(P[つ]1-3)浪華の翔風 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 19人登録
  • 3.78評価
    • (4)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 築山桂
  • ポプラ社 (2011年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124512

(P[つ]1-3)浪華の翔風 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 主人公他魅力的なキャラが出てくるのですが、生かしきれてない印象。何となく全体が硬いかなという感じ。

  • 文政の大阪。
    大塩平八郎の部下 芹沢藤九郎は由比政十郎にはめられ切腹してしまう。
    死んだと思われていた藤九郎の娘 芹沢あやは、大阪城代 大久保教孝の影となっていた。
    そんな時、城の堀に死体が浮かび、回収しようとする鬼面の一団が現れる。
    あやは一団の長の面を割りを退散させる。
    鬼面の長は女と見間違う美貌の青年だった。
    堀に上がった死体を調べる あやだが、事件はやがて10年前に父が調べていた事件とつながっていく。

    築山桂さんのデビュー作。
    当然のように「緒方洪庵 浪華の事件帳」 シリーズの在天別流も出てくる。
    弓月王メインの話なのかと思ったら、赤穂屋や左近殿も登場。
    小説のイメージでは弓月王は、TVドラマ浪花の華みたいに完成されてはいない人物と作者語っていたけど、ここで出てくる弓月王のイメージだったんだと思う。

  • 築山作品の女の子主人公は本当に健気で、ついつい応援したくなってしまう。大坂に生きる人々と影ながら町を見守る闇の一族“在天別流”、些細な事件がやがて思いもよらぬ規模に発展していくストーリー展開――。デビュー作にして既に、築山桂の作風が確立されています。クールなイメージが付き纏う弓月王もやはり人の子といった感じで、他シリーズではお目に掛かれない人の好い部分が垣間見られて満足です。作中で触れられている“3年前のキリシタン事件”に心当たりがあったので確かめてみたら、思ったとおり『遠き祈り』のエピソードでした。

全3件中 1 - 3件を表示

(P[つ]1-3)浪華の翔風 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

(P[つ]1-3)浪華の翔風 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

(P[つ]1-3)浪華の翔風 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする