ピースメーカー (文芸)

  • 460人登録
  • 3.48評価
    • (23)
    • (75)
    • (90)
    • (19)
    • (1)
  • 95レビュー
著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2011年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591122341

ピースメーカー (文芸)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕らが通う、中高一貫教育で知られた伝統ある〈赤星学園中等部・高等部〉は、今は〈赤星中学校〉と〈赤星高校〉という名前になってる。
    赤い星っていうのは火星のことで、戦いの神様らしい。そのせいじゃないだろうけど、何故か伝統的に文化部と運動部の戦いが続いているんだ。
    放送部の顧問の先生、コウモリは言う。
    「放送部が唯一、運動部と文化部を結び付けられる平和の使者〈ピースメーカー〉になれると僕は思ってる。部の活動を把握して、取材から現場の仕切りから放送まで、すべてにおいて彼らを結べるのが、放送部だ」
    運動部と文化部を繋ぐ架け橋となって平和をもたらすもの。
    まさしく、ピースメーカー――

  • この作家さんの家族を書いた話が好き。学生モノは普通だった。

  • 2015/5/2

  • 東京バンドワゴンがすきなので。
    うーん、ちょっとうまく行き過ぎ感だなぁ。
    若いときの作品なのかなって思ったけど、そうでもなし。
    若めの読者を想定してわかりやすくしてるのかもしれないけど。
    ちょっと期待はずれだったな。

  • 軽い。ぬるま湯。子供向けなのかも…

  • 平和をもたらすピースメーカーになるべく奮闘する良平とケンちゃん。知恵とメカニックとお昼の放送をフルに使って、学校の小さな事件を円満に解決していく。小路ワールド全開!

  • おもしろくなかった。
    小路さんの本が読みたくてこれにしたけど、同じことが何回も繰り返されてたし、すごくものごとが淡々と進んで行っちゃってる感じ。
    ちょっとがっかり。

    でも3人が楽しんでやってる感じはよかった。

  • 特別なところに立とうとしたって、無理したってしょうがないと続けた。
    「無理するな。楽しめ。できるところから少しずつやって、青春の思い出を作ろうぜ」

  • 部外者を校内にいれちゃまずいでしょ、とは思うものの時代が違うからいいのか。部活同士の問題を解決するのはいいけど、プライベートなとこに踏み込みすぎると違うかな、と思う。

  • ちょっと昔な設定の中学生の放送部の話し。
    対立する文化部と運動部っていう設定はこんなんあるかな〜?と思ったけど、ストーリーはいつもの小路さんの作品同様、悪い奴はいないし、ほのぼのあたたかい。

全95件中 1 - 10件を表示

ピースメーカー (文芸)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピースメーカー (文芸)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピースメーカー (文芸)の作品紹介

赤星中学内で対立する運動部と文化部の架け橋となり、学内に平和をもたらす存在"ピースメーカー"。その実態は、放送部の良平とケンちゃん-知恵と愛嬌の凸凹コンビだ。ハートフルでちょっとノスタルジックな青春エンターテイメント。

ツイートする