(P[き]1-5)悦楽の園<上> (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 136人登録
  • 3.85評価
    • (7)
    • (16)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 木地雅映子
制作 : 宇野 常寛  五十嵐 大介 
  • ポプラ社 (2010年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591118252

(P[き]1-5)悦楽の園<上> (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • この小説は単なる青春小説ではなく、「普通」の階層にあたる人間から少し離れた人間を描いた作品で、とても面白かった。
    何が面白かったのかというと、登場人物は単に普通の中学生とは違う。
    中学生らしい行動や、言動はあまりなく、とにかく精神が強いのが主人公の中学一年の女子。
    その主人公が、クラスで迫害されている(いじめられいている)男子と出会い、ストーリは進んでいく。
    社会とはなんなのか?孤独のどこがいけないのか?
    人間関係を創り上げていく上で、本当に大切なものはなんなのかを、この本を読んでわかった気がした。

  • ぐっさりと刺してくる・・・
    この芯の強さがある13歳に恐れ入る。

  • 上下巻読み終わりました。
    いろいろな形の家庭や社会や学校を窮屈感じる人たちが登場します。
    主人公の真琴ちゃんの言葉や思考回路は,中二とはとても思えませんが,
    最後には希望が見える物語でした。

  • 面白かったぁ…


    如何わしい本ではありません。


    13歳ってこんなんでしたかね?
    リアルタイムだったら痛過ぎて、共鳴し過ぎて、読めなかったかも。

    南にはどんな世界が見えるのだろう。


    結局の所、真琴は恵まれていると思うのだけどね。
    塔の話然り、「正しく引きこもれる」のだから。


    下巻楽しみ!

  • 「マイナークラブハウス」シリーズで木地さんに興味を持って読んでみた。出てくる子たちが一筋縄じゃいかないような子ばかり。なんというか・・・息苦しいんだろうな。。。

  • ガレオンも読んだけど、木地雅映子さんの作品の主人公は芯が強いなぁ、と思うのです。
    ぜひとも、青春まっただ中の少年少女に読んでいただきたい作品です。

  • この作者には、いつもぐさりぐさりと厳しい言葉を投げつけられていました。でもとっても魅力的で、読まずにはいられない! と覚悟して読み始めました。
    ……他の作品ほどは厳しくなかったかな?
    南と染谷との三角関係の、ぎりぎり(中学生的には)踏み外したところで踏み留まっていて、思いっきり背中を押してやりたい気分に。
    一気に下巻も読破。

全8件中 1 - 8件を表示

(P[き]1-5)悦楽の園<上> (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[き]1-5)悦楽の園<上> (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[き]1-5)悦楽の園<上> (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする