快晴フライング

  • 141人登録
  • 3.78評価
    • (12)
    • (37)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 古内一絵
  • ポプラ社 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124178

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

快晴フライングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分のことしか考えられなかった主人公が、なりゆきで、超個性的で、能力もバラバラな部員をまとめるはめに。そのうちに、他の部員のことも考えられるようになり、部員も成長していく…
    ありがちな筋なのですが、久々にすっきりとしたお話に出会いました。キーパーソンの性同一性障害の少女だけでなく、周りの部員達もそれぞれ抱えているものがあり、それがきちんと最後には納得できるかたちで語られる。
    うまく話が進みすぎやろ!と思う人もいるかもですが、YAには、人を信じられる話を私は求めているので、大好きな本になりました。

  • シャールさん脇役なのに主役食っちゃってる(´⊙ω⊙`)

  • 青春ど真ん中。龍一はあまり好きじゃないキャラだなぁ…と思った中盤まで。こんなメンバーで大会とか無理だし、そもそも水泳部としても成り立たない、と思うのにそこは何とかなるお話の中♪シャール登場で一気にテンションあがって、物語も面白くなるわけで。マカンマラン読まれてからをお勧めしたい☆苛める子って…親は、家庭はどんなんなんだろう。と素朴な疑問。親友の死を乗り越えて、どうしようもなかった柳田先生も龍一も、個性豊かな水泳部のそれぞれも。みんなみんながハッピーな終わりに大満足です。

  • 『マカン・マラン』のレビューで紹介されていたので出会えた一冊。sateさんありがとう!

    水泳部の部長で、部員たちの精神的支柱だったタケルが、交通事故で亡くなった。
    タケルの幼馴染で共に水泳部員の龍一と敦子には、退部していく後輩たちを留めることが出来ず、水泳部は廃部の危機に。
    徹底して個人主義だった龍一。そして、タケルを喪って以来、常に喪章をつけていた敦子。そして残った、ろくに泳げない後輩たち。
    水泳部存続のために奔走するうちに、謎のスイマーと出会う。その正体は、龍一のクラスで孤立している美少女・襟香だったのだが…


    ありのままでいたい、ありのままの自分を受け入れてもらいたいという、人としての欲求と、思春期…とひとくくりにしたくはないけどそうとしか言いようがない…のエネルギーが、綺麗で、眩しい。

    『マカン・マラン』より、少し前のシャール、ジャダ、柳田が登場。
    完璧に見えるシャールも、やっぱり子供だった時もあったということが、しみじみ嬉しい。

  • この手のものではもう心が揺さぶられない自分...

  • 同じ登場人物が活躍する『マカン・マラン』を先に読んでいたので
    もう一度会いたいなと思っていた人たちの再登場に心躍らせながら読みました。
    少しでも異質なモノは、容赦なく弾き飛ばす今の世の中で
    救いとなる人や場所を求めている人はたくさんいるのだろう。
    そんな人たちに向けられる作者の暖かい眼差し。。。
    なるほど、マカン・マランのあの癒しの源流は
    ここにあったのか。
    思慮深さよりも熱い思いが先走ってしまうがための、
    青春のフライング。
    前のめりに生きることなど、もうほとんどなくなってしまった私には
    懐かしくて少しうらやましい物語でした。

  • 自己中心的な主人公が自分が大会に出場したさで、大半が泳げない少数の部員の水泳部の主将となり、個性的な部員たちと接しながら成長してしく青春ストーリー。そこに、「友人の死」「アフリカからの留学生」「性同一性障害」「ドラァグクイーン」などの深いエピソードを絡めつつ、読み応えのある青春モノとなっています。中学生が自分自身と戦い、苦悩しながらともに水泳に打ち込み、喜びを見出す姿はとても清々しかったです。この少年少女達の支えとなるドラァグクイーンのシャールを主人公にした作品もあるということなので、こちらもぜひ読んでみたいです。

  • 読んで良かった。とっても読んで良かった。泣きすぎて喉が渇く。

  • 夏にぴったり。久しぶりに泳ぎたくなった。

  • トランス・ジェンダーが身近に感じられる作品
    青春!青春!!仲間っていいね
    泳ぎたくなった

全36件中 1 - 10件を表示

快晴フライングに関連する談話室の質問

快晴フライングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

快晴フライングを本棚に「積読」で登録しているひと

快晴フライングの作品紹介

主将を交通事故で亡くし、勢いを失った弓が丘第一中学水泳部。やる気のない顧問の教師から廃部を詰め寄られた代表選手の龍一は、「水泳部を再建して、メドレーリレーで大会優勝してみせる」とタンカを切ってしまう。けれど残っていたのは、飛び込みも息継ぎもできないような、ダメダメ部員ばかり。メンバー集めに奔走する中、人魚のように泳ぐ謎の美少女が彼らに希望をもたらすが…。大人と子供、ジェンダーの壁にぶつかりながら、痛みとともに成長していく新たな青春小説の傑作。第5回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作。

ツイートする