([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)

  • 7739人登録
  • 4.02評価
    • (834)
    • (969)
    • (543)
    • (88)
    • (21)
  • 823レビュー
著者 : 森見登美彦
  • ポプラ社 (2011年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124215

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有川 浩
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 手紙の形式で書かれたユーモア小説。
    京都から臨海実験所に飛ばされた大学院生が、いろいろな相手に手紙を書き続けるが‥?

    守田一郎は大学院生。
    教授の命令で、能登の研究所で実験にいそしむことになります。
    近い駅は無人駅で、人と会うことも少なく、失敗しては先輩の谷口に怒られる日々。
    この際、文通の達人になろうと豪語して、さまざまな相手に手紙を送りつけます。

    恋に悩むアホな後輩。
    さんざんからかってくる怖いお姉さんだった先輩。
    女子高生で、しっかり者の妹。
    作家の森見登美彦。
    家庭教師をした生徒だった見どころのある男の子。
    何度も恋文を書こうとしながら失敗を重ねて出せないでいるお相手。

    手紙の進み具合で、相手が何をどう書いてきたのかがわかり、行き違いで事件が起きる様子もわかるのが面白い。
    ちょっとした言葉遊びにニヤッとしつつ、のんびり読み進むと、たまに爆笑ものの事件がおきます。

    饒舌で愚痴っぽく、かなりアホで、根性も決まってないわりにプライドもちょっと邪魔をするけど、人懐こくて人がよくて、感情丸わかりで、あれこれ考えつき、面白いことを言わずにいられない。
    これを読まなくちゃならない、ということは別にないんだけど~
    笑えます。
    恥多き青春の迷い多きひとこま。
    たまに、ごくまともなアドバイスがあったり。
    気楽に、お楽しみください☆

  • 京都の大学から能登半島のクラゲ研究の実験所に飛ばされた大学院生、守田一郎。
    僻地での無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住んでいるかつての仲間たちに手紙を書きまくる。
    友人の恋の相談にのったり、先輩の女帝に戦いを挑んだり、作家としたデビューした先輩の森見登美彦氏に恋文の技術の伝授を頼んだり・・・彼の悪戦苦闘は、ここに始まった!

    すべて手紙だけで構成されている書簡体小説。
    しかも守田一郎が一方的に送りつける手紙だけが並べられているのですが、いろんな相手に書かれるその内容から、起こった出来事や人間関係を類推することができます。

    森見ワールドのいつものごとく、今回もへなちょこ非モテ理系男子が空回りしながら周りを巻き込んで疾走しまくります。

    この守田という男、相手によって手紙の内容を書き分け、同じ出来事を自分に都合よく内容を粉飾させたり、詭弁妄言を繰り返したり。
    強き者には卑屈になり、後輩や家庭教師をした少年には偉そうに説教したり、ネガティブオーラ満載の、非常に面倒くさい男。

    でも、迫りくる就職に怯え、ほのかな思いを抱いている女性への手紙を何度も失敗し続けていることがわかるあたりから、なんとなく愛らしく思えてくるから不思議です。

    終盤、恋文の技術について一つの結論に達し、一皮むけた守田。
    大文字からたくさんの赤い風船を放つという、青春の終わりを予感させる、幻想的で静謐なエンディングが素晴らしい。
    思いもかけず(笑)、前向きな気分になりました。

    大塚女史との京都と能登をまたにかけたバトルが、一番面白かった!

  • ひとつの作品の中でこれ程「おっぱい」という単語を目にしたことはかつてないことでした。「おっぱい万歳」とかホントくだらない……けど、可笑しい。守田一郎君がアホ可愛い、私が先輩でもきっとイジリ倒していると思う。そんなアホ可愛い大学院生に最後にはホロリとさせられました。小学生の頃、文通めいたことをしてワクワクしたことを思い出し、その一方で今の子供達はそんな経験をしているのかなあと少し心配になりました。老婆心ながらメールともLINEとも違う楽しさがあると知って欲しいなあ。ああ……私も高等遊民になりてぇ。

  • この本のテーマは恋文ですよね。たしか。
    しかし、読んでも読んでも一方的でひねくれたお手紙しか出てこない。
    だけど、読んでいくうちに、主人公守田一郎をとりまく人々の状況がだんだん明らかになってきて、お約束どおりのハチャメチャな展開になっていて、大いに笑えました。
    森見さんの描くキャラクターは小憎らしいのに、なぜか憎めないのです。

  • 森見登美彦による書簡体小説。
    都落ちしたヘナチョコ大学院生が、能登から京都の知人達に宛てて乱射する弾丸のような手紙の数々。主人公のひねくれぶり迷走ぶりに、爆笑あり失笑あり含み笑いあり。なのに最後はジーンときちゃう。

    私が読んだ森見作品の中ではダントツの1位に躍り出ました。
    1人の作家がその作家人生の中で1度だけ許される手法に立ち合っちゃった感じ。

    友人・先輩・元教え子・妹等、「誰々宛」で分けられた章立てが面白い。
    尊大に構えたりへりくだってみたり、相手によって絶妙に書き分けられる文体。主人公のテンションの上がり下がりの整合性。時間の流れは前後するし、同じ出来事が何度も語られるんだけど、重ねた分だけ厚みが出るようでした。

    手紙の1通1通に、書き手の人柄がにじみ出てはいる。
    ところが少し離れて手紙全体を眺めると、巨大なモザイクアートのように「守田一郎」像が見えてくる。

    己が過去に書き散らかした手紙や頂いた手紙の事を思い出して身悶え。だけど何だかまた書いてみたくなってしまいますね。

  • 虚勢とか見栄とか媚とか情けなさとか

    人間らしい可笑しみに溢れていて
    あきれて笑ってしまう。
    人ってそういうところが必ずあってカッコ悪いなー自分とか思っているんだけれど
    そんなどうしようもない情けなくて阿呆な自問自答を
    カタい真面目な文章で書き綴る森見さんの作品には
    情けなさのなかに可愛らしさや愛おしさがあって素敵だ。

    特にこの作品は、守田一郎という人物を、彼の手紙から多角的にみることができて(相手の返信は記載されてない)
    主人公である守田氏を、とても愛おしく感じるのです。

    伊吹さんへの手紙を試行錯誤したうえでのラストが素敵。

    『僕の場合、わざわざ腕まくりしなくても、どうせ恋心は忍べません。ゆめゆめうたがうことなかれ。』

    わたしも恋文の技術、学びたいと思います。

  • やっぱり森見さん。
    手紙という形をとっていても、あの独特の面白さがあっていいです。
    すべてが主人公の書く手紙だけでできているのに、主人公と周りの人の関係や、相手からの返信を想像したりすることもでき、読んでいてとても楽しいです。(朝、教室で読んでいて、思わず1人でふきだしました。)
    いつものちょっとダメダメな感じの大学生、という設定も変わらず。なのに全然あきません。

    それにしても、「ラブリーラブリー」のくだり・・・
    あれを思いつく森見さんはすごいと思います。

  • 拝啓
    守田一郎様
    あなたが書いた色々な方との手紙のやりとり拝見いたしました。
    どんだけオッパイが好きな方なんでしょ
    どんだけの人を千尋の谷に落としたんでしょ
    あなたの有り余る文才に目が点になりデジタル化が進みすぎている社会に反発し手書きの手紙を書いてみたくなりました。
    あなた本人は笑わせるつもりはないと思いますが大笑いです。
    自分を客観的に見て本を片手にニヤニヤ笑っているおっさんが不気味でしょうがありません。
    本当にあなたと文通がしてみたくてたまらなくなりました。
    一言助言を
    守田さん、あなたは研究者には向いていません。
    いますぐやめて物書きになりなさい。それでは。

    と、オッパイ大好き守田一郎氏が
    同僚、恐ろしい先輩、妹、以前家庭教師をしていた生徒、森見登美彦氏とのやりとりの手紙の内容を載せた書簡集。
    嫌味のない人を小馬鹿にした内容がとにかく面白い。
    「静の笑い」が堪能できます。
    森見さんの本は初めてでしたが人気の高さがよくわかります。
    早くも次読む本を探しています。

  • 読後のえも言われぬ満足感、充足感。昨今の手紙離れ確かにある。でもそれが普通でなんとも思わなくなってきている。メール、ショートメッセージ、好いている相手に送る時はそれなりの昂揚感は感じられるかもしれないが、そこまでだ。幼い時、手紙の書き方を学校で習った。それから親戚、知人、たしかに手紙を書いてきた。もう届いたかな、返事くるかな。その楽しみは電子ツールでは味わえない。一番純粋な手紙とは、なんでもないことを書いて、風船で飛ばす手紙だと筆者は語る。忘れていた気持ちが赤い風船に運ばれたやってきた。文通、始めたいな。

  • 至極恋文を書きたくもなり、ともすれば森見調に引きずられてしまう。氏の本の中では一等軽妙で、幾度でも読み返したい本である。

  • 京都の大学院から遠い実験所に飛ばされた大学院生・守田一郎が、友人たちに書きまくった手紙で構成された話。
    守田からの手紙だけで相手の返事は一切なく、想像するしかないが、多くの個性的な友人知人身内たちに囲まれて、罵倒されつつ愛される守田の人柄が浮かんでくる。

    友人・小松崎智也への手紙は「わりと普通」と思ったが、院の先輩・大塚緋沙子への手紙で不穏を感じ、小学生・間宮くんへの手紙で家庭教師のアルバイトの過去などを知り、小説家・森見登美彦先生への手紙で作家との意外な繋がりを知り、妹・薫への手紙で兄の偉大さ阿呆さを含んだ悲しい過去を知り、卒業した友人・伊吹夏子さんへの失敗書簡集から彼の密かな強い思いを知った。それ以前にもあちこちで出てるけど。そして他の人が書いた手紙もきっと全部…手が込んでいる。

    伊吹さんへの手紙。これを読んで、伊吹さんはどんな返事をしたのだろう。どんな気持ちになったのだろう。私はいままでのことからちょっとうるうるしてしまった。やっと書いたか。一郎よくやったね一郎。

    そして手紙こそ書いてないが、能登での教官、鬼軍曹・谷口さん(現実に身近にいる人なので手紙を書くのは不自然)。良いキャラ。彼の罵倒なしに守田一郎が恋文を書くという勇気は出し得なかったであろう。あとイジワルな大塚さん。彼らもなんというか、親心みたいなものかねぇ。能登鹿島の実験所に送った教授に次いで。

    森見さんの「魂の保湿」って表現が良い。

  • 男子のコンプレックスをくすぐるのはいつも女子だと思う。
    そして、男子がコンプレックスを脱ぎ去ろうと決意するきっかけもまた女子だと思う。
    コンプレックスを脱ぎ去るために傍から見ればアホとしか思えないような修行に励むのだ。
    本作も森見氏独特の御都合主義に塗れながら、せっせとアホな修行に励む男子の滑稽でどこかせつない物語だが、なんといっても物語の締め方が秀逸。
    守田一郎氏の幸せを願わずにはいられないのだ。

  • 森見登美彦初の書簡もの。
    研究島流しに遭い、七尾で研究している京大の大学院生が京都の知人・友人に宛てて手紙を書きまくる。しかしこの小説、主人公からの手紙以外はほとんど出てこず、話が進んでいく。

    アホというか内容な大してないような事柄に対して重厚な言い回しを活用してあたかもすごいことをいってるかのように錯覚させてくるような小説。

    笑えます。

    おっと思ったこと。

    恋文を書くときは恋文を書くつもりで書かないこと。

    手紙が書きたくなりました。

  • 拝啓。
    面白過ぎて、電車の中で吹き出してしまいそうになり、歩きながら思い出し笑いでニヤニヤが止まらないこの有様。
    いったいどうしてくれるのですか。
    責任を取って下さい。
    森見登美彦様

  • 森見ワールド満載な書簡体小説!

    やっぱり森見さんの作品は雰囲気、言葉遣いがすごくわたし好みです。
    爆笑とまではいきませんが終始にやにやしながら読めます。

    なんと言っても、守田一郎がすごく良いです。ひねくれ者で毒を吐いてる割にすごく良い奴だし、非リアに見せかけて充分にリア充(笑)
    たくさんの人に手紙を書いているのに、肝心の想い人にはなかなか手紙を出せないって所が可愛いです(笑)

    守田一郎からの手紙のみなので、相手からの返信が自由に想像出来て楽しかったです(*^^*)

  • 熱心に読んだところで特に得る教訓はなく、
    要するにおっぱい万歳ということである。

  • タイトルから淡くて甘いカルピスの様な話かと思うかもしれませんが、これは言うならばカルピスソーダです。偏屈で卑屈だが不屈の闘志を持つ男・守田が書く、絶賛愉快で猥談上等、屁理屈詭弁と荒唐無稽をねり消しの様にこねくり回す文筆の数々をお贈りされます。

    手紙の文で全編が構成される独特な内容で、書き手もまた奇人変人なので面白おかしく読めます。まさかの実在人物も小説内で登場するので、思わず「お前でるのかよ!」と、ビックリしました。果てしなく自由で、それこそ高等遊民のような本書です。

    本書は「夜は短し歩けよ乙女」や「四畳半神話体系」と合わせて読むとより楽しめますが、本書が初めてでもまったく問題はありません。百聞は一見にしかず、森見ワールドへウェルカム。

  • 森見氏らしい書簡体小説。ニヤっと、ときにはぷぷぷっと笑える独特な古臭い文面が楽しかった。
    私もどうでもいい、なんでもない手紙を誰彼へともなく書いてみたくなった。

  • 最近珍しい書簡集(フィクション)。語弊があるかもしれないが、一流の悪ふざけは何故こうも楽しいのか。

  • 「恋文というのは、意中の人へ差し出すエントリーシートでしょう。就職といい、恋人といい、僕にはエントリーする能力が根本的に欠けているのだと思います。」

    これは、とある院生が、「あらゆる女性を籠絡できる恋文の技術」を求めて、5人の文通相手と交換した手紙の記録である。

    はっきり言おう。
    男に生まれて来なくて良かった。本当に良かった。と、森見さんの本を読むと心底思うのである。

    「おっぱいに振り回されすぎ」。この一言に尽きる。

    阿呆だ。森見さんの書く男性はリアルに阿呆だ。
    しかし、何故だかその阿呆を可哀相に思っている内に、その「可哀相」が「可愛い」に変わってしまうのである。おお、森見マジック。
    男は愛敬。
    森見作品の男には、愛嬌がある。だから読者達は、主人公の恋路を応援してしまうのだ。阿呆なのに。阿呆のくせに。

    夜中にバカ笑いしたい人にオススメする。本当に面白い。

    そして出来れば、『夜は短し歩けよ乙女』の後に読むと、より楽しめること請け合い。

  • 夫が唐突に買ってきた1冊。「たまには軽いの読むといいかなと思って」と言われたが、私の読む本の大半はそんなに深刻なものでも学術的なものでもなく、端的に言えば軽い。でも、この本は本当に軽かった。ギャグマンガ的小説とでも言えばいいだろうか。続きを読まずにいられないミステリーでもなく、しばらく読まないと内容を忘れて前の部分も読み返さないといけなくなるような専門書でもなく、暇な時間に1章ずつクスっと笑いつつ読める本である。そして言わずもがな、恋文の技術など身につくはずもない至高の1冊である。

  • ほんっとにおもしろかった、これは笑った
    一番おもしろかったのは失敗作集みたいなところ、ほんとうに酷すぎて…あの文章思いつくのは頭柔らかいとしか…

  • 主人公が出した手紙だけで構成されている。
    それなのに、どんな返事がきたのか、
    わざとらしく感じさせないのは
    さすがだなぁと思う。
    思わずにやりと笑ってしまうのは、
    作者ならでは。

  • 京都から能登鹿島臨海実験所へ送り込まれた大学院生が文通武者修行に励み、“どのような乙女をも、たちどころに惚れさせる「恋文の技術」を開発(p103)”しようとする、書簡体小説です。
    今日、手紙を書くことはほとんどありませんが、文通がしたくなる物語でした。

    “相手に話しかけるように手紙を書いていく楽しさであるとか、相手の返事を待っている間の楽しさであるとか、いざ返事が届いて封筒を開けるときの楽しさとか、手紙を何度も読み返す楽しさとか(p333)”、とにかく文通の楽しさが主人公の手紙から伝わってきました。

    “どういう手紙が良い手紙か。(p337)”主人公がたくさん手紙を書き、考察を重ねた結果、“伝えなければいけない用件なんか何も書いてない。ただなんとなく、相手とつながりたがってる言葉だけが、ポツンと空に浮かんでいる。”、“風船に結ばれて空に浮かぶ手紙こそ、究極の手紙だと思うようになりました。(p337)”
    私も、どうでもいい、なんでもない手紙で、世界平和に貢献したくなりました。

    また、主人公守田一郎流「恋文の技術」について、“コツは恋文を書こうとしないことです。僕の場合、わざわざ腕まくりしなくても、どうせ恋心は忍べません。(p339)”と書いている主人公を、可愛らしく思いました。伊吹夏子さんへ、想いが届いてほしいです。

  • 森見登美彦の書く阿呆学生はすばらしいな。
    森見作品の中でもトップクラスに良かったぞ

全823件中 1 - 25件を表示

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)に関連するまとめ

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)の作品紹介

京都の大学院から、遠く離れた実験所に飛ばされた男が一人。無聊を慰めるべく、文通修業と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。文中で友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れるが、本当に想いを届けたい相手への手紙は、いつまでも書けずにいるのだった。

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする