がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)

  • 29人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : レジナルド・ダルビー  桑原 三郎 
  • ポプラ社 (2010年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591120088

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
竹下 文子
三浦 太郎
なかがわ ちひろ
有効な右矢印 無効な右矢印

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)の感想・レビュー・書評

  • トーマスと車しょう
    トーマスのさかなつり
    トーマスとテレンスとゆき
    トーマスとバーティー

    内容
    トーマスは支線で張り切って働いていたが、ある日、傘につまずいた車掌を置いて駅を出てしまい、アニー(客車)とクララベル(荷物置き・車掌室のある客車)を不安にさせてしまう。あとから車掌が走って来て乗り込む事ができ、終点へ向かった。
    トーマスがさかなつりをしたいと言うと皆はやめなよと言う。ある日、給水塔から水が出なかったので、穴の空いたバケツで川から急いで水を汲んでことなきを得た。しかし、何かが詰まってボイラーから水が出て来ない。「危険、近寄るな」とされて待避線に移動した。みてもらうと、パイプに魚が詰まっていた。機関士と助手はつりいとを垂れて局長に極意を教わりながら魚釣り。魚を全て釣り上げて駅長がもってきたじゃがいもと一緒に、さかなとじゃがいものフライを作って食べた。トーマスは自分にはさかなつりは向いていないとしょげた。
    冬になって、トーマスはトラクターのテレンスと知り合いになった。しかしトーマスは威張って自慢したため、テレンスは相手をしなくなった。その後、大雪が降り、ゆきかきをつけるのを嫌がったトーマスは勝手に壊してしまい、つけずに走って立ち往生。そこへテレンスが来て助けてくれた。トーマスはテレンスに心からお礼を言った。
    バスのバーティーに雪の日の立ち往生をからかわれ、怒ったトーマスはバーティーと競争することになった。お互いの特技や特性、条件の中で急いで走り、結果、トーマスが勝ったが、ふとっちょの局長からはもうやらないようにと言われた。でもまたやりたそう。

  • 絵に対して文字が多い小型絵本。気に入って朝も夜も読んで欲しくて持ってくる。テレビから入ったけど良かった。ジェームスやヘンリーは青だし、トップハムハット卿も名前はない。2014.11

全2件中 1 - 2件を表示

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)に関連する談話室の質問

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)を本棚に「積読」で登録しているひと

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)はこんな本です

がんばれ機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん)の単行本

ツイートする