肌 (百年文庫)

  • 21人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • ポプラ社 (2011年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591121481

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

肌 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

  • 丹羽文雄『交叉点』
    舟橋聖一『ツンバ売りのお鈴』
    古山高麗雄『金色の鼻』

  • 戦争が終わった頃の二編の話が、明治期ころの一遍をサンドイッチしている。男目線での情愛が絡んだ話。

    丹羽文雄『交叉点』、男と女の成り行きは、平行に走っていた道が不意にクロスする交差点のようなもの、実際そんな感慨に浸ったこともある。ふとしたきっかけから女が男に、また、男が女にはまる場面がさらりと描かれている。
    舟橋聖一『ツンバ売りのお鈴』、カンヅメした旅館の女中から身を落とした女と作家の話。女性がこれくらいしたたかで明るいと、気にかけても後味が悪くはない。
    古山高麗雄『金色の鼻』、20年連れ添った夫婦が別れの届けを出すときに、男が同じ会社にいた支店長と事務員だった二人のなれそめから結婚生活を回想するような話。男と女の覚えていることは、全然別のことであるような気がする。男は幻想を見がちで、女はこれからのことが第一のよう。女は過去を振り返らない。
    いまなら、テレビドラマで描かれそうな話。当時は小説がこんな心情を描いていたのだ。実際に体験したような気になる。若い読者がこれを読むのも社会勉強の一種に成りうるか。

  • 和図書 908/H99/60
    資料ID 2010200736

全4件中 1 - 4件を表示

肌 (百年文庫)の作品紹介

「落ちるところまで落ちた」-そんな思いで住みついたアパートみどり荘で、川上は隣室の若い女にふとした好奇心を抱く。憐れみから惰性へと関係を深めてしまう男女のあやうさ(丹羽文雄『交叉点』)。執筆のためカンヅメにされた旅館で、あれやこれやと「私」を世話する仲居の鈴音にはもう一つの顔があった(舟橋聖一『ツンバ売りのお鈴』)。零細映写機会社の支社長と事務員。恋して暮らして二十年、別れを迎えてなお高まる愛しさ(古山高麗雄『金色の鼻』)。ときに不可解な男女の性愛を描いた三篇。

肌 (百年文庫)はこんな本です

ツイートする