北里大学獣医学部 犬部!

  • 281人登録
  • 3.61評価
    • (21)
    • (53)
    • (58)
    • (6)
    • (2)
  • 77レビュー
著者 : 片野ゆか
  • ポプラ社 (2010年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117477

北里大学獣医学部 犬部!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんな活動が必要ない世の中にはなれないのかな…

  • 動物愛護の壁にぶつかること
    悩むこと
    動物は嘘もつかず、少しも悪くないのに、人間によって苦しまねばならない
    それが苦しくて助けようとし
    それが完全に出来なくて苦しむ
    でも人間にもたくさんの事情もあり
    すごくつらい状況で生き続けている人もいて
    結局はどうにもならず 悩むばかり。
    けれども、悩むだけでなく、実際に動き活動することで
    たった1匹だろうと救うことができる。
    考えるより行動することの尊さ、
    世の中はまだ大丈夫だと思えるような、芯のある若者たちが描かれていて
    そこが何よりうれしい。

  • 大学のサークル活動と侮る無かれでした。
    「動物愛護」の大切さ、素晴らしさはもちろんのこと、理不尽や葛藤と戦う苦悩や歯がゆさ全てがつまった本です。

    映画やドラマとかで映像化したら面白いんじゃないかな。
    ペットブームな今、こういう現実をもっと伝えていくべきだと思います。そういうのにこれはピッタリだと思う。
    ひとつひとつのお話しは、びっくりするくらいドラマチックなものから事故寸前の過酷過ぎるものまで、部員が体験してきた正真正銘の事実です。
    だからこそフィクションにはない強さがあって、みんなの胸に響くんじゃないかと思いました。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:645.6||K
    資料ID:95100333

  • 犬部!というからには犬の話なのですが。

    獣医学部の学生が犬猫の保護活動を立ち上げるお話です。
    実話だけあって、最後はすっきりとはいかないけど、それぞれの頑張りがよく伝わるのが面白いです。

  • 人間の身勝手で捨てられた犬や猫を保護し、新しいパートナーが見つかるまで世話する学生たち。
    ただかわいい、可哀想なだけでは、とてもここまでできない。正直すごい。ある意味学生だからできるのかも。
    うちの近所にも野良猫にエサを与え人がいます。正直、糞とか迷惑なんだけど、少しだけ暖かい心で見守りたい。と、反省しました。

  • 捨てられた犬などの話で考えさせられる本でした
    また、とても感動しました。

  • <閲覧スタッフより>
    北里大学獣医学部・獣医畜産学部北里会のクラブ、“犬部愛好会”の学生奮闘ノンフィクション。犬のために生きる犬バカの学生が発起人として、主に犬・猫の保護から譲渡することを目的とした非公認のサークル活動を立ち上げました。動物達の命を守るために決死の覚悟で臨んでいる姿に圧巻です。現在、“北里しっぽの会”という、主に譲渡に関するついてHPを立ち上げています。もっと活動が気になる方はそちらもぜひ見てください!「北里しっぽの会」http://animallover.web.fc2.com/
    --------------------------------------
    所在記号:645.6||カタ
    資料番号:10203157
    --------------------------------------

  • 北里大学獣医学部の犬部。捨てられた犬や、迷い犬、瀕死の犬、猫を助け、育て、新しい家族に引き渡す。動物愛護活動部だ。動物愛護活動にはお金も時間もかかる。病気にもなる。かわいい、動物に触れあえるという気持ちだけではやっていけない。ともすれば、自己満足でしかなくなり、社会の動物に対する見方も様々だ。

全77件中 1 - 10件を表示

北里大学獣医学部 犬部!に関連する談話室の質問

北里大学獣医学部 犬部!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

北里大学獣医学部 犬部!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

北里大学獣医学部 犬部!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北里大学獣医学部 犬部!を本棚に「積読」で登録しているひと

北里大学獣医学部 犬部!の作品紹介

行き場を失った犬や猫を救うため奔走する現役獣医学部生たち。動物だらけのキャンパスライフは、笑いと涙と感動の連続!?青森県十和田でくりひろげられる、実録青春ストーリー。

ツイートする