リリース (teens’ best selections)

  • 183人登録
  • 3.97評価
    • (21)
    • (31)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 草野たき
  • ポプラ社 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117347

リリース (teens’ best selections)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父親がこの世を去った日に生まれた明良(あきら)。医者をしていた父が言い遺した「自分の跡を継いでほしい」を実現するために、周囲の期待を背負いながら父もやっていたバスケットと、志望高校に合格するための受験勉強に励む日々だ。
     バスケット部のキャプテン、成績もそこそこ、親戚からは将来を嘱望され、働き者でよき嫁の母と、家事が得意なやさしい兄…すべてが順調と思っていたのだが…。
    1人の新入部員の登場で揺らいでいくバスケット部。そして思いがけなく知ることになった、信頼していた兄の秘密…
     自分にとって家族とは?友達とは?自分が本当にしたいことは何なのか?
                                 
     久々に読む、草野さんのYA。初めて読む、男の子の主人公です。
     仲のいい家族、陽気な部活仲間…何もかもうまくいっている、自分さえ我慢すればすべてはうまくいく、と思っていた明良が1人の転校生と向き合うことで、自分の知らない「自分」に向き合うようになります。そこから改めて見えてくる景色に戸惑う明良。
     自分に正直に生きることと、まわりの人の思いが必ずしも同じじゃないから、悩み苦しむ。どこまでが自己主張で、どこからがわがままなのか…。

     思春期の心情を描くという点では、草野さんは決して裏切らない。YAの王道みたいな作品。装丁どおりにさわやかな物語で、夏休みに読むのにぴったりの1冊です。

  • 医者だった父の跡を継ぎ、医者になることを親戚中から期待されている明良。
    しかし、本当はプロのバスケ選手になりたいという夢を抱えていた。
    自分の気持ちをもて余しながら突入した中2の夏、ある事件をきっかけに、部活、友達、そして家族との関係が崩れはじめた―。

    YAの名手・草野たきの新刊。
    これまで女子中高生目線の良作を送り出してきた著者だが、今回の主人公は中2の男子。

    自意識過剰でカッコつけ、自分では完璧に周りを取り繕っているつもり…。
    思春期は男子でも女子でも同じなんだなぁ…。

    自分で思っているものと、人から見えてるものって違う。
    友達も家族も親戚も、みんな価値観が違い、それぞれ一人の人間として大切なものを抱えながら生きている。
    そんな当たり前だけど見失いがちなことを気づかせてくれる作品。

    登場人物は皆、人間くさく魅力的。
    主人公以外の目線で書かれたこの物語も読みたいと思った。

  • まあいい感じの青春小説であるが、兄と母をもう少し掘ってほしかったように思う。

  • 288

    2016年では68冊

  • ありがとう。育ててくれて、ありがとう。ずっと、守ってくれて、ありがとう。


    高校で活躍するようになれば、本当の友だちができるとか、かわいい彼女ができるとか、夢ばかり見てないで、今、目の前にあるものをよく見ろ。

  • 母が?

  • 思春期の生意気で独りよがりなところ満載で正直キツイ。思えば自分もこうだったかもな、とは思いますが。
    医者を目指してるフリしたり、NBA選手目指したり、さすがにそこまで凄い夢語る子ってそんないない気もして、だからリアリティが感じられなかったのかな。あんまり共感出来ませんでした。

  • 中学特有の部活内の関係性だったり家族の問題がリアルだなあと!バスケ部の子たちがみんな良い子だし自分の意志を貫くおばあちゃんがすきです

  • 泣いたわぁ!
    もうこういうの大好き!
    軽く読みやすい。
    中学生に戻ってまたこんな青春したいなぁー。
    バスケしたいなー。

  • このバスケ部の部員は、「本当の仲間」であると思った。家族との絆・部員との絆が描かれているこの本は、私の胸に響くものがあると思った。

全37件中 1 - 10件を表示

草野たきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リリース (teens’ best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする