子どものためのコルチャック先生

  • 21人登録
  • 3.89評価
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 井上文勝
  • ポプラ社 (2010年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー・ウンゲラ...
R・J・パラシオ
ユリー・シュルヴ...
長谷川 義史
ウォルター ウィ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

子どものためのコルチャック先生の感想・レビュー・書評

  • 子どもの権利を考え、医師であり、孤児院の先生であるコルチャック先生が、ユダヤ人というだけで、強制収用所で殺害されます。
    作者のあとがきにも、ジーンときます。

  • 星の命名の逸話、あとがきに心が震えた。コルチャックのことは永遠に伝えていかなければらない。その子どもを尊ぶ姿勢と共に。

  • ポーランドの教育者、ヤヌシュ・コルチャック氏の伝記。

  •  コルチャック先生は、戦争などさまざまな事情で孤児になった子どもたちを救うため、"孤児の家"をつくり、いかに生きていくかを教え導きました。本書では、彼がどのように子どもたちとかかわり、どれほど尊重しようとしたのかをていねいに描いていきます。
     コルチャックは、子どもたちを愛し、寄り添い、ともに生きようとします。第二次世界大戦のさなか、自分だけ助かることを拒み、200人の教え子たちと収容所へ向かったコルチャック。しかし、それは彼にとって死の選択ではなく、最後まで子どもたちと生きることを選んだ結果だったのではないでしょうか。その愛と信念を通し、大人こそが、子どもの幸せと権利を守らなければならないということを教えてくれる一冊です。

全5件中 1 - 5件を表示

子どものためのコルチャック先生の作品紹介

教育者として、また、子どもの物語作家として知られる、ヤヌシュ・コルチャック先生。コルチャック先生のまわりには、いつもたくさんの子どもたちの笑顔がありました。コルチャック先生とは、いったいどんな人だったのでしょう。

子どものためのコルチャック先生はこんな本です

ツイートする