ほんまにオレはアホやろか

  • 43人登録
  • 4.07評価
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 水木しげる
  • ポプラ社 (2010年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119785

ほんまにオレはアホやろかの感想・レビュー・書評

  • 「水木しげる」氏、なんと魅力的な、すごい人なんだろう、と心の底から思う。
    『そのころのぼくをささえていたのは、ただ、自信だけだった。作品の自信ではない、生きることの自信だった。しかし、これには悲愴感はなかった。むしろ「絶対に生かされる」という楽天的な信念だった。』
    南方の第一線での、生き残ったのが奇跡中の奇跡と思わされる戦争体験、そして、日本に帰ってからの超赤貧暮らし。通常の人だったら、何回命を亡くしていたことやら。。
    水木漫画は昔から大好きだったので、自伝的なものも含め、水木作品を読んでいこうと思っている。

  • 激動の時代を生き抜いた水木しげる先生の人生録。悲惨な体験なはずなのに語りがコミカルに書かれてあるので楽しい気持ちで読むことが出来ました。

  • ゲゲゲの鬼太郎作者の幼少期からマンガ家として成功するまでの自伝。
    戦地での経験や、戦後の仕事の様子などから、身体を丈夫に保つことや、自分の意思で生きることなど色々勉強になります。

  •  ドラマになる人生。水木サンは,学校や軍隊には全く向かないのんびりした性質で,大変苦労したようです。
    戦後もとても厳しい生活だったようですが,生きる力というか自分を養っていく力を感じました。

  • 水木しげる先生のざっくりとした自伝。
    学校の先生や軍隊の仲間にまで「あいつは仕方がない」と思わせるほど
    超マイペースな水木先生の生き方がかっこいい。

  • 水木しげるの自伝。壮絶な貧乏生活を経て、悟りに近い達観を得ている氏ならではの文章。読み終わったあとにホッコリした気持ちになります。

  • 「ゲゲゲの女房」を見て改めて『水木しげる』というひとに興味を持って読んでみた。

    戦争を知らない時代に育ったことを抜きにしても、やはり水木しげるさんのような人気作家と呼ばれるようなひとはやはり生き様が人並みではないな、と思った。
    戦後の大変な時代背景であるにもかかわらず、ときどき「ぷ」っと笑ってしまうようなどんどん読み進んでしまった。

  • テレビでゲゲゲの女房を見て、水木さんの立場から書いた本も読んでみたいなって思いました。
    今の時代からは考えられない境遇も・・・彼だからこそ喜びを感じながら今まで生きてこられたのですねぇ。
    そんな生き方にも共感しました。

全9件中 1 - 9件を表示

ほんまにオレはアホやろかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ほんまにオレはアホやろかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほんまにオレはアホやろかの作品紹介

水木しげるの自伝的エッセイ。「ゲゲゲの鬼太郎」を生み出すまでの、おもしろ人生体験記。

ほんまにオレはアホやろかはこんな本です

ほんまにオレはアホやろかの単行本

ほんまにオレはアホやろかの文庫

ほんまにオレはアホやろかの文庫

ツイートする