(P[に]2-4)子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 92人登録
  • 3.92評価
    • (6)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
  • ポプラ社 (2011年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124529

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[に]2-4)子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 若竹七海さんが仁木さんの「こどももの」の中から選んだ短編作品集。書籍初収録作品に惹かれ購入。作品が古いため多少表現に違和感を感じる部分はありますが、それがなければ現代の作品と言われても違和感ない新鮮さがあり、再読でも楽しめました。暗い描写の内容でも、あまりそれを感じさせないのが仁木さんの魅力だと思います。

  • YAミステリ傑作選ではありますが、内容は意外と人は容赦なく死ぬし(小学生の子供が第一発見者になったり)、黒い動機だったりと、ライトな読み口の中にドロドロしたものが含まれてて大人でも読み応えバッチリです。
    短い作品ですが「やさしい少女たち」が好みでした。

  • 著者の「子どももの」の短編集ということで軽い気持ちで読み始めましたが、なかなか毒が利いており良質なミステリーでした。
    子ども時代を懐かしく思うとともに、「そうそう、こんな風に憤りや苦しみも感じていた」と思い出すことが多かったです。無邪気で楽しいだけではない子ども達が描かれています。


    【一匹や二匹】2匹のねこを拾ったことから事件に巻き込まれる2人の少年。貰ってくれる人を探すため努力する2人ですが、やっぱりいいや、と返されてしまったりと捨て猫に対する人々の冷たさと厳しさも感じてしまいます。
    2人の目撃者というちょっとした捻りや、鍵の隠し場所など子どもでも無理のない推理と展開も良い。最初から最後まで猫がキーとなっていて綺麗にまとまったのもうれしいです。

    【うす紫の午後】これはびっくりしました。ひとつ前の話「一匹や二匹」の少年が活発でしっかり者だっただけに、主人公の女の子の見当はずれな行動に物足りなさを感じていましたが、それもひっくり返されてしまいました。
    似た境遇にある千加と小夜子の昏い心の内が、思わぬ真相へと繋がります。

    【誘拐者たち】軽い気持ちでやったことが大事になってしまった時の後悔というのは、覚えがあるだけに苦しい。猫を愛するおばあちゃんが可愛くて可哀想。

    【倉の中の実験】舅と嫁問題、介護、というようなドロドロした関係がなんとも嫌な感じです。おじいちゃんが可哀想で辛い。
    おじいちゃんの本への愛が詰まった暖かくも恐ろしいお話でした。
    マジックのようなネタはおもしろいです。

    【花は夜散る】母の殺人容疑を晴らすために奔走する小学生の息子・正樹。正樹が小学生ながら必死に考え、調査し、着実に真相に迫っていく過程が丁寧です。
    知らない人に勇気をもって話しかけたり、電車に乗るのを躊躇ったりという子どもの視点が健気。
    「一匹や二匹」で登場した究介と彼のちょっとした友情の話もとても良い。
    母を助けようとする子どもの活躍を描いた暖かい話ながら、良質なミステリーでもありました。

    【やさしい少女たち】少年たちが主人公のお話と違って、少女たちは暗く残酷です。
    しかし、こういった殺人方法は好きなのでおもしろかったです。確実ではないものの、復讐としては陰険で良いと思います。
    タイトルからしてちょっと怖いです。

    【影は死んでいた】窓から目撃した殺人。しかし現場に行くと何事もない…。楽しいシチェーションです。
    今度は兄の為に妹が奔走します。「花は夜散る」の桜木くんも活躍。
    本当なら調べたらすぐにわかるような事をしでかすことに疑問がわくのですが、これは犯人がこういった方法をとった理由に説得力がありました。
    最後の兄と妹の姿も微笑ましい。勉強が好きなお兄ちゃん素敵です。

  •  子どもが主人公のミステリー短編集。小学生のころ、仁木悦子の短編を読んで印象深かったという若竹七海が編集。
     子どもといっても、小学生から高校生まであり、ケースも様々。携帯もテレビゲームもない昭和の時代が舞台なのに、少しも古臭く感じない。今更ながら、仁木悦子ってスゴイ!!

  • “「そら、このクモの絵をじっと見るんだ」
    おなかの前のところに、絵をかいた紙を持って、あたしに見せるようにしながら、
    「じいっと見て。目を離すんじゃないぞ。そうら、クモがだんだん大きくなる、大きくなる。——」
    ゆっくりそう言って、手に持った紙を輪をかくようにまわし始めた。うずまきと一緒にクモが輪をかいて動くのを見ると、へーんな気分になってくる。
    「そうら、クモが——大きくなる。——クモが——大きくなる。——フーちゃんにとびかかる」
    あたしはぞくぞく寒気がしてきた。それといっしょに、なんだかばかばかしくなってきた。
    ——催眠術だ。催眠術にかけようとしてんだわ。
    と、あたしは思った。怖がり屋のユリならかかるかもしれないけど、あたしは科学的なんだ。女の子は大てい理科と算数が苦手なんだけど、あたしはクラスの女子の中では、理科も算数もいちばん得意なんだ。こんなばかみたいな実験にのせられてたまるか。
    「へえんだ。催眠術になんか、かかんないわよだ。さよなら」
    あたしは、笑いだして、すたすたと出て来てしまった。篤夫さんは、ぽかんと間の抜けた顔をして立っていた。”

    子供が主人公のミステリ短編集。
    子供ならではといった感じの薄ら寒いのもあったり。

    “「正樹。ママは警察から帰されて来たか?」
    新聞かテレビで見たとみえて、パパはいきなり聞いた。
    僕は、くびを横にふった。
    「ばかな女だ」
    パパは、ソファーに深く腰をおろすと、つまようじでもぷっと吹きだすように言った。
    「パパは、ママが加治さんを殺したと思うの?」
    僕はやっと言った。がまんしていた涙のかたまりが、のどに突きあがってきた。でも、パパは言った。
    「そうは思わないよ。そんなことはあり得ない」
    「ほんとに?」
    「ああ。ママは、ばかで意地っぱりな女だ。が、人を殺すことは絶対しない」
    うれしかった。からだの中に力が出てきた。屋代さんも、究介のお母さんも、田川さんも、みんなママが犯人でないと言った。でもそれは、僕をなぐさめるために言ってるので、心からそう思っているのかどうかはわからない。——という気がしていた。
    でも、パパは違う。離婚したといっても、ママの性質やなんか一ばんよく知ってるのはパパだから、パパが犯人じゃないと言ったら、それはほんとなんだ。
    「話してみろ、正樹。いったいどういうことなんだ」”

  • 通俗的なミステリーとはひと味違う仁木悦子ワールド

  • 初出が3、40年前の短編7編ですが、さして古さは気にならずスイスイ読めました。
    なかなかおもしろかったので、他の作品も読んでみたいと思います。
    仁木さんの本を初めて読む私には編者後記がとても参考になりました。

  • 大好きな仁木悦子の作品を、まあまあ(笑)好きな若竹七海がチョイス。いいねえ。
    子どもが主人公の作品集だからってかわいいばかりじゃない。無垢で純真なだけが子どもじゃないよ。

  • 「子どももの」というのでほのぼのムードかと思いきや、案外クールな目線…いやクールというか客観的なのか。子どもの頃って、ピュアな分容赦がなかったりするもんなぁ。
    文章も柔らかいけどベタベタしてないし、出てくる感情が身近でうまい!古くささを感じずに読めます。ちょっと話が逸れるけど、少し前の日本の隣人との距離感てこんなだったのかもしれないと思ったり。行き来は繁くても、人は人、うちはうち、ってさっぱりしてる。作者の気質かな

  • 読了、85点。

    **
    著者を尊敬して止まない若竹七海さん編集による、主人公が子供ばかりの全7編収録のミステリー短編集。
    **


    『猫は知っていた』で仁木さんのお名前だけは聞いたことがあったけど、、、と言うことで新装版が出たのと、フォロアーの人のレビューを読んでみて面白そうだったので『猫は~』とセットで買っちゃいました。

    短編の主人公はみな子供達ばかりで、今の自分の目線から見るとちょっと馬鹿だけど微笑ましいな、とかそんな印象を持ってしまうんですが、
    作品そのものは決して子供向けという訳じゃなく、主人公に抱いた微笑ましさに対比されるせいである種のドス黒さが強く強調された作品が多くありました。

    その一番の典型は、「うす紫の午後」で主人公の少女千加は自分が万引きした店で隣のお姉さんが店で万引きするのを偶然見掛ける。その後家に帰るとそのお姉さんの妹が殺されていて、お姉さんは警察へ。そして刑事が千加の元へ万引きを見たかと尋ねてくる。
    とこの段階で読んでる側はアリバイかと思うんですが、千加は万引きしたことがばれるとお姉さんが困るからと口を噤んでしまう。この辺りはああ、子供だなと感じてしまうんですが、その後の展開で驚きの連発。

    他に印象に残った短編は「誘拐者たち」と「やさしい少女たち」。
    前者はラストの下りが好きです。
    後者はたったの10ページ弱なのに良く出来た読ませるお話でした。

  • 仁木さんの『猫は知っていた』に出会ったおかげでミステリを書くようになった。
    という若竹さんが編んだ、仁木さんの「子どももの」アンソロジー。
    「子どももの」といっても決して「子ども向け」の子ども騙しな作品ではなく、子どもが主人公の大人向けの作品ということ。
    「一匹や二匹」「うす紫の午後」「誘拐者たち」「倉の中の実験」「花は夜散る」「やさしい少女たち」「影は死んでいた」の7編収録。

    この中で一番気に入ったのは「うす紫の午後」と「倉の中の実験」かな。
    このポプラ文庫で出される仁木さんのシリーズはどれも、陰惨な事件をあつかっていながらほのぼのとしており、爽やかな読後感でした。
    ですがこの2編はややブラックで、皮肉な結末。
    これまでに読んだことのある作品と違った味で、非常に気に入りました。
    あと短いながらも強烈な余韻を残す「やさしい少女たち」もよかったなぁ。

    家族に容疑がかけられ、それを晴らすために奮闘する子どもたち、というパターンが多く、その主人公の想いもよかったです。
    もし今ご存命なら、ぜひ「ミステリーランド」に一作書いていただきたかったくらい。
    きっと良質のミステリを書いてくれたことでしょう。

  • 仁木さんの「こどももの」の中から、若竹さんが選りすぐって編集した一冊です。お二人のファンはそりゃあ読まずにはいられないでしょう。今はなかなか手に入らない仁木さんの作品を昔の雑誌を漁ってまで読めたなんて羨ましい!自分を作家にしてしまった人の復刊に携われるとは、どんなに嬉しかっただろう、とここに至るまでを想像してしまいます。「こどももの」とはいえ、あくまで「子供が主人公の、大人向けのミステリ」ですからほのぼのばかりではありません。真相にショックをうけるような作品もあります。切なさや恐ろしさはあっても決して嫌な気分にはさせない。そしてもっとこの人の作品を読みたいと思わせる。この魅力は作品発表からどんなに時間が経っても変わらないと思います。

  • 『一匹や二匹』
    拾った子猫の飼い主を探す櫟究介。友人の杉岡君と色々な家を訪ね歩く中で発見した住谷という女性の遺体。究介が目撃したあこがれの羽鳥先生の婚約者・森戸四郎。2人が目撃した男の秘密。

    『うす紫の午後』
    大好きな小夜子姉さんが万引きをした現場を目撃した千加。さつがいさえた小夜子の妹・香夜子。小夜子の恋人を奪った香夜子。万引きを目撃した千加と小夜子の秘密。

    『誘拐者たち』
    友人のバイクを壊し弁償の為にお金が必要になった浩介とシン。近所に住む猫を愛する未亡人・梅山から猫を誘拐する。猫を誘拐されたことで自殺した梅山。梅山の孫の借金の秘密。

    『倉の中の実験』
    倉の中で本に囲まれて暮らす老人と遊ぶフーコとユリ。老人と義理の息子の後妻との関係。愛する本を処分され死んでしまった老人。倉の中で生活するユリの兄・篤夫。老人がフーコ達に見せなかった本に隠された秘密。

    『花は夜散る』
    殺害された加治真知子。真知子のルームメイト・田川あけみが秘書をする作家・巽冬枝にかかる殺害容疑。執筆中の冬枝の元にかかってきた記者からの電話。田川の作品を盗作した疑惑。盗作事件と殺人事件の秘密。

    『やさしい少女たち』
    婚約者を捨て金持ちの娘と結婚した山井周一。胃の調子が悪く入院するが・・・。周囲からの胃がんでの余命の噂。婚約者の妹の秘密。

    『影は死んでいた』
    受験勉強中向かいのアパートで女性が絞殺されるのを目撃した星野洋一。警察ともにアパートに向かうが・・・。続く幻覚。精神病院に入院した洋一の為に捜査に乗り出した真紀子と幼馴染の桜井。

     2011年5月18日読了

  • 2011年5月10日購入。
    2011年8月22日読了。

全16件中 1 - 16件を表示

(P[に]2-4)子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[に]2-4)子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[に]2-4)子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする