Life 誕生学の現場から

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 大葉ナナコ
  • ポプラ社 (2010年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119921

Life 誕生学の現場からの感想・レビュー・書評

  • 性教育を、誕生という視点から捉え、ロマンティックに伝えていくこと。子どもたちをありのままに受け止め、子どもたち自身が自分を好きになれる、自己肯定感を高めるプログラム。子どもの素直ないのちの質問に、明るくスマートに答えられる大人になりたいな。

  • 自己肯定感を高めること。思えば卒論のテーマにも通じる。母親として、ドゥーラとしてだけでなく、まわりの知人たちにも伝えたいことだと思った。機会あれば深く学びたいな。

  • 「誰しも男女のカップリングの末、母から生まれてきた存在」という視座で妊娠出産をレクチャーする『誕生学』。講座の内容より目的と効果についての記述が中心。自尊感情への影響にまつわる話が興味深い。第2章の一問一答は実戦的。

  • 著者の生命を見つめる暖かいまなざしに、心打たれる。著者のファンになりました。

全5件中 1 - 5件を表示

Life 誕生学の現場からはこんな本です

ツイートする