([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)

  • 886人登録
  • 3.73評価
    • (56)
    • (149)
    • (108)
    • (18)
    • (1)
  • 112レビュー
著者 : 飛鳥井千砂
  • ポプラ社 (2010年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591120989

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面倒くさがりな桐原先生。面倒くさがりなわりに仕事はそつなくこなすし、
    案外生徒のことをよく観察している。
    熱血な先生もいいけど、こんなクールな先生もいいかも。

    桐原先生の心の声を聞いているみたいで、案外面白かった。

  • うん、これは面白かった。やる気はないが、仕事はそつなくこなす高校教師の話。熱血教師物語でもなく、大人の汚い事情でもなく、本当に何もない感じなのがいい。独り言っぽい地の文が妙にツボにはまる。主人公の考え方が面白い。それを先輩教師に見透かされているのが良し。少しだけ前に進んだのも良し。良作。お薦めです。

  • なんとなく先生になってしまった青年が、教師としての使命に目覚め、成長していく物語…

    …なのかな?と思って読み始めたらちょっと違った!!!

    そうですよね~
    先生だって、プライベートでもずっと先生、生活のどこを切っても金太郎飴みたいに先生…
    なわけ無いですよね?
    いつも演じていなきゃならないのかな?大変。
    みたいにふと思った事がある。
    接客業とか営業もそうかもしれないけど、なんだか“学校の先生”というと、“聖職”とか言われて特別扱いされがち。

    でも、“学校の先生”も、数ある職業の一つ、と考えて、今時の若者のお仕事とプライベート、という描き方をするとこんな感じになるのかな?
    ラノベっぽい感じもしますね。
    アニメにしても面白いかも。
    主人公のセリフが大変なことになってしまうけれど。

    そうです、何が面白いって、モノローグで突っ込みまくる主人公のセリフ。
    相手にも、自分にも。
    誰でもふだん、いろいろ心の中で考えている。
    突っ込みや感想、感情。
    まずいなと思ったことは相手に言わないし、一人の時はもちろん話さない。
    それが全て、心の声ダダ洩れみたいな感じでモノローグになっている。

    …面倒くさいし。
    あ、また面倒くさいって言っちゃってる、俺。

    といった具合に。

  • やっぱり飛鳥井さんの小説、好きだ♪
    読んでると、なんだかホッとする。
    人間観察が趣味の私にとって、飛鳥井さんの小説に出てくる人達は興味をそそられる。

    主人公の桐原は、なんとなく私立高校の社会科教師になってしまったが、行動原理はすべて「面倒くさい」。
    しかし、日常の周りの人達との関わりの中で、少しずつ変わっていく桐原がリアルで良い。

    「クイーンオブ面倒くさい」を自負する私には、桐原の呟きが手に取るように解る。だけど、大人になるって事は、面倒くさい事もこなしていかないとならない。

    この小説には、アッと驚くような大きな出来事は書いてない。けれど、本当の現実や生活が書かれている。

  • 一生懸命な学生、同僚を一歩引いて見ている主人公。
    その主人公が一生懸命枠に入っていく感じ。
    本人もそれを心地よく感じてる。
    真剣に取り組めるものがある方が、楽しいよなって思いました。

  • 買って数ヶ月なんとなく読めなかった本。主人公は高校教諭。熱血ではなくて生徒にポイントつけたり面倒くさいと適当にやりすごしてばかり。あー、多分私に近いな。けれど主人公がちょっと変わろうとするラストはじんわり?くるかも。私も年のせいにせず今からでも変われるかしら…
    内容自体は軽いし特に感銘を受けたわけではないけれど自身を省みる機会にはなったかな。

  • なんとなく高校の社会科教師になってしまった桐原。行動原理はすべて「面倒くさい」。適当に“センセイ”をやろうとするものの、なぜか問題を抱えた生徒や教師、そして友人たちが面倒ごとを持ち込んできて…。

    熱心になってしまうことが面倒くさくて、人と深く関わることも面倒くさくて、外側から眺めるだけの立場にとどまろうとする桐原が、まるで私のようだと思った。
    私も面倒くさがりだから。
    でも、それではダメだと薄々感じている。
    熱意ある人、他人と真正面から向かいあおうとしている人を、見習いたい気持ちもある。
    でも、そこで一歩踏み出すことを躊躇してしまう。

    上司の溝口先生から熱意のなさを指摘されることで、桐原の行動が少しずつ変わってくる。
    そして決定的な事件が起こり、桐原はついに一歩を踏み出す。
    劇的な変化はないけれど、少しずつ、緩やかに、何かが変わっていく様子が、読みやすい文体で描かれている。

  • おもしろかったな。こういう平和なお話は大好きだ。
    平成版「坊ちゃん」と言ったら言い過ぎか。
    いいな、桐ちゃん。

  • 採用試験を受けたら受かったから学校の先生になった主人公の話。

    誰とも距離を取って、なんでも面倒かどうかで判断する。
    よくある判断基準だと思った。自分もそうだからでしょうね。
    カタカナで「センセイ」と書きたくなる、いわゆる先生キャラじゃないところが読みやすくて良かったです。

    この主人公には「面倒くさい」と言って踏み込まない癖が付くきっかけがあったのだけど、遠ざけてばかりじゃ前に進めない、周りにいるイイ奴らに気まずいって感じで頑張ってみる。

    だいたいキレイに話がまとまって、恋人も出来そうで、良いラストでした。

  • 面倒くさがりのやる気の無い高校の社会科教師の物語ということだが、普通です。一生懸命やっていると思う。そして、みんながそんな思いでいるじゃんて感じです。

全112件中 1 - 10件を表示

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)のKindle版

([あ]6-1)学校のセンセイ (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする