むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)

  • 42人登録
  • 3.90評価
    • (5)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 小浜ユリ
  • ポプラ社 (2011年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591125694

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)の感想・レビュー・書評

  • シンプルな物語でいい話。テーマ、伏線、主人公の変化や衝突がきれいにまとまっている。反面、プロットは障壁がないせいで、するすると進む。いい人ばかりという夢物語。何よりも時間を飛び越えるのはよくある設定で、どこかで読んだ物語な気がする。

  • 「切符」を手にして過去や未来に行く子どもたちのオムニバス。これを読む子どもたちは人生10年ほどしか生きていないのですが、この本では遠い未来や過去に主人公の子どもたちがタイムスリップし、彼らと関わり深い人々の過去や未来を垣間見ます。「むこうがわ」とは過去や未来のことを表しつつも、現在目の前にあることからはわからない、子どもの想像力の「むこうがわ」を表しているようにも思います。この本自身が、子どもたちの想像力を広げる「切符」となり得るのかもしれません。

    ただし、この本はそうやすやすと子どもたちを「むこうがわ」に行かせてくれません。何せ、「『切符』を使って過去や未来に行かないと自分と関わりのある人々の過去や未来に思い至らない」という話なので、子どもたち自身が想像力の働かない未熟な物として描かれています。5つの短編の中には、子どもの未熟さゆえの嫉妬や見栄、あるいは大人への反発が過去や未来に行く動機や原因になったいるものもあります。想像力の「むこうがわ」に至るためには、それらの未熟さを乗り越えて行かねばならない。

    さらに面白いのは5つ目の話で、最後には大人さえも「むこうがわ」が見えてないんだよ、と突きつけています。結局のところ、大人だろうが子どもだろうが「むこうがわ」をちゃんと見なさいよ、と作者は言いたいのかもしれません。

  • 時を超えてどこかに行けるなら、迷い込んでしまったら・・・どうする?5つの不思議な連作短編集。

    押し入れから出たら、知らない家に知らない子ども。でもそこは、同じ家で、時だけが昔にもどっていたのだった。一緒に遊んだ女の子は、実はおばあちゃんだった?!
    冒険するつもりが、迷子に。知らない街で出会った、ハンバーガーのおごってくれたおじさんとは・・・。
    失敗したことをやりなおせる、時間をさかのぼることができるブレスレット。でも、時間をさかのぼりすぎると大変なことに・・・。
    魔女の屋敷ですごした幸せな時間。魔女などいない、優しい家族たちの姿・・・けれどそれは・・・。
    会ったことのない本当のお父さんだけど、写真のなかでは・・・。


    「時間割のむこうがわ」作者が描く時をめぐる不思議ストーリー。

  • 「むこうがわ」へ行ける切符って、ファンタジーなワクワクする話ばかりかと思いきや、何だか怖い話も。
    不思議にであったとき、まっすぐな心でそれにこたえないと、自分にはねかえってくるということでしょうか。
    5つの話がほんの少しずつつながっていて、ニヤリとしたり、違う話のその後が見えてホッとしたり。
    暖かいもの、苦いもの、いろんなものがまじっていて、不思議な感じで楽しめます。

  • 息子の学校の読み聞かせ用。時間に纏わるちょっと不思議な連作短編。

  • 過去と未来を行き来するお話。短編小説だが、登場人物に繋がりある。何故か?感動した小説である。

  • ひいおばあちゃんのお見舞いに、行きたくもないのに連れてこられたちあきは、
    ふてくされておじさんちの押入れで眠ってしまった。
    目がさめると何か違和感があり、そこには昔の着物をきた少女がいた。
    少女はみよと名のり、二人はすぐにうちとけて仲良くなった。

    夕方になり、帰らなければならないちあきは、
    違う世界に迷い込んだことに不安になった。
    来た時と同じように押入れに入ればと、みよに言われ、
    ちあきは押入れに入り、みよと別れのあいさつをする。
    「ぜったいにまた来る」と約束をして・・・。

    タイムスリップして、人との関わり方を見なおす子どもたちの物語が5編。
    今、目の前にいる人を大切にしたくなります。

  • 未来や過去にいける切符                              短編集で読みやすい おもしろい!

  • 好きな場所に行ける切符…。夜店でおまけにもらったけど、そんなことうそだと思ってた。イマからミライへ。ほんの冗談のつもりで願ってみただけだったのに…。過去か未来に行ってしまう、ちょっと不思議なお話集。
    あなたならどこへ、いつの時代へ行きたい?

全10件中 1 - 10件を表示

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)の作品紹介

ポケットに、はいっているかも、行けない場所に行く切符。使えるのは一度だけ。あなたならどこへ行く?ふしぎでわくわくしてぽろっと涙もこぼれる物語。

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)はこんな本です

ツイートする