと!バスケ部の子たちがみんな良い子だし自分の意志を貫くおばあちゃんがすきです

  • 泣いたわぁ!
    もうこういうの大好き!
    軽く読みやすい。
    中学生に戻ってまたこんな青春したいなぁー。
    バスケしたいなー。

  • このバスケ部の部員は、「本当の仲間」であると思った。家族との絆・部員との絆が描かれているこの本は、私の胸に響くものがあると思った。

  • 男の子の 周りの出来事が上手く
    出てきて リアル感がすごかった!

  • ☆$$軽い&薄い内容だった。$$文体も良く、内容も上々だが薄すぎる。$$まさにティーン向けか。

  • 表紙が好き。お兄ちゃんが家事をするのは逃げだって話だったけど、個人的には家事をはりきる男の人が好きだから逃げていたお兄ちゃんも好きだ。
    バスケ部のメンバーの人物像がもっと細かく書かれていたら、もっと面白かったかなと思う。

  • きょう読み始めて、先ほど読了。少し久しぶりな草野たきさん。
    よかった!理不尽に傍若無人で、明良といっしょに腹立たしくなるけど、でもお母さんがかっこいい。わかってるのに放っておくのは人が悪いなぁとは思うけども。大人は勝手、子どもはそれに振りまわされる。でも世の大人のほとんどは、振りまわされる子どもの延長線上として大人であるのかもしれない。それを抱える者として自分があることから目をそらさないこと。それってけっこう難しいな、と思う。
    ちょっとご無沙汰していたけれど、もう何冊か草野さんの作品読もうかなぁ。

  • 人に薦めたくて仕方ない一冊。


    本当に良かった。
    主人公の明良みたいな奴いる、よくそんな部活ある。学生の私にとってはびっくりするぐらいリアルだった。
    心理描写も本当に上手くて、よくある展開なのに全くそんな気がしなかった。
    言葉では言い表せない感動をした。

    草野たきという作家にただただ感動するばかりだった。

  • 周りに押し付けられたイメージや願いではなく、自分の意思で生きることの難しさと大切さを考えさせられました。また、男の子同士ってなんていいんだろうとも思ったりもしました。

  • 草野たきさんの作品では久しぶりの、男の子が主人公のお話。 生まれる直前に亡くなった父親の跡を継いで医者になることを親戚中から期待されている中学生の明良。そんな期待に応えようと頑張ってきたけど、色んな思いや現実に追い詰められて八方塞がりになってしまう。そんな明良や家族たちが解放されるまでの物語。草野作品に多い女のドロドロは皆無。スカッとするぅ!

  • 中学生男子の青春ストリー。主人公の回りに出てくる登場人物がみんないい味出してる。
    2011.3.19

  • 「医者になれ」という父の遺言を守るべく、家族や親戚から期待される明良(あきら)。亡き父の生まれ変わりだと言われ、父と同じようにバスケをやり、成績も上位をキープし、親戚たちに愛され、いい子ちゃんを演じる。学校でも、バスケ部のキャプテンをしているのは内申書のため、下手なバスケ部で適当にみんなに合わせているのも、今だけだ。
    そんなある日、同級生の女子から、尊敬する兄の万引きを聞かされる。バスケ部には、すばらしく上手い生徒が転入してきて、チームはゆれる。
    それぞれが自分の心を向き合った時、家族、チーム、兄弟の絆は・・・。

  • 中学生の明良は母と大学生の兄の3人暮らし。明良が生まれたその日に、父親が事故で亡くなってしまった。
    その父の願いや周囲の期待を背負い、父と同じバスケットボール部に入り、父と同じ医者を目指していた明良。しかし、バスケの魅力を体で感じ夢中になっていくうちに、新たな夢が生まれていた。
    それでも優しい兄や、女でひとつで自分達を育ててくれた母、親戚のためにその夢は自分の中にひっそりとしまって過ごしていた明良。ところが信頼していた兄に関する「あること」をきっかけに、今までの生活はほころびを見せ、ついに気持ちを爆発させる明良。家族はバラバラになり、バスケに対する情熱も失ってしまう…。
    明良は、家族は、バスケ部は一体どうなるのか?

    いかにもYA向きの作品。中学生が読んだら、少なからず「そうそう」って共感できるところがあるのでは。

  • うぬぼれているバスケ部中学生男子が主人公。それをとりまく友人が面白い。そして、待たせるより待つ側の人間になりたいと思う。

  •  バスケ部のキャプテンの明良が主人公。タイトルの「リリース」に、なぜ?と思っていたら、帯に「解放」とあった。亡くなった父の遺志をつぎ、医者をめざしていた明良。忙しい母に代わり、家事をしていた兄の万引きを同級生の篠原に知らされる。そして、おばあちゃんの再婚。父や親戚がどう思うかではなく、明良が本当にやりたいことは?そして、父の本当の願いとは・・・。
    (中3)

  • 毎回、少女たちの心の機微をイタイほど読ませてくれる作家さんですが、今回は14歳の少年が主人公です。
    周りの大人たちから、過大な期待をかけられ、その期待を裏切らないように努力してきた主人公、明良。あることをきっかけに、本心をさらけ出してしまうことに。。。
    明良だけではなく、明良の母、兄、友人、それぞれみんな、本音と建前で生きている。自分自身を守るために。ラストはちょっと都合よすぎる展開だなと思ったが、読後はさわやかでよかった。でもどちからというと、同じく少年が主人公なら、「ハーフ」の方が、より共感が持てたかな?

  • 中学校にはいいかも

  • 請求記号:Fクサノ
    資料番号:020212056
    コメント;「医者になれ」という父の遺言、周りの期待、自分の本心、少年のこころは揺れ動き爆発してしまう。

全36件中 1 - 25件を表示

リリース (teens’ best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする