([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)

  • 1123人登録
  • 3.69評価
    • (56)
    • (130)
    • (123)
    • (16)
    • (1)
  • 120レビュー
著者 : 三浦しをん
  • ポプラ社 (2010年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117576

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏目漱石の代表作のタイトルをつなぎ合わせたタイトル。とはいえ夏目漱石論でもなく文学論でもありません。中身は三浦しをん節が炸裂したブックガイド&エッセイ集。

    本が好きで、好きで好きで好き過ぎて、もはやちょっとコジらせながらも、本へのとめどない愛が本文中から伝わってきます。そこまで言っていいの?というようなご自身や家族のエピソードの数々に、終始笑いが止まりませんでした。私も本は好きですが、活字でさえこの圧倒具合。実際に三浦しをんさんを前にしたら三つ指揃えて頭下げそう…敵いません(笑)

    ブックガイドとしてはもちろん、衣着せない語り口が魅力的な1冊。文学とエッセイと、それぞれで全く違った表情を見せる様子にこれからも目が離せません。

  • ほとばしる、しをんさんの読書熱。
    活字中毒というのはこういうことを言うんだな。
    自分も結構な読書好きだと思ってきたけど全然至っていなかった。
    金銭的事情からとても追いつけないけれど同じ道を進む憧れの先輩のように感じる。
    尊敬してます!
    ついていきます、先輩!

  • 2013.12.4
    本を楽しみたくなる本

  • 三浦しをんのエッセイは最高だけど、特に本作は傑作。特に本に関しての章は、作品への愛と鋭い考察があふれてて、ぜんぶ読みたくなる。特におもしろそうな作品をメモったので、これから制覇していこうと思う。

  • 何度もクスリと。本への愛に溢れとります。かなりのオタ、愛すべし。

  • しをんさんの書評を読むと、どの本も読みたくなる。大西巨人の本が非常に気になるけど、しをんさんのように楽しめる自身がなくて買う勇気がまだない・・・
    三浦しをんさんの書評本、また読みたい!!

  • 三浦しをんさんは、小説よりエッセイのほうが文章が好みです。
    「図書館みたいな本棚が欲しい。しかしそれを買うお金があるなら本を買いたい。」など、いちいち頷いてしまう意見が多くてニヤニヤしながら読んでしまった。

  • 作者は活字中毒。
    その中毒者・三浦しをんさんがお薦めする本は余程面白いんだなと、心の中でハードルを上げつつ読みたくなった。
    書評の語りも軽いものから真剣なものまで緩急があり、読み飽きない。
    ただ、ずっと書評なので別の本を読みなくなる時も。。。
    ジャンルも推理小説、ファンタジー、エッセイ、漫画など幅広く、読書欲がそそられる充実の内容。

  • 著者のヘンぶりは、読了した「しをんのしおり」で確認済み。今回は彼女の書評に名を借りたしをんワールド一直線。中高生のための本紹介で、本当に「中高生のため」の本があるかっ? って開き直ってしまうところが好きだ。全体を通じて、とてもヘンな嗜好、行動の著者が好きだ。本書で紹介された本のどれも読んだことがなかった。すごく残念な気がしてならない。

  • 2017.4.18 読了
    2017-15

全120件中 1 - 10件を表示

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする