(006)心 (百年文庫)

  • 128人登録
  • 3.44評価
    • (6)
    • (6)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 25レビュー
  • ポプラ社 (2010年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591118887

(006)心 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「心」をテーマにした、世界の名作家の短篇集。
    どの作品も、めちゃくちゃエキサイティング!ってわけではないけど、不思議と味わい深くて、ひとの人生の一コマを覗き見ているような面白さがあります。
    そして、読み終わった後には、妙なもやもや感が残ります。なんというか、アモラル、というか。だけどそこに、現実の面白さに近いものを感じます。

    これがあの作家の味か、というのを気軽に味わえるのが短篇のいいとこだと思う。他のシリーズも読んでみたくなりました。

  • アスターフィイ・イワーヌイッチ、アスターフィイ・イワーヌイッチうるせえぇぇぇぇ!!! と思ったのは自分だけ?

  • 『心』をテーマにした三作品。
    ドストエフスキーは微妙な憐憫の情なのでしょうが告げていない転居先にまで付いてきた挙句に盗みまでするイェメリヤン・イリッチが自分がイワーヌイッチなら怖くて気持ち悪くて受け入れられない…。ロシア人、大らかだな…と理解が難しかったです。愛称が幾つもあり、その語りかけが多いのも難しい…。
    芥川とプレヴォーは女心。美しいけれど寂しい話でした。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:908.3||H||6
    資料ID:95121153

  • ドストとプレヴォーが初めて。
    ドストは後半お互いのセリフにいっちいちフルネームの呼びかけがあって読みにくい。そして馴染みがないので覚えられない……(T_T)
    プレヴォー面白いけど「そりゃないぜマダム」なお話だった。
    間に挟まった芥川も読ませるけど、この姉妹なんか嫌だ(^_^;)

    装画 / 安井 寿磨子
    装幀・題字 / 緒方 修一
    底本 / 『ドストエフスキー小説全集 1』筑摩書房、『芥川龍之介全集 第六巻』岩波書店、『諸国物語(上)』ちくま文庫。

  • 教養として著名作家の作品を読んでおくべきと思ってこのシリーズに手を出した。プレヴォーは知らなかったしあまり好みにあわなかったので読んでない。
    芥川龍之介は良かったんだけどドストエフスキーはあまり満足できなかった。話の内容は面白いけれど日本語で読むと本来の作品の魅力は伝わらない気がする。でも原書が読めるような語学力がないので仕方ないか。

  • この巻から百年文庫シリーズを読みはじめました。日本、海外問わず3人の文豪があるテーマに沿って綴じられた短編集。

    読んでから表紙の漢字一文字を見るとその意味に納得します。

    文字も見やすくてgood!

  • ドストエフスキー初挑戦。
    ロシア文学わっけわからん・・・。
    何なの?なんでフルネームで呼び合ってんの?せりふの半分ぐらいフルネームの呼びかけで占めてるけど?しかも愛称何種類あるの?って感じでした・・・

  • 百年文庫19冊目は「心」

    収録は
    ドストエフスキー「正直な泥棒」
    芥川龍之介「秋」
    プレヴォー「田舎」

    芥川が再読。「心」という題でくくってみると、「秋」の良さがまた見えてくる気がした。信子は照子に俊吉をゆずってしまうわけだけれども、信子の心のうちにあるものを読み解くのはなかなか難しい。想像するにだけど、一つには先に生まれてきたものが抱える悩みというのがあるのではないだろうか。

    信子は照子よりも先に生まれてきているわけだけれど、先に生まれてきたことで、後より生まれてきたものより有利にはたらく事柄というものがあると思う。ある人のことを知るのは、先に知った人の方がより多くを知ることができて有利といえないこともないわけで、そこに良心の呵責を覚える人もいるだろう。それは努力したところでどうなるものでもないので、ただただ心をかき乱されるしかないわけである。

    プレヴォーは森鴎外訳なのだとか。百年文庫はわりと古めの翻訳が入っているのがまた面白いところである。

  • ドストエフスキー 『正直な泥棒』
    芥川龍之介 『秋』
    プレヴォー 『田舎』

    ドストエフスキーは名前は有名なのに全く読んだことがない。
    これは恥ずかしい。というわけで一つ読んでみようと思い立ち選択した
    この本でしたが、まったく気持ちに響かない結果に終わり、自分にがっかりしました。

    神からも社会からも見捨てられた、可哀想な人々……どうも自分は、
    そういった存在に対してイライラが先立ってしまうらしい。
    思えば『蛍の墓』の主人公に対しても、いい年して学校にも行かず、
    家事も手伝わず、妹と遊んでる駄目なお兄ちゃんだなあ……と、
    イライラして見てしまう自分です。
    まだドストエフスキーの本を読むには早いようです。
    自分自身を成長させてから読んだ方がよいと感じました。

    逆に芥川龍之介の秋は、とても読んだ後にしみじみと味わうことの
    出来た作品。
    登場人物三人が、それぞれ胸に秘めた感情を押し殺しながら生きている。
    そして主人公はまた、寂しい我が家で人生を過ごすのだろう。
    ラストの、車の中と外ですれ違う瞬間は胸に迫る切なさがある。

全25件中 1 - 10件を表示

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ホーソーン
コンラッド:大岡...
海音寺潮五郎
三浦 しをん
三島 由紀夫
加能作次郎
ヘルマン ヘッセ
カポーティ
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

(006)心 (百年文庫)に関連する談話室の質問

(006)心 (百年文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(006)心 (百年文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

(006)心 (百年文庫)の作品紹介

酒場で出会った酔っ払いが家に転がり込み、そのまま居ついてしまった。「犬っころみたい」な目で見つめられると追い出すこともできず…。寄る辺なき者の願いが胸にせまるドストエフスキーの『正直な泥棒』。かつて結婚を考えた従兄は妹と結ばれた-。ふたりの家庭を訪ねた姉の静かな言葉、胸に畳まれた哀しみ(芥川龍之介『秋』)。高名な脚本家となった男に初恋の相手から手紙が届く。女性の決断が胸を打つプレヴォーの『田舎』。秘めた感情があふれる瞬間の物語。

ツイートする