トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 415人登録
  • 3.82評価
    • (40)
    • (51)
    • (40)
    • (8)
    • (3)
  • 53レビュー
著者 : 濱野京子
  • ポプラ社 (2010年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117859

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • わたしはそこはかとなく悲しい。




    初めて読んだのは恐らくハードカバーのものが出版されたすぐ後だとおもう。一度読んで、栞のキャラクターは私の中にすとんと落ちた。

    普段はコンタクトをして、髪もきちんと結った絵に書いたような委員長体質。たとえば行楽の観光にも資料を持っていくような。

    それが休日になるとメガネを掛け、櫛を通すのもそこそこに、時にはスウェットにジャージという格好で知らない街をただ歩く。
    そこにいる「わたし」は「わたし」であって「わたし」ではない。


    月を失った喪失感を埋めるように、休日の度にトーキョーを歩くのだ。
    トーキョーは狭いようでとてつもなく広い。


    読んでいて、その場に一緒にいるような気分になれる。
    どこからか夏を含んだ生ぬるい風が吹いてきて、なんだか甘酸っぱい気持ちになる。


    図書館の児童書コーナーにあった本だが、忘れられずについに文庫版を買ってしまった(笑)
    大人でも十分楽しめる物語ではないだろうか

  • 冒頭
    「毎日はいささか退屈ではあるけれど、おおむね平和で、楽しいことだってある。けれど、心の中には、ずっとあわい喪失感があった」

    この気持ちは私もわかります。
    私も高校生の時、毎日楽しくやってますみたいな顔して、何か窮屈だなってずっと思ってました。
    主人公は一事が万事、好きな人に対してさえも、冷静に一歩引く感じ。
    好きな人に抱き締められていても

    p207
    「身体は発熱しているのに、頭が妙にさえざえとして…」

    と感じています。
    このへんは読んでいて、頭でっかちなキャラだと思いました。すごくわかる。怖いから、動く前に考えてばかりで頭でっかちになるんだと思います。
    だから、好きなものが同じだったり、価値観が似ていたりしていて、身体も心も惹かれているのに耕也に踏み込めない。

    既に結婚し母となっている同級生の河田さんの旦那さんは、高校生らしいことも大切だと作中で言っていたけど、これは本当にそうだと思う。
    一歩引いて物事を見る様は、一見冷静で大人びて見えるかもしれないけど、踏み込んでいって相手と触れる経験を経ていなければ、ただ及び腰なだけでまだ子供だと思います。
    ジャズ喫茶の面々と触れ合ったり、街巡りをしたり、同級生の手作り結婚式をしたことで、主人公が少しずつ相手に踏み込む勇気を持って行くさまをとてもよく感じた作品でした。

  • 恋することってせつなくて、苦しい。
    主人公モリの気持ちがふつふつと伝わってきて
    読んでいるこっちも、きゅっと胸が苦しくなる。
    でも最後はなんだかちょっとにまにましてしまう。

    忘れられないかつての同級生。
    気になっている、なんて知られたくない。
    気づいてほしくない、でも気づいてほしい。
    矛盾する恋心。

    ちょっとツンデレな主人公が可愛いのです。
    そして彼女の周りのクラスメートたち。

    高校生活。
    あの頃って毎日が当たり前のようで
    なんだかその景色の中に自分たちはずっといるような
    そんな感覚があったけれど、でも同じ景色は続かない。
    駆け足で過ぎていって、その瞬間はその瞬間だけのもの。
    そんな青春時代。

    モリとツキシマの関係がもどかしくて
    その距離感がなんだかとてもいいのです。
    二人の何気ない会話とか、
    二人の東京散策。

    読み終わったあとはなんだか爽快で
    恋してたあの頃を思い出す。
    浮かび上がる情景。

    せつなくて甘い素敵な青春小説。

  • 「私はそこはかとなく悲しい」という冒頭の一文に、一気に物語の中へと引きこまれました。主人公の森下栞が感じる淡い喪失感という「そこはかとない悲しさ」は、誰もが奥底にもっているものだと思います。その感情を栞がどのように埋めていくのか。一人旅に逃げていた栞は初恋にどのように向かいあうのか。鮮やかに色づく景色に映る、栞の心情が印象的な一作です。

  • 一気に読んでしまいました。
    そして泣いてしまった。
    私もふらふら探検してみよっかな。

  • アニメーション映画『秒速5センチメートル』監督:新海誠氏のおすすめ本。
    新海氏が勧める本書は「せつなくもまっすぐな」小説。
    高校生になった森下栞は中学の時に同じクラスだった月島耕也に遭遇する。
    そこから色々とあるわけですが、久々に恋愛小説で良いと思った作品。

  • 切な甘酸っぱい感じでよかったー!
    やっぱり、坪田譲治文学賞の作品好きだわー♪

  • 別人に変装して、ダーツにあたった山の手線の駅で降りてみる。これが休日の栞の密かな趣味。そこで出会ったかつての同級生、耕也となぜか縁がきれなくて……。素直になれない二人をジャズ喫茶のバンドマン、一児の母、辛口の秀才、甘えん坊の美少女(すべて高校生!)が支える。

  • 恋に臆病な女の子で、でも大好きな気持ちが伝わってきて、初々しくもどかしい。
    恋心と同じように街を彷徨い歩く主人公が、たくさんの人と出会って、様々な関係を築いていけてるのが嬉しい。

  • 綺麗な表現に淡い気持ち、読みやすくて、そしてなんとも言えない私の中の感情が絶妙な言葉で表現されていてとても共感した。久しぶりにこんな素敵な本に出会った。

  • う〜ん、やっぱりトシのせいか高校生の眩しすぎる青春&恋愛物語だったので、残念ながら読了しても最後まで感情移入できませんでした。きっと、この年代の読者さんが読むとハマると思いますが、主人公「栞」にもイマイチぴんとこなかったですし、主人公が想いをよせる「月島」には正直、苦手意識しか生まれず、マトモなのは同級生ながら2つ年上の「青山」君ぐらいかなと。同級生「貴子」さんへの手作り結婚式の部分はとても爽やかな場面でしたが、他はズルズルとテーマがつかみきれず、オッサンには残念ながらストライク作品ではなかったです。

  • 通勤通学で馴染みのある場所がたくさん出てきてもっとじっくり都内巡りをしたいなあって思える本だった!クラスのみんなとの関係もいいなあと!あとそこはかとなく、っていう言葉がだいすきです

  • 結婚式のところで、ぶわっと泣いてしまいました。

  • 一般的に児童書の扱いらしい。
    「勃ってる」だ「したい」だと
    ちょっと性的に書かれている部分もあって、
    児童書と呼ぶには違和感がある。
    個人的にはあまり聞き慣れなていないのだけれど、
    これがヤング・アダルトというジャンルなのかな。

    物語は女子高校生の切ない恋模様。
    相手の男が微妙にダメな奴なのだが、それが若さを感じて良い。
    主人公の気持ちを短い文章で、丁寧に表しているので好感が持てた。

    感覚だけで恋をする。
    若さの特権かな、と大人になってから嫉妬する(笑)

  • 主人公は16歳の女子高校生。級長にも選ばれるようなキャラなのだが、実は一人で都内の駅をダーツの旅よろしく気ままに選び散歩をしながら写真を撮るのが趣味という繊細には見えないが実はよく考えている女の子が巡り会う人間模様がなかなか面白い。留年している生徒が教室には二人いて、彼らのキャラの設定がいけていて心温まるエピソードが紡がれていく。青春小説で軽く読めるが、思わず涙を誘う場面もあり期待以上に楽しめた。

  • 高校生の片思い的青春小説。
    ストレートでシンプルなお話。物語の3人の女の子、栞、亜子、美波は性格はばらばらなのに上手くピースがあっているようなやりとりをしている。
    素直になりたいと思えてくる。

  • こんなに泣いたのは、久しぶり。
    終盤からどんどん涙が滲んできて気がついたら止まらなかった。
    モリが耕也に惹かれていって、いつの間にか頭の中いっぱいになっていたのがなぜだかすごく自分とシンクロ。
    読み終わって自分もまだすきなんだ、って気付いてしまったり。

  • 高校生の恋愛を描いた作品。
    ぶっちゃければ、可もなく不可もなくといった感じの恋愛小説。
    しかしながら、端にも棒にもかからないというのは、時に特長足りうる。
    目立った癖もないので、「小説に慣れてなくて、どれを読んだらいいのやら?」って人にはとりあえずオススメする。
    ほんのり面白く、ほんのり疑問を感じる。

  • とても好きな本です。
    変化のない毎日が嫌になったときなどに
    よくこの本を読みます。

    主人公モリの委員長気質や考えがとても共感できました。
    あと、この本がきっかけでジャズが好きになりました。

  • 別人になって、山手線の駅でおりた街の写真を撮るのは是非ともやってみたい。
    やはり恋愛小説は苦手。おそらく自分は実直であることも苦手だ。しかし、どこからともなく感じる孤独というものに酷く共感した。

  •  東京という街で、主人公の女の子の視点から、高校生たちの恋愛を描いた青春小説。

     意外におもしろかった。本屋ではけっこう適当に手にとって、解説が新海誠氏というのも後で知った。
     「誰が誰を思っているのか」「互いの距離感がどうなのか」手に取るように伝わってくる。というかその揺れ動きはなんだか「見え見え感」がある。そしてあーだこーだ考えながらも「結局どこかはっきりしている」感じは青春には不可欠なのかもしれない。
     「はっきりすればするほど、戸惑ってしまうもどかしさ」が登場人物を愛らしくしていくのだ。 その「愛らしい高校生たち」がとてもよかった。
     写実的で、でも説明的でない文体と、会話のテンポのよさが雰囲気をつくる。そのあたりが「距離感」をすっと呑み込ませてくれる気がする。
     「東京」というか「山手線」をうまい具合に舞台装置として利用したなって思う。でも「説明的でない」分、たぶん東京を実体験してないとなかなかイメージしづらいだろう。

  • 久しぶりにいい小説を見つけました。
    ★5つどころじゃなく6つくらいつけたい…。

    最初はそれほど期待していなかったけど、読み始めたらこれは自分の趣味に合うと確信し購入を即決しました;

    こういう恋愛小説は大好きです。

  • 主人公たちと年齢が近いこともあり、すっと世界の中に入って行けた。様々な少年少女たちが、それぞれの青春を送る様に、どこか羨ましささえ感じる。いつか栞のように、自由気ままに東京探索をしてみたい。
    個人的にはジャズ喫茶のバンドマンと一児の母が好き。

  • おすすめされて読んだ本です。
    つい思い出しては読み返したくなるような素敵な本です。
    出会えてよかったです。

全53件中 1 - 25件を表示

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)に関連するまとめ

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

トーキョー・クロスロード (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする