(002)絆 (百年文庫)

  • 142人登録
  • 3.80評価
    • (11)
    • (21)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 38レビュー
  • ポプラ社 (2010年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591118849

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(002)絆 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人との繋がり、信じることが感動を生む、と言った話が三編。
    『山椿』がとても良かったです。

  • これはどれも読みやすかった!
    ドイルのは映画「心の旅路」チックで意外。
    山本周五郎は昔母が好きだと言ってて、うちにもどこかに何冊か埋まってる(段ボールに詰めてあるはず)と思うのですが、私も好きかもです。
    楽しみにもう少し取って置きます。

    装画 / 安井 寿磨子
    装幀・題字 / 緒方 修一
    底本 / 『海音寺潮五郎 ちくま日本文学全集48』(筑摩書房)、『ドイル傑作集I ミステリー編』(新潮文庫)、『山本周五郎全集 第21巻 花匂う・上野介正信』(新潮社)

  • 海音寺潮五郎 善助と万助
    母里但馬元信 太兵衛 黒田節 万助
    無分別な乱暴者 導きようでは抜群のよい侍になる
    黒田家の一番の家老は栗山備後 善助
    年長で、分別ものだから、よく万助を導くように
    二番家老は井上周防
    三番家老は但馬

    但馬見ないな人いるな〜。笑 執念深いくせに、義理に弱い。

    コナン・ドイル
    ホームズもの、歴史小説、SF、その他短編
    「五十年後」は
    再開の場面で、分かっていても泣いちゃった。
    こんな奇特な女性いるかな。


    山本周五郎 「山椿」
    いい話。

  • 海音寺潮五郎『善助と万助』はキャラが濃い。黒田藩の話。 
    コナン・ドイル『五十年後』はド正統派のいい話。
    山本周五郎『山椿』はめでたしめでたしな結末でどんでん返し系の話。

  • 三者三様の絆、どれも読後感が清々しい。一冊目の「憧」より楽しく読めた。
    コナン・ドイルの短編が読めたのが収穫かな。

  • ≪県立図書館≫

    確かに、絆のお話ばかりだった。

    ただ、「善助と万助」の絆は、私には少し痛く悲しい思いもする。
    荒くれ者の但馬の気持が、悲しい。
    彼が備後を慕う気持ほどには、備後は彼のことを想ってはいない。
    備後にとって但馬は、やっかいである、という気持の方が強い気がする。
    その温度差が、痛く悲しい。

    但馬はいつまでたっても幼いかもしれない。
    それでも、それだからこそ、彼には魅力がある。
    確かに、近づきすぎると、しんどい人物だろうな。
    でも、少し離れてみていると、楽しい人だろう、と思う。


    「五十年後」は、美しい物語だ。
    汚れちまった私では、ありえないような、そんな物語だ。
    最後の数年間の幸せが、きらきら輝いて見えて
    悲しくも幸福な気持にさせられた。
    コナン・ドイルは、ホームズの印象しかなかったので、彼の著作も、もっと読んでみたい気持になった。

    「山椿」、好き。
    皆がよい状態に、幸せになっていく感じがいい。
    お話の終わり方も、好き。
    この後の主馬の言葉と、みちの表情とを、つい想像してしまう。
    そして、つい、微笑んでしまう。
    そんな終わり方で、いい。

  • vol.1は挫折。今回はなんとか・・・。このシリーズのレイアウトって読みやすそうで実は読みにくいのかも。

  • ・海音寺潮五郎「善助と万助」○
    筑前黒田家の家臣、善助と万助。万助は怒ると手がつけられず乱暴もの、頑固もの。善助は分別があるからといって、このふたりを抱き合わせた。
    そうして月日がたちふたりともお偉いさんになって、しかし万助は相変わらず自分の意見を曲げようとせず主人の意向にも首を縦に振らない。これにはさすがの善助も憤り拳をふりかざす。
    万助の言葉にほろり。大団円。

    ・コナン・ドイル「五十年後」○
    じきに手紙を出すと言いイギリスに婚約者を残し、カナダの工場へと向かったジョン。しかしカナダで記憶喪失となり、それから時を隔てて五十年後。あらすじだとなんてことないのだが、やはりちょっとぐっとくる。

    ・山本周五郎「山椿」△
    結婚即初夜というむかしの習慣ていうのは、なんかけっこうおっそろしーのでは。と思った。
    もらった妻には実は契りを交わした男がいて、その男はほんとうに甲斐性無だから、妻には死んでもらったことにして二年後、いっちょうまえになった男とのご対面。

  • 海音寺潮五郎 『善助と万助』
    コナン・ドイル 『五十年後』
    山本周五郎 『山椿』

    どれも絆というタイトルにふさわしい、思わず目頭が熱くなってしまうような結末を
    迎える話ばかりです。

    『善助と万助』 じっくりと登場人物の人となりを読者の頭に想像させる文章がラスト手前まで続きます。主と部下の関係、同じ老中同士の関係、仲の悪い者同士の関係……。
    それまで特に起伏のある展開があるわけでもないので、ラストまでなんとな~くな流れで
    読んで把握していく人間関係の繋がりですが、ラストで急に「ああ、そうだったんだ」と
    しみじみ心に訴え掛ける動きを見せます。
    登場人物は血を持ち、肉体を持って、しっかりと芯の通った考えを持って生きてきた
    ひとりの人間なのだと思わされます。
    実在した人物を描いた歴史小説。きっとそれがこういうことなのだと感じました。


    『五十年後』 最後は王道な終わり方なのに、王道がゆえに涙しました。
    百年文庫はやはりいい。
    この文庫を手に取らなければ、私はおそらくコナン・ドイルを、多くの人がそうで
    あるように(と、私は自分の瑣末な自尊心のために信じたいが)、
    コナン・ドイル=ホームズの作者としてしか知らないまま、この一生を
    勿体無く終えていたに違いない。
    大げさかもしれないが、多分実際そうなっていたのだから仕方がない。
    とにかく、こんなものも書いてたんだ!という驚きを与えてくれたことで高評価。

    『山椿』 一番内容が光っています。
    結末はやはり予想がつくけど、ラストの人物たちの書き表し方が絶妙に胸にくる。
    映像として完全に頭の中で物語が流れます。
    爽快感?とでも言ったらいいのでしょうか。何一つ取りこぼしもなく、登場人物たちの上に
    あまねく幸せを予感させてくれる結末でした。
    どれだけ時間が経った昔の話でも、よいものは良い。それがこの物語。

  • 百年文庫1冊目。
    三編のアンソロジー。
    それぞれに秀逸な短編。

  • 『善助と万助』海音寺潮五郎
    歴史小説。好きじゃないなあ。

    『五十年後』コナン•ドイル
    分かりやすいストーリー。コナンくんはじめて読んだ。

    山本周五郎
    ゆみこがいってたとおり。起承転結。分かりやすく気持ちよいストーリー展開。
    おもしろくそして深みはない。二度読む必要はない。

  • 海音寺潮五郎『善助と万助』
    コナン・ドイル『五十年後』
    山本周五郎『山椿』

  • 五十年後や山椿は恋愛ものがすきな人は読むべき。あと、幸せな気分を増やしたい人、におすすめします。

    海音寺潮五郎「善助と万助」
    特になし。

    コナン・ドイル「五十年後」
    幸せにまとまるので、ほんわかする。作者がホームズ作品以外のものを書くのだと知った。

    山本周五郎「山椿」
    実写してほしい!!ラストの風景が目に浮かぶ浮かぶ。幸せになるなぁ。

  • 百年文庫14冊目は「絆」

    収録は
    海音寺潮五郎「善助と万助」
    コナン・ドイル「五十年後」
    山本周五郎「山椿」

    どれも初めて読む。人情話が好きなのでどれもよかった。

    海音寺潮五郎は作品を読むこと自体も初だったけど「時代小説の元祖みたいな人?」というイメージはなんとなくあった。こういうのに入ってないと読むことなかったかもしれないな。ちなみに「善助と万助」は黒田如水擁する黒田家家臣の話。次の次の大河あたりは「黒田官兵衛」と噂に聞いたけどはてさて。官兵衛賢いので好きなのだけれど。

    ドイルの「五十年後」は初めて読むんだと思うが、何となく知っているようなストーリー… 翻案した話があってそれを読んでいるのかなぁ… それともドラマかなんかか?

    「山椿」もいい話。単発の時代劇ドラマとかでやったらいいと思う。

  • 2012.11.3読了。

    3篇ともそれぞれに面白いのだが、中でも山本周五郎が素晴らしい。

  • 海音寺潮五郎『善助と万助』、コナン・ドイル/延原謙『五十年後』、山本周五郎『山椿』の3編。3編を通じて存在するのは、長い時間をかけても色あせない愛情や信頼。どれもしみじみ、いい。コナン・ドイルも素晴らしいんだけれども、やはり固い約束を守る武士同士っていうのは泣かせる。山本周五郎の作品はどんでん返しもあって、本当に『やられたー!』と膝を打ってしまう。短編はかくありたし。痛快にして胸に沁みる作品たち。ごちそうさまでした。

  • 海音寺潮五郎 『善助と万助』
    コナン・ドイル 『五十年後』
    山本周五郎 『山椿』

  • 海音寺潮五郎「善助と万助」
    コナン・ドイル「五十年後」
    山本周五郎「山椿」
    ー人を信じる忍耐力と希望を伝える名篇ー

  • 「善助と万助」
    50代になっても変わらぬ繋がりを持つ2人。
    読んでいて呆れるほどに我を通す万助でも、
    嬉しくて泣き出してしまうほど、
    善助との繋がりは大切なんだなとなんだかほっこり。

    「50年」
    メアリーの健気さが・・・・。
    愛って素敵だな、と。しみじみ。
    こんなにも信じて愛せる人ができたらいいなぁと羨ましくなった。

    「山椿」
    3つの中で1番好き。
    好きなダメ男に操を立て、旦那との間で苦しむ女。
    それを知り、恨むこともなく、妻の為に一芝居うつ旦那。
    なんとか期待に答えたダメ男。
    結局、嫌いだったはずの女の良さにしみじみ気づいて結婚。
    なんて素敵。みんなが幸せって大切よね。

  • 一件落着っていう話だった。
    一冊読んで落ち着きたいな~って人向き
    あとがきの著者の説明も面白い

  • 絆がテーマの短編小説が3作収められている。
    それぞれが人と人とのつながりについて書かれているが、「つながる」ということが、どのようなものなのか深く感じることができる。
    いい小説は心に響くもの。

  • 装丁が気に入ったので購入。いろんなテーマで、3人の東西著名作家の短編が読めます。名前は知っているけど、読んだことない作家の本を読むにはいいかも。

  • 百年文庫の装丁に惹かれての2巻。
    1巻は短編1話ごとに感想つけようとしたけれど、
    『善助と万助』が表題で出版されていないようなので。

    コナン・ドイル以外は、私は初めて名前を聞く作者の作品だった。
    (ファンの方、すみません)
    けれど2人ともとても面白い、というか、本当に表題どおり、『絆』を感じる文章、作品で、とても好ましかった。

    『善助と万助』海音寺潮五郎
    「いやでござる! いやでござる!」
    と叫ぶ万助。言葉で諭していたはずの善助が万助をなぐり、激昂して己があり方を説くと、
    はらはらと涙を流し「昔と同じ折檻に、変わらぬ友情を見いだせたことがうれしい」と口にする。
    万助の、「自分の信念を絶対に曲げない」気概と、
    見かねた善助が「お家のため一身を捨てる覚悟を持つならお家の意地を捨てるくらいなんだ」と説く場面。
    万助は同じことを善助以外に言われたところで信念を曲げなかっただろうし、
    いい年をした老人でありながら、善助以外には万助を殴り、説得することなどできなかっただろう。
    ともに前の主君の下で兄弟の契りを交わし絆を結んだ二人だからこそできたのだ。
    少年時代に結んだ絆が、年を経て成年となるに従って他人に近くなっていくことに
    さみしさを覚えた万助。そういうわけではないとわかっていても、君主が何と言っても自分の意見を変えなかったのは、
    実は昔のように善助から折檻や訓言を呈されるのを待っていたような気がする。そういう目線で見てしまうと、
    たまらなく万助がいじらしい弟のように愛おしく感じてしまった。

    『五十年後』コナン・ドイル
    この話はどこかで聞いたことがあるような話だった。昔、どこかで読んだのかも。
    冒頭の、些細な変化が大きな変化をもたらす、という出だしからまさか記憶喪失の話に飛ぶとは思わなかった。
    何年たっても、いつになっても、どこにいっても、変わらず一人を思い続ける。
    記憶を失っても、視力を失っても、運命によってそれを取り戻し、あるいは昔の記憶をたよりに相手の姿を描き、
    そしてやっと結ばれる。たった一人の男の思いつきによってもたらされた変化が二人を引き裂いたが、
    それさえもマクロでみれば男の成功と凱旋、再会といったハッピーエンドでおわって本当によかったと思えた。

    『山椿』山本周五郎
    主人公は作事奉行の主馬だけれど、私の中ではきぬとみち、
    ふたりの女性が主人公よりもっと意義のあるキーパーソンに思えた。
    みちの朗らかな雰囲気が当たり前のものとして、むしろ軽薄だと好ましく思えなかった主馬は
    きぬを妻として迎え、みちのいなくなった家でそのシンとした空気に重苦しさを感じ得なくなる。
    きぬはきぬで自分を愛そうという気は全くなく、喪中という言い訳で自分と触れ合うのを拒む次第であった。
    きぬの自害後、家臣として迎え入れた良三郎は、きぬの遺書によって、また主馬との約束によって
    ひとかどの人間になることを決意して後を追うのを先延ばしにする。
    ふたりの女性によって、不作法や無礼講もまたいいところがあると気付く主馬、
    自分を最後まで慕い、操を守ったきぬによって、心を入れ替えた良三郎。
    愛の絆、師弟の絆、家族の絆を感じた。
    女性の魅力はもちろん、人物皆のやさしさ、いたわりがここに見出せた気がした。

  • うまいなあ、じーんと胸に響く3作品でした。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、2階文庫本コーナー 請求記号908.3/H99/2

全38件中 1 - 25件を表示

(002)絆 (百年文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(002)絆 (百年文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(002)絆 (百年文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

(002)絆 (百年文庫)の作品紹介

「いやじゃ!おれは一生やつに口をきかぬと決心したのじゃ」-。極端に性格の違う二人の家老が引き起こす珍騒動。競い合いながら老年を迎えた男たちの人生に決着はつくのか?(海音寺潮五郎『善助と万助』)。職を求め、恋人を残して海を渡った男の運命の物語『五十年後』(コナン・ドイル)。才能に恵まれつつも僻みを捨てきれず堕落していく孤独な男の再起をえがいた『山椿』(山本周五郎)。いずれも膝を叩きたくなるラストシーン、人を信じる忍耐力と希望を伝える名篇。

ツイートする