(045)地 (百年文庫)

  • 23人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
  • ポプラ社 (2010年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119273

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(045)地 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヴェルガ 『羊飼イエーリ』
    キロガ 『流されて』
    武田泰淳 『動物』

    どれも唐突に終わってしまった気がする三篇。
    短編から興味を持って他の本も読みたい!となる機会の多い素晴らしい
    百年文庫。
    今回は自分と相性が悪かったのかな?
    あまり心に響く話がなかったので評価低めです。

    『羊飼イエーリ』 イタリアのシチリアが舞台。
    おそらく地元あるあるネタが豊富に含まれていて、シチリアーノから見たら
    大絶賛ヒュー!なのかもしれない。
    しかし日本から出たことがない人間が読むと、とにかく景色の描写が長いのです。
    話の8割方は大自然・田舎町・そこで暮らす人々の服装などの細やかな説明でした。
    しかも四季折々に触れて丁寧に変化を教えてくれます。
    一方、人間関係や出来事は断片的なので、頭の中でつなぎ合わせて
    ストーリーを推測する感じ。
    本の半分以上はこの話でしたが、どうにも小説というよりは、絵画的な作品でした。


    『流されて』
    エッ!?Σ(゜Д゜)という速さで終わります。
    思わず顔文字を使ってしまうほどです。
    「主人公、どうしてもっと奥さんに助けを求めなかったの……」
    全てはこれに尽きると思います。


    『動物』
    右翼・左翼の活動やそれに関わる政党への考え方……
    そうしたことが説明されないまま話が書かれています。
    (当時の人にとってはいちいち書いて説明することではなかったのでしょうね)
    なので、現代の我々が読んで理解するのは少し難しい内容が多いです。
    短編ではなく、長編でじっくりこの登場人物たちの今後が見たくなる作品。


    人間の傲慢さをくだく衝撃の三篇、がこの本の後ろに書かれたテーマ。
    それぞれの話でこの傲慢の罪を犯したのは、おそらく羊飼いでは妻であり、
    流されては主人公であり(何故奥さんを頼らなかった)、そして動物では
    すべての登場人物なのだと私は解釈しました。

  • ヴェルガ『羊飼イエーリ』
    キロガ『流されて』
    武田泰淳『動物』

  • ヴェルガ「羊飼いイエーリ」、貧しい羊飼いのなかに渦巻く心。キロガ「流されて」、あっという間に読了、トラブルから自らを救うため船に乗り込んだ男の記憶。竹田泰淳「動物」、感情を表面に出さない地方大学の教授の心の中。三編を通じた書題の「地」は、いくらとりつくろっても人間のこころに潜む地の部分を示している。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、2階文庫本コーナー 請求記号908.3/H99/45

  • 和図書 908/H99/45
    資料ID 2010200721

  • 人間の傲慢さをくだく衝撃の三篇・・・ではないと思う。どの作品にも「動物」が登場するし、そこそこの役割を担ってはいるけれど、比重は各作品でかなりばらつきがあるし。それはヴェルガの場合「投影」、キロガは「装置」、武田は「連結」かな?うーん、ただこの百年文庫シリーズは好きです。

全7件中 1 - 7件を表示

(045)地 (百年文庫)の作品紹介

馬を追い野宿しながら暮らす孤独な少年イエーリにとって、幼なじみのマーラと交わした結婚の約束が何より心の支えだった-。純朴な若者がたどった過酷な運命の物語(ヴェルガ『羊飼イエーリ』)。毒ヘビに噛まれた男の一日を描いて鮮やかな印象を残す『流されて』(キロガ)。動物園の子熊に子どもが指を噛まれた-小さな「熊騒動」が大人たちの憎悪を呼び起こしていく。体面を繕いながら敵愾心を燃やす者たちの顛末(武田泰淳『動物』)。人間の傲慢さをくだく衝撃の三篇。

(045)地 (百年文庫)はこんな本です

ツイートする