([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)

  • 1114人登録
  • 3.69評価
    • (56)
    • (128)
    • (122)
    • (16)
    • (1)
  • 119レビュー
著者 : 三浦しをん
  • ポプラ社 (2010年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117576

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 夏目漱石の代表作のタイトルをつなぎ合わせたタイトル。とはいえ夏目漱石論でもなく文学論でもありません。中身は三浦しをん節が炸裂したブックガイド&エッセイ集。

    本が好きで、好きで好きで好き過ぎて、もはやちょっとコジらせながらも、本へのとめどない愛が本文中から伝わってきます。そこまで言っていいの?というようなご自身や家族のエピソードの数々に、終始笑いが止まりませんでした。私も本は好きですが、活字でさえこの圧倒具合。実際に三浦しをんさんを前にしたら三つ指揃えて頭下げそう…敵いません(笑)

    ブックガイドとしてはもちろん、衣着せない語り口が魅力的な1冊。文学とエッセイと、それぞれで全く違った表情を見せる様子にこれからも目が離せません。

  • ほとばしる、しをんさんの読書熱。
    活字中毒というのはこういうことを言うんだな。
    自分も結構な読書好きだと思ってきたけど全然至っていなかった。
    金銭的事情からとても追いつけないけれど同じ道を進む憧れの先輩のように感じる。
    尊敬してます!
    ついていきます、先輩!

  • 2013.12.4
    本を楽しみたくなる本

  • 三浦しをんのエッセイは最高だけど、特に本作は傑作。特に本に関しての章は、作品への愛と鋭い考察があふれてて、ぜんぶ読みたくなる。特におもしろそうな作品をメモったので、これから制覇していこうと思う。

  • 何度もクスリと。本への愛に溢れとります。かなりのオタ、愛すべし。

  • しをんさんの書評を読むと、どの本も読みたくなる。大西巨人の本が非常に気になるけど、しをんさんのように楽しめる自身がなくて買う勇気がまだない・・・
    三浦しをんさんの書評本、また読みたい!!

  • 三浦しをんさんは、小説よりエッセイのほうが文章が好みです。
    「図書館みたいな本棚が欲しい。しかしそれを買うお金があるなら本を買いたい。」など、いちいち頷いてしまう意見が多くてニヤニヤしながら読んでしまった。

  • 著者のヘンぶりは、読了した「しをんのしおり」で確認済み。今回は彼女の書評に名を借りたしをんワールド一直線。中高生のための本紹介で、本当に「中高生のため」の本があるかっ? って開き直ってしまうところが好きだ。全体を通じて、とてもヘンな嗜好、行動の著者が好きだ。本書で紹介された本のどれも読んだことがなかった。すごく残念な気がしてならない。

  • 2017.4.18 読了
    2017-15

  • 再読。本に関するエッセイ集。とはいっても今までのエッセイ集も結構本に関することが多かったと思うんだけど。いきなり『海辺のカフカ』から始まってちょっとびっくり。いろんな本をたくさん紹介していて、あれも読みたいこれも読みたいと、目移りしまくる。それでいてなかなか読まないんだよなあ、いつも。

  • しをんさんの本への情熱(笑)とグータラなところ?が本への情熱は勝負にもならない足元にも及ばないけど、グータラなところは事実ならものすごく共感で親近感。ホントしをんさんのエッセイ面白い。

  • 本をテーマにしたエッセイ。
    5章は日常のエッセイであるが、私は熱心な読書家ではないのでこの章が一番好きだ。
    読書のジャンルが幅広く深く、読みたいものも
    リストアップしたし、自分の好きな作家や漫画も出てきた。

  • B914.6-ミウ 300285111

  • 読書についてだったり、読書の周辺だったり、まったく関係ないことだったりのエッセイ集。
    複数媒体で発表したものをまとめたもので、それぞれ方向性が違っていてバラエティに富んでいます。
    あまり自分が読んだ本については記述がないんだけれど、何となく面白いと思う本の方向性が似ている気がします。
    本以外のエッセイのなんというか、ダメ人間感たっぷりなのも好印象。(^^

  • 読書。それは、もっとも危険な遊戯なのかもしれない。
    まさしくそうです。そして本をこよなく愛すしをんさんをもう師匠と呼びたい。
    ピッピのクッキー作りは笑いました。
    しをんさんお薦め本をメモし、歩きながらも本を読めるよう私も精進いたします。

  • さまざまな雑誌に掲載された三浦氏のエッセイ集。新刊の本に関するものなど、テーマが指定されているせいか、思うままに書いた時の爆発的な破壊力は見られないかな。
    ただ、さすがオタクだけある彼女の観察力と知識の広さが集約されているので、いつものエッセイとは違う楽しみ方ができる本です。

  • 20150801読了
    一つ一つの話が短過ぎて、三浦さんのよさがあまり楽しめなかった

  • 「お洒落の追求に励むのは来世にまわし、今生では思うぞんぶん読書しようと思う。…世の中にこんなに本があるのに、顔なんか洗ってる場合じゃない」(文庫版あとがき)
    筋金入りの活字中毒者・三浦しおんによるブックガイド&カルチャーエッセイ集。

  • 三浦しをんのおすすめの本。どれも良さそうで早速メモりました。エッセイって読みにくい人もいるけどしをんさんのは読みやすい。

  • 三浦しをんの三四郎はそれから門を出たを読みました。

    読書好きを自他共に認める三浦しをんが書いた、新刊案内、中学生向けの読書案内、紀伊國屋書店のPR誌の連載などの本についてのエッセイ集でした。
    本に関係しないカルチャーについてのエッセイも収録されていますが、どれも楽しめました。

    紹介されている本はそのうち読んでみたいなあ、とは思うものの何しろ冊数が多いので挫折は間違いありません。
    三浦しをんのおすすめの100冊なんて公開してくれないかなあ。

  • 三浦はちょっといっちゃっている。そこが魅力でもある。片思いが両思いよりいいとまたこの片思いの妄想が炸裂していて引いてしまう。読書や漫画が好きもやはりその程度があるなと感じた。紹介された本から6冊読みたくなったので読書に実用的である。うち1冊読みかけの本であった。本と結婚してるようなので、三浦は独身でもいいのではないかと、要らぬ助言したくなる。自分の妄想力ももっと高めたくなった1冊であった。

  • しをんさんがてんこ盛りの一冊でした。一冊の本の中に書評あり、エッセイありで、しをんさんを堪能しました。それにしてもしをんさんのエッセイがおもしろいのは知っていることだけど、書評の言葉の選択のうまさはある種の才能ですねー。うれしかったのは、しをんさんが岡崎京子さんのマンガの書評を書いていたことです。しかも有名作ではなく、切なくて悲しいマイナーな本!!この本を選ぶしをんさんがますます好きになりました。(安野モヨコさんの「監督不行届」を読んでいるのもうれしかったです。岡崎京子さんと安野モヨコさんファンなので)

  • 三浦しをんさんのエッセイは、軽快な語り口と核心に淡々と迫っていく文章の割合が絶妙で面白い。
    本書も読んでいて楽しい一冊だった。
    何より、三浦さん自身が本当に本を読む事(活字に触れる事)が大好きで、様々な角度から内容を咀嚼して楽しんでいる風なのがよく伝わってくるので、自分もこんな風にもっと楽しみたい!と思ってしまうのだ。

  • 何げなく、読み始めたが、サクサク読めて、楽しい。
    本があれば幸せ!!で、本で部屋がうまってる三浦さんの生活が垣間見えます。

    ペンギンの模写かと思った、に爆笑。

  • 書評エッセイ。といっても普通の真面目な書評とは違うので、かなり笑えますが。今後の読書の参考にしたいと思います。

全119件中 1 - 25件を表示

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([み]1-1)三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする