その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)

  • 32人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 橋本治
  • ポプラ社 (2010年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前作から引き続き、各登場人物のモノローグが綴られる。モノローグだから、多少粘着系の文章。確かにモノローグでしか、示せない事実ってあるよね。
    源ちゃんの失恋が最大の物語。ホモに共感する気持ちはないけれど、可哀そう過ぎるな。大好きだった男が「…」だったって。著者インタビューで「…」相手に恋愛するしんどさってあるけれど、「…」には馬鹿、莫迦、バカって言葉しか思い浮かばない。打てる球を打つだけ。貪婪な草食動物。人の気持ちを見ようともしない。著者曰く「日本の男って『…』かもしれないな」。そうかもしれない。ああ、ヤダヤダ。
    主体性が無いっていうのは磯村クンも同じなんだけど、本気で源ちゃんのこと心配しているんだから、悪い奴じゃないんだよね。この後が心配だけど。
    グチャグチャした奴より玲奈ちゃんの独白の方が、気持ちいい。「男は顔よ。顔じゃなかったら嘘だもん。女をうっとりさせてくれる以外に、一体なんの役があるっていうの、男に?男が頭いいなんて当たり前でしょ?当たり前よね。当たり前だと思うわ。この際はっきり、当たり前ってことにしといてもらいたいと思うわ。」
    残念ながら、当たり前じゃないよ。
    無理にはお勧めしませんが、橋本治さんのファンでしたら是非。

全1件中 1 - 1件を表示

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)はこんな本です

その後の仁義なき桃尻娘 (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする