悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 104人登録
  • 3.97評価
    • (9)
    • (16)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 木地雅映子
制作 : 五十嵐 大介 
  • ポプラ社 (2010年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591118269

悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • この本を読み終わったとき、他の本とは全く違う感覚に襲われた。
    なんだか・・・・モヤモヤしたような、貼れない気持ち。
    悦楽の園は普通とは少し違う、ずれた世界を書いている。
    普通の中学生、普通の人間、普通の環境というものが舞台ではなく、全く異質な環境の中の、主人公の成長を書いたもので、読んでいてなんだか不思議な気持ちになれた。

    結局、読み終えた時も、この著者は読者に何を伝えたかったのかがわからなかった。
    命の大切さなのか?他人を思いやる気持ちなのか?個人の能力の尊重なのか?
    (単にまだ、自分には読解力がないからかも・・・・)
    でも、この先、生きていく中でこの本はきっと自分を支えてくれるようなものになるとおもう。
    ぜひ読んでみてください。l

  • 学校に「革命」を起こすべく動き出した真琴。
    しかし革命を起こすために越えなければならない壁は厚い。
    「普通」が絶望を産み出す世の中で希望を求める物語。

  • 面白くて随分引き込まれたけど、終盤になって電波化した辺りでついていけなくなった。
    もう少し主人公の周りについての話しが欲しかったなぁ。
    尺が足りない感が残念。

  • 上下巻を一気読み。最近軽い時代小説ばっかり読んでたので、久々に心をガンガン揺さぶられた感じ。疲れた。でも、満足。

  • 如何わしい話ではありません。(二回目)


    最後まで、ページを繰る手が止まりませんでした。

    面白かった。

    ネタバレするのは嫌なので、詳しくは書きませんが、ラストまで突っ走り続けます!疲れました。でも心地良い。

    若干ファンタジーも入ります。
    現実とのリンクの仕方に、なぜかブレイブストーリーを思い出しました。(昨日話題に上ったからかしら)


    私は染谷くん、好きですねー。
    あとがきがまたニクい演出です。

  • 青春小説というか、恋愛小説?学校に通ってるときには「普通」じゃないと大変なのかもしれないけど、社会に出たら「普通」じゃない方が価値があるよなあと思わなくもない…。

  • ぼんやりとしていた感覚に輪郭を与えてくれた。

    評価色:水色

  • 文庫化を記念して再読。解決はファンタジーだが、現実に多くの子どもたちが潰されている状況を描く傑作の後半

  • ガレオンも読んだけど、木地雅映子さんの作品の主人公は芯が強いなぁ、と思うのです。
    ぜひとも、青春まっただ中の少年少女に読んでいただきたい作品です。
    精神世界的な描写が続く部分が少し長いかな、という気もした。

  • 染っち好きです。あの後書きに激しいショックを受けました……。
    前半の学校での革命はすっごく良かったです。でも、まこちゃんと南の問題は、結局まこちゃんが精神病んで妄想&幻覚見まくって勘違いして、その結果うまく落ち着いた、とも見えるわけで何だかふに落ちませんでした。
    ……染っちにもっと活躍してほしいと思っただけかもしれませんけど。

全10件中 1 - 10件を表示

悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする