([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)

  • 366人登録
  • 3.99評価
    • (35)
    • (63)
    • (31)
    • (1)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591125458

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある事情から左遷同然に鎌倉へやってきた
    主人公の仕事は、今日からお屋敷の管理人。

    会社所有の大豪邸で、家賃水道光熱費無料にて
    可愛くて気の利く恋人と2人での新生活が始まる。

    しかし、あれよあれよという間に屋敷に集っていく
    人、人、人。

    予定外ばかりなのに、それでも気が付けば楽しく
    過ぎていく日常。
    その中で、主人公が立てた計画とは?


    希望を描いて何が悪い!と言わんばかりの
    楽しく前向きなお話。


    登場するそれぞれの人物に、それぞれの事情が
    あり、それぞれがどうしようも難しい問題ばかり。

    問題を抱えていても、みんな自分なりに楽しく
    生きようとしているのがまた素敵なんだよなぁ。

    なによりもそれを、正義感やら偽善だったりじゃなく
    なんとかしようとしてしまう主人公が好き。


    それにしても、作中を通してなーんもしていないと
    言っても過言ではない部長の存在感は不思議だ。
    何故こんなに何もしていないのに格好良いんだろう。
    謎だ。頭も薄くなりかかっているっていうのに。謎だ。


    いつ読んでも、ほんわかと幸せになる本。
    こんなお屋敷でこんな面々に囲まれて暮らしたいなぁ。
    部長ズルすぎ。

  • 一緒にいたいと思えるようなやわらかーい人たちの話。
    小路さんの作品はそんな人たちがたくさん出てくる。

    周りからそんな風に思われる、物腰柔らかい人になりたい。
    って、いつも思ってはいるんだけどね。

  • 【あらすじ】
    飛ばされて会社所有の大豪邸の住み込み管理人となった25歳の「僕」は、無人のはずの屋敷に次々と現れるワケありの人々に戸惑いつつも任務をまっとうしようと奮闘する。仕事とは、誰かを大切にすることとは―まっすぐな想いが心にしみるハートフル・ストーリー。

    【感想】

  • いつもながら小路さんの描く物語は優しくあたたかい。
    「家族」をテーマに、不器用な生き方しかできない善良な人たちが共に過ごすひとときが、軽いタッチで丁寧に描かれている。
    「僕」は中学生のときから心にある決心をし、それを守って生きてきた。
    何かというと困っている人に救いの手を差し延べてしまうのも、他者を冷たくあしらうことができないのも、すべては中学生のときのある経験に基づいている。
    ある意味「僕」の生き方を決定したもとを、多くの人が苦難を強いられたあの災害に設定したことが良かったのかはわからない。
    当事者でなければわからない哀しみや辛さが、いまも深く胸に刻まれている人も多いと思うからだ。
    もしかしたら、こんなふうに物語に取り上げられることを良しとしない人もいるかもしれない。
    「COW HOUSE」はどこか歪んだ物語だ。
    悪い人はどこにも登場せずに、善人だけが住む世界で構成されている。
    善人ゆえの悩みも哀しみも後悔も、人との関わりの中で浄化され新たな道が示される。
    どこを探しても悪意のない世界。
    それが「COW HOUSE」を取り巻く世界だ。

    現実社会は嫌になるほど悪意が垂れ流されている。
    テレビをつければ正義を振りかざすメディアが有名人のスキャンダルを糾弾している。
    群がる標的を毎日変えながら、それでも厭きることなく正義漢を気取り続ける。
    だが、この物語は悪意など存在しないかのようだ。
    善意に思い切り偏った世界。
    それは、歪んではいてもきっと果てしなく優しい世界なのだろう。
    小路さんの物語は、その優しい世界を味わわせてくれる。
    たとえリアル感はないとしても、たとえ虚構の世界ではあっても、やはり優しくあたたかな物語はいい。

  • どう生きるかを考えさせられる。立ちどまり前を向くために必要な一冊。

  • 森の豪邸の静かな日常から、だんだんと出入りする人の数が増えて、登場人物たちの過去が少しずつ明かされてきて、退屈しない物語でした。
    小路さんの作品には、よく「親のいない子」とか、様々な家庭の事情を抱えた人たちが出てきて、あぁそうだよね、こういう人たちは周りにもいるんだよね、と思い出させてくれると同時に、登場人物たちに皆、愛があって穏やかな気持ちになれます。

  • 久々の東京バンドワゴン以外の小路さん。
    予想通りのハッピーエンドで満足。
    うまいなぁ。

  • 夢があって、ほのぼのしてて、小路氏らしい作品でした。
    それにしても、相変わらずものすごいペースで作品を出しますね。シリーズが少ないのにこのペースは驚異的だと思います。基本的にハズレがないから見つけるたびに買っていると、とても読むのが追いつかないです。

  • まあまあ良い。

  • 登場人物それぞれのドラマを、一つの物語の中に溶け込ませるのがとても巧み。

    温かい。
    仕事に対するモチベーションなんかも柔らかく上げてくれる。

    爽やかな読了感。

    小路氏らしい一冊でした。

全46件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)に関連するまとめ

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする