(003)畳 (百年文庫)

  • 108人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (11)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 23レビュー
  • ポプラ社 (2010年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591118856

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(003)畳 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『馬乃文章』は妻の芯の強さよりも夫の駄目さに目がいってしまって好きになれませんでした。
    『ある結婚式』は最後の指輪の場面が全てをひっくり返していい話だと思いました。
    『軍国歌謡集』はそれぞれが滑稽なほどに自分の考えに固執しているけれど大チャンが戦争で何を見て何を心に受けてしまったのかと思うとなんとも遣る瀬無い気持ちになります。
    『軍国歌謡集』が一番心に残りました。

  • 筒井康隆が山川方夫の軍国歌謡集を褒めたいたので

  • 軍国歌謡集が印象的

  • 5/9

  • 山川方夫の軍国歌謡集が圧巻の面白さ。自分も下北に住んでいたので、タイムスリップしたような、何か、奇妙な気持ちのデジャヴがあった。

  • 読んでる途中で、「ん?タイトル畳だったけど、出てきてなくね?」と思ったけど、読了するとしっくりくるような。日本語っていいね。
    山川方夫、中学の教科書で読んだ「夏の葬列」を思い出しながら読んだけど、あれと同じく後味の悪さ・・・生きていくことと、人を傷つけることの不可分みたいなものを感じた。

  • ≪県立図書館≫

    畳、というテーマは忘れがちなまま読み進めたのだけれど
    3作、読み終わって、畳を想うと、なんとなくしっくりくる。

    「馬乃文章」
    お味ちょでぐちぐち、が、最高にかわいい。
    なよっとして、頼りないダメな男と
    からっとして、しっかりした女房。
    読んでいて、小気味よかった。

    「ある結婚式」
    私も、「式」というものがあまり好きではなく、
    比較的小ばかにして眺める癖があるのだけれど
    人生の節目で身を引き締める気持は、大切な経験なのだ、と思う。
    ささやかな、この結婚式は、とても素敵だ。
    と、思った。

    「軍国歌謡集」
    愛とは、実に滑稽なものなのだなぁ。
    大チャンの愛。
    晴子の、恍惚とした瞬間の愛。
    どちらも、非常に独りよがりだ。
    多かれ少なかれ、皆、幻想の中に生きているのだろう。
    昌二の冷めた感覚と、愛への憧憬が、おもしろかった。
    昌二は結婚するという。
    それは、彼の、愛への執着だろう。
    でも、最後の一文で、彼の今後の結婚生活がちらりと窺えたような気がする・・・
    あたたかい家庭を得て、感情の回路が取り替わることを、祈るよ。

  • 初めて読む方々。わりとすっと読めた。

  • 『馬乃文章』林芙美子
    健全な強い心と体の妻。頼もしい。

    『ある結婚式』獅子文六
    さっぱり簡潔と思いきや、そこはやはり特別になった瞬間を捉えた話。

    『軍国歌謡集』山川方夫
    大ちゃんのうわの空に生きるしかないというのが、印象に残る。
    これ読後数日経ってから良さがわかったかも。もう一回読んでもいいな。

  • 林芙美子『馬乃文章』
    獅子文六『ある結婚式』
    山川方夫『軍国歌謡集』

全23件中 1 - 10件を表示

(003)畳 (百年文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(003)畳 (百年文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(003)畳 (百年文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

(003)畳 (百年文庫)の作品紹介

空腹の家族が待っていても原稿料が入るとつい酒を飲んでしまう-。貧乏作家の夢と現実を明るく描いた林芙美子の『馬乃文章』。媒酌人を頼まれた「私」は自宅の日本間で小さな結婚式をとりしきる。若い人たちの決意を爽やかに描いた獅子文六の『ある結婚式』。映画のエキストラをしている友人宅での共同生活、アパート前の通りから毎晩のように若い女の歌声が聞こえてきて…。青春の夢と哀愁がただよう山川方夫の『軍国歌謡集』。小さな部屋に刻まれた忘れえぬ思い出。

ツイートする