(052)婚 (百年文庫)

  • 30人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Ring Lardner  James Joyce  安藤 一郎  加島 祥造 
  • ポプラ社 (2010年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591121306

(052)婚 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久米正雄『求婚者の話』滑稽だけど血が通っていて、暖かくていい話。
    ジョイス『下宿屋』おかあさん っょぃ
    ラードナー『アリバイ・アイク』映画っぽい場面が頭に浮かぶ話

  • 久米正雄『求婚者の話』
    ジョイス『下宿屋』
    ラードナー『アリバイ・アイク』

  • 12/12/22 何十年ぶりかで、ラードナーの「アリバイ・アイク」を読んだ。

  • 久米正雄「求婚者の話」(1918年)一瞬で伴侶を射止めた学生が、人生の後半、我が娘をもらいに来たという学生に応対する。どうなるのかと気になる展開が楽しい。
    ジェイムズ・ジョイス「下宿屋」(1914年)、アイルランド、下宿屋の娘に恋した男が、おかみさんにけじめを付けるよう迫られる話。
    リングラードナー「アリバイ・アイク」(1915年)、長期のロードをこなしながらプレーする当時の米国プロ野球選手を描いている。いずれも百年前の話なのに人間のすること、考えることはそんなに変わらない。どの話もほほえましい。

  • 道行く婦人に一目惚れした鈴木君は尾行しその家の父親に結婚の約束を取り付ける。無事結婚し何十年経った頃若い頃の自分と同じ様に娘をくれと言う青年が現れる久米正雄『求婚者の話』、自分の住む下宿屋の娘と関係したドーラン氏。娘は母のマダムに打ち明けるもドーラン氏はいまだ独身でいたいがマダムは結婚という責任を取らせようする『ダブリン市民』収録作のジョイス『下宿屋』、常に言い訳をする野球選手。監督の細君の妹と婚約するがその弁解癖を逆手に取り恋人の中を危うくさせるチームメイト達ラードナー『アリバイ・アイク』の3篇を収録。

  • 結婚に至るまでの3つのはなし。どれもこれも癖のある展開です。こういう文庫でないと読む機会がなかなかなさそうな、久米正雄、ジョイス、ラードナーの3人の作家です。

  • 和図書 908/H99/52
    資料ID 2010200728

全8件中 1 - 8件を表示

(052)婚 (百年文庫)の作品紹介

単刀直入を身上とする「鈴木君」は、道ゆく洋傘の女性に一目惚れし、30分後には結婚の約束を取りつけた。がむしゃらに夢を追う男の生きざまをユーモラスに描いた久米正雄の『求婚者の話』。下宿屋の娘と関係を持ってしまった青年が宿の「マダム」の術中にはまり、次第に追い詰められていく話(ジョイス『下宿屋』)。言いわけばかりしている野球選手「アイク」に美しい恋人ができ、試合でも大活躍!(ラードナー『アリバイ・アイク』)。結婚をめぐる珍騒動、おかしくて胸をうつ物語。

ツイートする