(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 830人登録
  • 3.91評価
    • (81)
    • (112)
    • (88)
    • (7)
    • (2)
  • 95レビュー
著者 : 藤谷治
  • ポプラ社 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591123997

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 学生時代に音楽に関わったことがある人は特に楽しめると思う。
    演奏中の描写や、音楽の描写が素敵。

    音高に通ったわけではないけれど、自分も当時、部活として音楽をやっていて、苦く思い出したくない過去があるので、読んでいてなんとも言えない気分になった。

    当時の自分を思い出すと同時に、音楽にどっぷりはまって将来に希望が描ける青春時代をおくっていた自分や主人公が羨ましく思った。

    1巻では筆者の苦い部分について詳しくは明らかにされていない。
    純粋に話の続きが気になるし、自分の蓋をしたままの当時の思い出と向き合うきっかけにもなりそうなので、2、3巻も読みたい。

  • 読んで良かった。

  • この本の主人公は音楽高校に通う高校1年生です。
    私自身、音楽で大学を目指しているので、高校から専門的に音楽を学べることがうらやましかったです。一巻は、とにかく楽しそうでした。
    ここから、二巻、三巻への展開が一巻では予想できません。意表をつかれる感じで、物語の展開を予想してしまう私にとっては、すごく新鮮でした。

  • チェロを弾く高校生の話。音楽のシーンはやっぱりどきどきする。そうそれ!それのせいでやめられないんですよねー。

  • 若きチェリスト・津島サトルは芸高受験に失敗し不本意ながら新生学園大学附属高校音楽科に進む。
    そこでフルート専攻の伊藤慧やヴァイオリン専攻の南枝里子と出会った津島は夏休みのオーケストラ合宿、初舞台、ピアノの北島先生と南とのトリオ結成、文化祭、オーケストラ発表会と、慌しい一年を過ごし……

  • 読み始めて30ページくらいして一度中断。
    大人になった語り手が、自分の高校時代を思い出して若者に語りかける自意識の過剰や、若気の至り。
    それをもってまわったような言い回しで語る。
    恥ずかしい。恥ずかしすぎる。
    よほどリタイヤしようと思ったが、読み進めるうちに青春のあんなこんなよりも、目に見えないはずの音楽の描写に惹かれてぐいぐいと読み進める。

    芸大付属高校の音楽科。
    クラシック音楽について情緒的に語る、または本で得た知識の焼き直しでは伝わらない、曲が持つ力強さや流れのようなものを、楽譜を読み解き分析することによって目に見えるように伝える力が圧倒的に強い作品。

    私なんかよりも音楽をよく知っている人の方がより理解できる作りになっているのではないだろうか。
    正直、人物の造詣についてはまだまだ足りないと思えるところも多いし、語り手の未来がある程度透けて見える部分も多いのだけれど、若い頃の自意識と守られていることの安心。
    相反する二つの心のベクトルのバランスが、身につまされるほどに緊張を伴って迫ってくる。

    “アンサンブルには二種類ある。「合奏」と「協奏」だ。全員がひとつの音楽を奏でるために、気持ちをひとつにして、大きなハーモニーを作り上げていくのが、合奏。自分が全体の部分であることをわきまえて、一人ではできない音楽を全員でめざす。(中略)反対に、一人ひとりがせり合って、隙あらば自分が前に出ようとする、ときにはそのために共演者の音を食っていこうとさえする、それが僕のいう「協奏」だ。そこでは人を引き立てるために自分は我慢するとか、相手の腕前に合わせるとか、そんなことはしない。誰もが自分こそ主役だと主張して音を出す。たとえば、協奏曲とはそういう音楽だと思う。”

    「合奏」のようなことを強要されることは、割とよくある。
    けれど、「協奏」することによってたがいに成長したり、ただ単純に自己を表現することの快感だったりは、あまり世間では言われないことだけど、人生に必要だと思う。

    音楽だけではなく、スポーツでもなんでも。
    自分を主張して、主張している相手を尊重して、思いもかけない一面を発見しながら人は成長していくのだから。
    そして、こういう経験を通して、人は他人を全否定しないことを学んでいくのだから。

    作中、倫社の授業風景に結構なページを割いている。
    クラシック音楽と哲学の親和性はわかるけど、ソクラテスと弟子の対話のような倫社の授業は、実際には無理だと思うので、クラシック音楽を勉強している学生は、ここの部分だけでも読んでおくとよいと思う。

  • 若い子特有の、そのときならではの真剣さがすごく好き。帯に「2009年の話題の本」とあるので、物語の中心が音楽だとしても何かにのめり込んだことのある人、のめり込みたかった人にとって共感できるところが多いんだろう。もちろん音楽をかじった人は言わずもがな。
    なんで今まで読んでいなかったんだろう?もったいないことをした。

  • 早熟だった高校生が恋に落ち、恋に破れ、
    自分の才能の限界を思い知らされ、
    と青春のほろ苦さや痛々しさを
    自伝的な味わいで飾らずに描いた作品。

    甘さも苦さも両方をきちんと書こうとしているので
    リアルで心に響いてくるものがあって、
    引き込まれる読み応えがあった。

    小説的な魅力というよりも、
    身近であり特異でもある体験談の魅力に溢れていた。

  • イメージ 1
    『船に乗れ!』 藤谷 治

    友人のチェロ弾きから「面白いよ」と薦められて読んだ本です。

    全3巻。
    Ⅰ 合奏と協奏
    Ⅱ 独奏
    Ⅲ 合奏協奏曲
    と副題がついているように、音楽が題材になっている物語です。

    物語は、30代後半の「僕」が自分の高校時代を振り返る形式で語られる青春小説。

    エリート音楽一家に生まれ育った主人公のサトルは、祖父が学長を務める音楽高校に入学し、
    初めて手に取ったチェロと格闘しつつ、ヴァイオリンを専攻する枝里子と出会い、
    クラシック音楽という共通項を通して夢や恋を膨らませていく。

    その描写はすごく甘酸っぱい。
    気持ち悪くなるくらい甘酸っぱい。

    (かっこ内は私のつっこみです)
    もらった手紙に
    「演奏している津島君は、最高にきれいです。 南枝里子」

    「私、あの先輩のヴァイオリン、嫌い」
      ・・・中略・・・
    「僕のチェロはどう?」
    「好きだよ」
    (チェロはというあたりがぎこちない 笑)

    「僕とオペラ見に行かない?」
      ・・・中略・・・
    「あのさ、オペラさ、デートなんだけど」
    「分かってるよ」
    (初デートがオペラかよ!)
    一巻は、さわやかな青春小説として王道ともいえる物語展開。

    こういうのは、ずっとは続かないんだよねー

    なんて、ニヤニヤしながら読んでいたのですが・・・

    その展開は私が思っていたよりずっとずっと衝撃的で・・・

    ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、

    2巻のP232のたった一言で胸がズキンとなり、
    それから涙がドバーっと滝のように流れました。

    そんなことってねーだろーそんな気持ち。

    絶望と挫折。

    3巻はその後「僕」がとった結論と話は進んでいきます。

    友人は「面白い」といって薦めてくれましたが、
    私にはあまり面白くない作品でした。
    面白いというよりは痛い。

    なんか、心の後ろにたまった膿をチクチクつつかれる
    そんな痛さ・・・。

    クラシックの知識がなくても読めます。
    クラシックの知識があると、どんな曲か分かります。
    子供のころからクラシックを弾いていると、僕の気持ちが痛いほど分かります。

    2010年本屋大賞にノミネートされている本です。

  • 専門用語バンバンでてくる。
    分からなくても、だいじょうぶ。

  • 音楽には多少携わってはきたけれど、クラシックや管・弦楽器に関しては全くの知識なし。そんなあたしでも難なくどっぷり物語に浸ることができました。

    高校生という目線でかかれた話なのにどこか客観的であったり、そうかとおもえば初々しい恋の話が織り込まれていたりと緩急の付け方が絶妙。Ⅱ、Ⅲと続いていくのが楽しみでしょうがない♪

  • 音楽好きにはたまらない♫

  • 高校生がチェロに青春をぶつける
    音楽と真摯に向き合い、恋愛もする

    音を奏でる難しさが良く伝わってくる。
    特に、オーケストラのような多人数での演奏の難しさ。クラシック音楽に感動できる人になりたいと思った。

  • 淡い青春の物語

  • なかなか面白かったです。
    音楽学校のトリオやアンサンブルやって聞いていると、なぜか、のだめカンタービレが見たくなりました。
    青春ですね~。

  • 前半は高慢なサトルを好きになれずに読み進めたが、アンサンブルをやると決めてからの演奏描写に読みながら力が篭った。競い合うように音を重ねていき、スキルを上げていくのを見ると気持ち良い。逆に合奏にやる気の中途半端な人が混じるとツマラナイ。。オーケストラの本番、ハプニングはあったけど、乗り切って、皆ぴったりとはまった音が出せたので良かった。ホームコンサートは、おじいさんの不器用で微笑ましい伝え方に感動した。

  • ともあれ、「向ヶ丘遊園近くの市民ホール」が出てきたことに親近感。お世話になったので多摩市民館。
    …と思ったら筆者さんやはり洗足学園の方か!
    特に大きいことが起こる訳ではなかったのでその辺は二巻以降に期待。

  • 音楽青春もの、かな。

    どこへ向かうストーリーなのか全くわからなくて、
    たらたらと進むのがちょっと苛ついて投げ出す人もいるかもしれない。
    あと主人公が気取りすぎ(笑)
    いろいろこじらせたイタさも重要なファクターなんだけど。

    ただ音楽を演奏する楽しさ、大変さが
    とてもよく伝わって来て、それがとてもいい。
    自分は音楽は聞くだけで、演奏はできないので
    合奏と協奏の違いも、へー、ほー、と感心するばかり。

    『たまごを持つように』とは全く違うながら、
    なんとなく共通のものを感じる。
    1つの世界にディープに関わる青春もの、というくくり(笑)

    1巻はとりあえずオススメ。

  • 助けてくれ! この青春小説、めちゃくちゃイイ!

  • バリバリの青春小説なのに結構淡々としているな、という印象。合宿の話とか倫理の授業の話とかはなかなか面白かった。たぶん続刊も読むと思う。あと高校入試問題の引用元だったから読んでて懐かしかったw

  • books a to zにて

  • 音楽系の高校に通う生徒の日常が感じられて面白かった。お金持ちの音楽一家(というか親戚に音楽家が多い)に生まれた自信過剰な主人公がピアノやチェロで挫折し、失恋し、先生を罠にはめて失職させて傷つきながら、高校生活を送る話。金窪先生が主人公の謝罪を受け入れなかったり、全体的に救いのないところが良かった。

  • 音楽学校に通いチェロを弾く高校生の主人公のお話。始めは哲学やらかなり読みづらい部分もあったけれど、途中からは主人公が音楽に夢中になっている辺りからは読みやすくなってきた。様々な苦悩もありそうだけど、まだ序章みたい。Ⅱに続く。

  • 太宰治の「人間失格」や、「身の上話」(書店員ミチル)を思い出した。
    読みやすくてざくざく進む。はやく次巻がよみたい。

全95件中 1 - 25件を表示

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

若きチェリスト・津島サトルは、芸高受験に失敗し、不本意ながら新生学園大学附属高校音楽科に進む。そこで、フルート専攻の伊藤慧やヴァイオリン専攻の南枝里子と出会った津島は、夏休みのオーケストラ合宿、初舞台、ピアノの北島先生と南とのトリオ結成、文化祭、オーケストラ発表会と、慌しい一年を過ごし…。本屋大賞にノミネートされるなど、単行本刊行時に称賛を浴びた青春音楽小説三部作、待望の文庫化。

(P[ふ]2-2)船に乗れ! I (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする