メロウ (単行本)

  • 38人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : せなけいこ
制作 : せなけいこ 
  • ポプラ社 (2011年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (38ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124352

メロウ (単行本)の感想・レビュー・書評

  • 「人魚と酒盛りしてツブしあう絵本だよ!」と娘からすすめられて一目で気にいってしまった。
    人魚とはいってもアンデルセンやらマーメイドではなく、マナティとかジュゴンのほうね。
    アイルランド民話で、魂を救う(解き放つ)という美しいおこないの話なんだけれど、飲み会シーンの印象が強くて、楽しいぞ!
    この飲み会、まぜてほしいわ。
    ブランデーより強いというポーティ酒とはなんだろう?
    ポルト酒とかポートワインとかだろうか?

  • 978-4-591-12435-2 38p 2011.5.? 1刷

  • *こちらのレビューで知りました。ご紹介ありがとうございました。

    不思議なおじさん人魚が登場するアイルランド民話を、絵本作家のせなけいこが再話し、絵本にしたもの。

    海に住む、メロウと呼ばれる魚人。
    不思議な力を持ち、怖いところもあるけれど、どこかユーモラスで親しみやすい。
    さびしい海岸に住む漁師のジャックはある日、メロウと知り合いになり、海の底のメロウの家に招待される。
    メロウに借りた赤い三角帽子をかぶれば水の中もへっちゃら。
    着いた先の海底には水はなくメロウのきれいな家が建っている。
    メロウは大の酒好き。蓄えた上等のブランデーやたくさんのごちそうでジャックをもてなしてくれる。
    ジャックは不思議なものに目をとめる。エビを取る籠のようなものがいくつも並んでいるのだ。メロウに聞いてみると、海で溺れた漁師の魂を閉じ込めているのだという。
    家に帰ったジャックは囚われた魂が気の毒で忘れられない。でも気のいいメロウとの友情も捨てがたい。そこでメロウの機嫌を損ねずに魂を救うため、一計を案じる。

    漁師とメロウの種を超えた(?)交流がほほえましい。
    異世界を行き来する話で、人間とメロウには厳とした違いがあるのだが、両者を隔てる垣根が低い感じ。
    著者作画のメロウはバカボンのパパ風の髭を生やしたオットセイのよう。
    巻末の本作と絡めた思い出話も楽しい。


    *作者が幼い頃に慣れ親しみ、本書の元となった「魂の檻」(クロフトン・クローカー)が収録されていたのは『アイルランド童話集』(ウィリアム・イエイツ/編・山宮允/訳・金正堂/発行)だそうですが、こちらは絶版の模様。岩波で同じ訳者の本(『アイルランド童話集 隊を組んで歩く妖精達―其他』)が出ています。
    手元にあるちくま文庫の『ケルト妖精物語』(イエイツ/編、井村君江/編訳)にもメロウの解説と「魂の籠」(やはりクロフトン・クローカーによるもの)と題されるお話があります。おそらく内容は同じだろうと思われます。
    こちらのメロウの解説によれば

    男のメロウは、(中略)歯が緑で髪も緑、目は豚のようで鼻は赤いが、女のほうは美しく、魚のような尾を持ち、指の間にはアヒルのような水かきがある

    そうなので、男のメロウは不細工、女のメロウは美人と相場が決まっているのかもしれません。子どものメロウはかわいいんですかね?

  • 初め浦島太郎みたいな話かと思ったけど、全然違ってほのぼのと暖かかった、私もアイルランド行ってみたい!

  • アイルランドに伝わる人魚「メロウ」の物語を、せなけいこ氏が再話と貼り絵で描いた作品。
    メロウっていう位だから、綺麗な女性の人魚が出てくるかと思ったらトドみたいなおじいちゃんのメロウが出てきてびっくりした。
    アイルランドで伝わる人魚って女性は美麗だけど、男性はブタみたいに醜いと言われているらしいから忠実なんだろうなぁ。
    話自体は友好的なメロウと漁師のジャックが海の世界で食事会をしたりと、どことなく浦島太郎のような筋立て。
    元になった話はウィリアム・イエイツの「アイルランド童話集」の呑んべえの人魚の話らしい。

  • アイルランド民話。

    お酒好きのメロウ。

  • H23年 9月 3-1

全7件中 1 - 7件を表示

メロウ (単行本)の作品紹介

アイルランドのかいがんに、ジャック・ドガティーというりょうしがすんでいました。そこはさびしいあらうみのそばで、ちかくにだれもすんでいませんでしたが、アザラシやカモメや-そしてもっとふしぎなものがいたのです。アイルランドに昔から伝わる人魚のはなし。

メロウ (単行本)はこんな本です

ツイートする