青 (百年文庫)

  • 40人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Grazia Deledda  Sigrid Undset 
  • ポプラ社 (2011年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591121658

青 (百年文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時々ある、テーマタイトルとどういう繋がりがあるのかわからない巻。
    青春、ってことかなー?
    いずれも、懐かしの人との久しぶりの逢瀬を描いた作品。
    瑞々しい雰囲気と経年による違和感などが時代を越えて鑑賞に堪えうるのかもしれません。
    ウンセットとデレッダはノーベル文学賞受賞者。

    装画 / 安井 寿磨子
    装幀・題字 / 緒方 修一
    底本 / 『燃ゆる頬・聖家族』(新潮文庫)、『世界短篇文学全集10 北欧・東欧文学』(集英社)、『ノーベル賞文学全集5』(主婦の友社)

  • 堀辰雄『麦藁帽子』
    ウンセット『少女』
    デレッダ『コロンバ』

  • 青春は、うまくいかないから青いのか。
    デレッダの自然描写に心奪われた。

  • 百年文庫20冊目は「青」

    収録は
    堀辰雄「麦藁帽子」
    ウンセット「少女」
    デレッダ「コロンバ」

    いずれも初めて読む短編。そういえば今年の宮崎アニメは「風立ちぬ」なんだとか。「風立ちぬ」は昔読んだ覚えがあったけど、遠い昔なので忘れてしまっていた。「風立ちぬ」が映画化と聞いたときに「そこきたか」と、えらい盲点を突かれたような気分になぜかなった。

    「麦藁帽子」を読みながら堀辰雄の独特なふわっとした感じを思い出していた。全てまぼろしのような淡さを感じる文体。夏にぴったりである。ウンセットとデレッダはどちらもノーベル文学賞受賞者らしい(しかもデレッダが1927年受賞、ウンセットが1928年受賞)。どちらも「青」という総題にふさわしい、甘酸っぱい短編である。

  • ・堀辰雄「麦藁帽子」
    夏の青さ。「この夏休みには、こんな休暇の宿題があったのだ。田舎へ行って一人の少女を見つけてくること。」というのがいい。
    「私」は年少のころ過ごした田舎へ行き、「お前」の兄たちと過ごす。
    少年の奥手な恋と、挫折と後悔にまみれながらの奇妙な明るさ!

    ・シグリ・ウンセット「少女」
    デンマーク、ノルウェー。はじめて読んだ。
    訳がこなれていないせいか、うまく入りこめず。
    少女の親友同士の友情と、そのあいだに横たわるぎこちなさ浅薄さ。
    子供の世界は大人のそれよりも厳格な「法」によって縛られている気がする。言葉のボキャブラリーのないせいか、行動が行動を呼び起こしすれちがいが大きくなる。シーフとエルナが小さい男の子の関心を競争するところに表れているような。
    大人なら中間を見つけだすか、ふたりのあいだの溜ったテンションをどっかほかに逃がす、その場を見つけられる。しかし子供の場合には力の捌け口がないために、ぴったりくっつくかそれとも離れるか、結局はその二択だ。とりわけ女の子の場合は…。

    ・グラツィア・デレッダ「コロンバ」
    イタリア・サルデーニャ島。
    上の「少女」と同様に、家柄の貧富の差があつかわれてる。
    アザールは教師になったばかりだが婚約した都会の女に逃げられ失意のなか、友人で金持ちのムラスと実家に戻る。
    アザールは近所の娘コロンバと互いに恋心を抱きあうが、「教師」と「羊飼い」では身分が違い、添い遂げることができない。
    夜の森のなかで、ふたりが不器用な交信をつづけるところなんかダントツの青さだな。
    都会の虚ろさ浅薄さと、コロンバのまっすぐな野性的な愛の対比がまぶしい。

  • 夏の思い出を追いかけて見えるもの。

全8件中 1 - 8件を表示

青 (百年文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青 (百年文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする