(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 87人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (10)
    • (15)
    • (5)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 松樹剛史
  • ポプラ社 (2010年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119730

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 後楽園のとある本屋で見つけた一冊。
    題名が示すとおりに競馬騎手の物語となります、地方競馬の。

    文体は軽やかでさらっと読めましたが、なかなかに重いテーマも感じたり。

    - 大切なのは、自分の選択が正しくなるよう、全力を尽くすこと。

    物語は序章といったところで終わっていますが、続きが気になります。

  • 地方競馬を題材にした青春小説。さらっと読める。ちょっとあっさりし過ぎて物足りなさもあり。

  • 地方競馬の若い厩務員を主人公とした競馬小説。

    競馬関連の描写に違和感を感じる箇所が少なく、また登場人物のキャラクター設定が非常にわかりやすいため、全般的に読み易かったが、ヒロインのジョッキーが経験も少ないのにやたら騎乗が巧い点等々、設定に少し無理も感じられた。

    ストーリー的にも、いかにも中途半端なところで終わってしまったが、シリーズもののようなので、次作以降に期待。

  • 主人公は確かに成長してるんですが、苦悩や成功がきちんと描かれていないせいか、なんだかさらっと読み終えてしまって、これで終わり?という感じでした。

  • のめり込んで読めました。ところどころ現実感のない(それはありえない的な)ところがあり、少し残念かな…。
    本書は第一弾とのことで、続編が楽しみです。ブックオフで探そう。

  • ジョッキーの続編かと思って手に取ったら、舞台は地方競馬に代わり、主人公もジョッキーを見守る厩務員、前作のような明るさが影を潜めている。少し暗い感じがしてならなかった。量もかなり少ない。クライマックスが全日本2歳優駿というのは個人的にはかなりツボだったのだが、川崎競馬場の狭さが乗り移ってしまったかのようなレース描写にがっかり。そりゃないよ的ストーリー展開も減点要素。期待が大きかっただけに尻つぼみという感じがしてならない。

  • 解説:吉田伸子

  • 女性騎手新川奈津、アリスマジックとどこまで成長するのか。で、この本続くんだ!

  • 一番の楽しみであるレースシーンが少ないYO!魅力的だったのは、とある地方競馬場のボロい厩舎の描写と、そこに住み着く癖のある厩務員達。逆に、物語の中心になる人達の描写は、狙った感じがありすぎるのがちょっと...。

    物語的なキャラクターは主役の女性騎手と厩務員だけにして、他の人達はできるだけ地方競馬らしい泥臭い人物で固めたほうが、リアリティーもあっただろうし面白かった気がする。騎手に技術的な面で葛藤がないのもちと残念。とはいえ、続きもののようなので今後に期待したい。

    にしても、久しぶりに松樹剛史先生のデビュー作「ジョッキー」が読みたくなるな。連作短編的な構成で、短編の最後に迫力満点のレースがくる。あのレースシーンは、競馬好きなら必読の面白さである。

  • 足の故障からスポーツ特待生として入学した高校を辞め、引きこもりの父親と覇気のない生活を続けていた啓は、新人ジョッキーとして閉鎖的な地方競馬場で頑張っている奈津に出会う。
    彼女に惹かれた啓は厩務員となって影に日なたに奈津のサポートを続ける。
    地方競馬という特殊な舞台を描いた一冊だ。
    なんとなく人物が類型的で、奈津のいい子ぶりも非現実的なのが気になったけれど、細かい競馬界のネタは興味深かった。
    終わり方が中途半端だったから、続きがあるのかな。

全14件中 1 - 14件を表示

(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[ま]3-1)きみはジョッキー (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする