(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 594人登録
  • 3.85評価
    • (62)
    • (95)
    • (72)
    • (10)
    • (2)
  • 62レビュー
著者 : 藤谷治
  • ポプラ社 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124000

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 第一巻の最高の終わり方、そしてこの第二巻の幸せな始まり方。
    その後の「どん底」・・・。
    自分の感情の奥深いところを揺さぶられて、しばらく立ち上がれませんでした(苦笑)

  • もう、なんか読んでて苦しい。

    きらきらしてた幸せの青春時代とその苦しさが描かれてる。
    学生時代の自分に重ねてしまう部分が多々あって、本当に読んでて辛い箇所がたくさんあった。
    外国での挫折とか、環境が変わって思い知らされる自分の愚かさとか…もう自分もこうだったーって気持ちになってヘコみます。

    音楽や青春時代を書いた小説としての面白さだけではなくて、金窪先生の哲学授業など、深く考えさせられる所の面白さもあって思い入れの深い1冊になる予感。
    なぜ人を殺してはいけないのか、についての授業のところがすごく好き。

  • 読んで良かった。
    はじめて「こころ」を読んだときと同じ読後感が、薄く漂った。
    ヒロインが気持ち悪い。狭量な主人公が語り部である所為かもしれないけど。

  • 北島先生とともに臨んだホーム・コンサートを期に距離感を縮めた津島と南。
    高校二年生となりさらに音楽漬けの日々が続く。
    新入生たちのレベルの高さに焦燥感を覚えながら、それぞれが責任のある立場でオーケストラ発表会に向けての練習に取り組む。
    だが平穏な日々は長くは続かなかった――

  • 読み始めはもったいぶった書きぶりが鼻に着いたものの、慣れると作品世界にどっぷりつかって大満足だった前巻。
    今作は最初の音楽漬けの日々が面白かっただけに、後半が失速したかな。

    若いころを振り返って書いているという体裁なので、思わせぶりになるのもしょうがないけれど、ちょっとそれが甚だしくて、5分に1回はCMが入るテレビ番組のように煩わしい。
    「この後悲劇が!」とか「それはまだ序の口だった」とか、いらないよ。
    ヤングアダルト向けだからだとしても煽りすぎだし、読み方を誘導されているようでちょっと不快。

    金持ちで音楽の才能に恵まれた主人公が、三流の音楽高校で仲間と切磋琢磨しながら、音楽の才能を伸ばしていく(ほのかな恋愛あり)。
    そんな前巻からの今作は、序破急でいうところの破。

    学校の課題に学校祭にオーケストラ発表会にイベントでの生演奏というバイトに短期海外留学。
    演奏することと、楽器を奏でることの間にある大きな違い。
    演奏レベルが上がった時に思い知る絶望的なほどの無力感。

    その辺りの描写が本当に素晴らしいのね。

    それだからこそ、恋愛のゆくえのありきたり感。
    フラグが立ちすぎて、うんざりしながらイラッとしながら読んだ。

    この先主人公は音楽までをも手放すことになるのか。
    彼女が選択した人生はわかったけれど、その時の彼女の正直な気持ちは次巻で明かされるのか。
    音楽のシーンがすばらしいのだから、音楽は捨てないでほしいなあ。津島も南も。

    作品とは関係ないんだけど、主人公のいちばん心許せる友達ってのが伊藤慧っていうんだけど、どうしてもHey!Say!JUMPの伊野尾慧に変換されて脳内にぽこって出てきます。
    だってフルート王子こと伊藤慧は、線の細い評判の美少年なんですってよ。
    美少年かどうかは評価の別れるところでしょうが、線が細いは間違いないもんね。
    ああ、また薄汚れた読書をしてしまった…。

  • クラシックをベースとする物語の世界観はそのままに、ひとつ学年が上がって高校2年生になる主人公。
    オーケストラの苦悩であったりと淡い恋であったりと、ここまではいつもの流れであったが
    留学をきっかけに歯車が狂い出す。
    なんだか歯切れが悪いし、唐突過ぎる展開について行けなかったり、哲学のオンパレードにはかなり辟易。

    Ⅲへの布石なのかもと思って頑張って読みました。

  • ↓この小説に出てくるチェロのリアルガチな盗難事件
    http://bungei-pureful.jive-ltd.co.jp/tokusetu_funeninore.html

  • チェロに打ち込みながらも彼女が出来た
    しかし、突然にどうしようもなく彼女との別れがやってきた
    主人公が傷付いていく様が痛々しい

    音楽を突き詰めていくと否応もなく自分の限界に気付く。それは考えることを学問としている哲学に似ていると思った。青春には自分を客観的にみる余裕なんて無いものだ。

  • あんなにピュアな恋だったのに、数週間ウイーン留学しただけで破局、それも妊娠 出産ってありえない~。
    日本に残った彼女に何があったのか、続編で明らかになるのかな

  • 金窪先生気の毒過ぎる・・・。 南が好きになれない。頑張っても才能があっても裕福な家庭でないからとサトルを妬むのは仕方のないことかもしれないけれど、浮気は別問題だよ。。浮気の末の恋人の妊娠は辛すぎる現実。何も分からないサトルへ周りの言動はサトルを追い詰めて孤独にさせてる。同情するけど、金窪先生に当たることじゃない。。こうなる前にサトルの周りにもっと味方(親身)になってくれる人がいたら違った結末になったのかなと思う。。そんな人が見えないので。。。 毎回、演奏シーンは熱くなる。

  • うーん、1巻にくらべて、ちと苦しい。

    1巻の冒頭からほのめかされていた
    暗鬱そうな未来がこの巻の後半から顔を出しはじめる。

    いやーな感じでここで終われない。

    とりあえず3巻を読まねば・・・!
    という気になる。

    チェロをやっている甥に勧めようと思ったけど、
    ちょっと考え直さなければならないかも(笑)

  • 読んでいてつらかった。

  • 急展開に次ぐ急展開!で、楽しめました。津島くんのことは1巻よりも嫌いになりました(笑)
    救いもなくスパッと終わったけど、果たして最終巻でどうなるやら!

  • タイトルから爽やかな青春を思い描いていたけど、予想違い。かなりダークな展開へ突入。音楽への挫折、これは本気で音楽の世界へ進むという気持ちがなければそうなんだなぁと思う。漠然とした気持ちのサトルならそうだなぁと思った。本人の意思とは別にレールにしかれて、音楽の現実を知ったサトルはかわいそうかな。続く。

  • もちろん、こんなレベルの高い話ではないけど、
    高校時代を思い出した。オケラ部。
    がむしゃらにやればできるようになる気がしていて、
    いま、もし高校時代に戻るとしたら、
    練習方法から見直して、練習を重ねたい。

    自分が下手なのをわかっていたけど、
    なんだか認めたくはなく。な気持ちもほろ苦く思い出します。まぁそれもまた青春的な?のかな。
    高校時代には、結構、後悔が多い。笑。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    北島先生とともに臨んだホーム・コンサートを期に、距離感を縮めた津島と南。高校二年生となり、さらに音楽漬けの日々が続く。新入生たちのレベルの高さに焦燥感を覚えながら、それぞれが責任のある立場でオーケストラ発表会に向けての練習に取り組む。だが、平穏な日々は長くは続かなかった―。青春の“きらめき”と“切なさ”を奏で、怒涛の展開に読み出したら止まらない青春ストーリー、衝撃の第二巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・吹奏楽・オーケストラ・文化祭・青春・高校生


    1

  • チェロ奏者を目指す男子高校生が、音楽と友人と恋人とのいろいろな希望や葛藤や問題を抱えながら青春時代を過ごす話。
    青春小説は苦手だが、ただ楽しい内容ではない本書に引き込まれた。
    音楽の世界は全く無知だが、わかりやすくて、問題なく読めた。
    主人公によって苦い思い出となって語られていく形式だが、読後はすがすがしく読んでよかったと思える作品である。

  • 後半がまさかの展開。
    予想していなかっただけに唖然。
    音楽をやらないから、南の気持ちが全く理解できず唐突すぎてびっくり。サトルもどうなの?
    留学中はなかなか良かった

  • 資料ID:C0034333
    配架場所:本館2F文庫書架

  • こんな展開になるなんて。辛すぎる現実がある中で、主人公はどう音楽に向き合っていくんだろう。

  • バッハ無伴奏
    ハイデルベルク
    やはり哲学

  •  南の妊娠と、金窪先生の最後の授業まで。3巻へ続く。

     妊娠…ですか。まさかそういう展開になるとはなあと、ちょっと溜息。
     もともと今の僕がかつての僕を振り返っている体で書かれているわけだから、津島サトルがチェロを諦めるのだということははじめっから分かっていたことで、だから、その件に関するフラグは順調に回収したけど…まさか、彼の恋がこういう形で終わるとはなあ、と。
     ドイツへの留学や、音楽について、あるいは南について、どこを読んでいても辛くなった。救いがあると良いのだけれど。

  • 続きものと知らず1巻を読んだので2、3巻を図書館で借りてきました。
    2、3巻は一緒に借りて良かった。とりあえずすぐに3巻を読もうと思います。

    読んでいて青春時代がまぶしいほどきらめいていて明るくて楽しいだけの日々だった人もいるだろうけれどもそうじゃない人も多いんだろうなあと改めて思いました。自身を振り返ってみれば頭でっかちで世間知らずでそのくせ物事を分かったような気になっていた鼻もちならない自信家の可愛げのない子どもだったことをこっぱずかしく思い返します。ですがそんな過去の自分を私はそれほど嫌いではありません。なので1巻から繰り返し作者が若かりし自分を貶めるような表現で書くのを不思議に思っていたのですがその理由が分かる巻でした。続きは読み途中!

  • 青春してます!
    でも、Ⅰが良すぎて、期待が膨らんだだけに、ちょっと残念。

全62件中 1 - 25件を表示

(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[ふ]2-3)船に乗れ! II (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

北島先生とともに臨んだホーム・コンサートを期に、距離感を縮めた津島と南。高校二年生となり、さらに音楽漬けの日々が続く。新入生たちのレベルの高さに焦燥感を覚えながら、それぞれが責任のある立場でオーケストラ発表会に向けての練習に取り組む。だが、平穏な日々は長くは続かなかった-。青春の"きらめき"と"切なさ"を奏で、怒涛の展開に読み出したら止まらない青春ストーリー、衝撃の第二巻。

ツイートする