坂の上の坂

  • 841人登録
  • 3.59評価
    • (56)
    • (124)
    • (130)
    • (20)
    • (8)
  • 158レビュー
著者 : 藤原和博
  • ポプラ社 (2011年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591126578

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
高野 和明
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
落合博満
伊集院 静
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

坂の上の坂の感想・レビュー・書評

  • フォトリーディング
    坂の上の坂

  • みんなで一緒に「上手く生きる」から、それぞれ一人一人が豊かさを楽しむライフスタイルへの移行

    自分自身が設計した「幸福」のスタイルで「家」づくりをすること

    あなたの価値観を柔らかく多様にすること 価値観の違う他者を認めてリスペクトすること

    自分の過去を整理し、どの方向に進みたいのかを考え続ける態度が大事です。

    会社のなすがままにされること。そして人生の後半を形づくるベースになる大事な中盤戦で、誰かの価値観に振り回されることです。

    生きた証は会社でなく、家族に記憶される
    自由な思索の時間と、家族で過ごせる時間こそ、いかに大事であるか。

    Yes,but.... の思考

    「会社」ではなく「社会」へ、さらには「家族との人生」への意識をシフトすること。

  • 最近、20代にやっておきたい事などなど、年代別のノウハウ本がありますが、なかなか50を過ぎると手遅れなのか、そんな本はありませんでしたが、この本の副題には「55歳までにやっておきたい55のこと」ってあり、すでに55歳になったばかりの私としてはいささか手遅れですが読んでみました(でも、55もあるのか、5つくらいに絞ってよ(笑))

    でも、作者の個人の思い入れが強い部分も多々見られ、これをみんながやったから幸せかと言うとまた別問題。本当の意味は、モノの見方を少し変えてみたり、自分なりの価値観を見出して生きるという例だと捉えました。いずれにしても坂の上には「まだ坂」が続くと言う事で、徳川家康じゃないけど人生とは「重荷を負うて、遠き道を行くがごとし 急ぐべからず 不自由を、常と思えば不足なし・・・」なんだろうなあ。

  • 『坂の上の雲』の愛読者であればだれでもこのタイトルは気になる。中学の娘でさえも『坂の上の坂?』といって食いついた。非常にうまいネーミング。
    著者の名前は知らなかったものの、『民間人が初めて公立中学の校長になった』、『地域の塾の先生が公立中学で時間外に教えている土曜寺子屋』など、藤原和博氏の活動は以前からテレビのニュースでよく取り上げられていることもあり知っていた。明治時代、誰もがロマンをもち、坂の上をみればそこには目指す雲があった。90年代半ばまで続いてきた成長の時代には、誰もが同じ方向に進んでいれば、みんなで幸せになることができた。成長社会の拡大し続ける市場がそれを受け入れてきた。しかし成熟の時代にはいった今の日本では、坂の上にあるのは雲ではなく次の坂。坂の上の坂に備えて、画一的な成功モデルではなく、それぞれの幸せにむかって、どういった備えが必要なのか、すでにそれを経験してきているヨーロッパと対比しながら書かれている。とにかくサラリーマンには頭が痛くなるような指摘がいっぱい。パートナーとの関係の見直しや、地域社会との関係の強化などの重要性について丁寧に述べられている点は、吉越浩一郎氏の『老後が楽しみになる生き方』を思い出させる。

  • 司馬遼太郎の名著『坂の上の雲』の舞台となった
    明治維新直後の日本は、平均寿命が今の約半分。

    今は多くの人が80代~90代まで生きます。
    仕事人生をひと山超えても、まだまだ長い人生があります。

    坂の上にあるのは「雲」ではなく、「坂の上の坂」

    本日ご紹介する本は、
    今後ますます私たちにとって重要になる
    人生の後半戦についての考え方を紹介した1冊。


    ポイントは
    「組織内自営業者」

    会社にだけ埋没していると、会社に人生を委ねていることになります。
    会社というコミュニティには将来、自分の居場所はありません。

    ただし、会社の中で自営業者として過ごせると、
    坂の上の坂に入ったとき、大いに役だつ可能性があります。

    そのためには、会社と自分はパートナーという感覚をもつこと。

    組織で個人の力を発揮し、伸ばせる仕事ができれば
    会社を辞めてからも、その力を発揮できる
    というのが本書で主張されています。



    「1冊本を出す」

    実際に出版しなくても
    自分のやってきたことについて
    本1冊書けるくらいのコンテンツを
    蓄積する気持ちで仕事に取り組む。

    そうすれば、お金を貰いながら
    自分の能力を伸ばすことができ、
    会社を辞めてからも、蓄積した分野で
    一目置かれる存在になれる可能性があります。


    「体の資産作り」

    将来のための資産を作っておくことも大事ですが、
    健康という資産を日々蓄積しておくことも大事。

    お金は一度に大金を入手できることもありますが、
    健康は急には手に入れられません。

    前半戦の日々の体作りが、後半戦に効いてきます。

    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    仕事をリタイヤしても死ぬまでの時間は相当にある
    組織では仕事ができる人ほど偉くなる。すると皮肉なことに本来の仕事をする時間がどんどん減る
    組織に棚卸される前に、自分で自分を棚卸しておくこと
    組織に埋没するとは組織に人生を委ねてしまうこと
    企業内自営業者として過ごせると、坂の上の坂に入ったとき、大いに役だつ可能性が高い
    お金をもらわない仕事も、実は投資のうち
    体を動かし、体の資産作りをする
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第一章 世の中を信じる
    第二章 幸せは自分の中にある
    第三章 ”いい子”は、もうやめる
    第四章 会社を利用し尽くす
    第五章 消費の作法
    第六章 コミュニティをシフトする
    第七章 パートナーと向き合う
    第八章 死とお金を考える
    第九章 本当に必要な備えをする
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 夫と年の差があるので、自分よりも夫の方が目先の話だと思って読み始めたら、とんでもなかった。
    いまの自分の生活とか、未来に対するビジョンの無さに危機感を覚えた。
    自由って意外と難しいことで、ある程度の安定を築いてからじゃないとできない。
    そんな風に思っているうちに年を取ってしまうってことか。

  • 要するに、長い老後を充実したものにするための指南書です。

    人は、生きて行く上で、いろんなことを前提にしていますが、それらに対して疑問を持ち、前提が崩れたときのための対応を考え、備えておきましょう、ということだと思います。

    自分も、ある程度は備えていますが、まだまだ無意識のうちに前提としていることがたくさんあると思うので、できるだけいろんな可能性を考える姿勢を身につけたいと思います。

  • これも読みやすい文章で、2,3時間で読み終わってしまった。頭がよくて行動力がある人がこのようにして、いろんな世界を切り開いていってるんだなぁと思いました。自分にどの程度の事ができるのかは分からないが、自分も、坂の上の坂を上っていかなければならない時代が来ることも考えると、十分に準備しておかなければならないと思った。

  • フォト&高速リーディング。
    大量回転はしなかった。

    寿命が延び、生き方を考える時代に、社会も熟成時代に入った。会社に頼らず自分の人生を時代にふさわしく生きる…っといった内容。エッセイ。面白いが高速大量回転には散文的すぎ。娯楽で読む本。

    パーキンソンの法則。組織は必ず肥大化する。納得解と正解。時代は納得解を導き出す編集脳を求めている。

    星三つ。

  • 個人の感想や自慢話も多いのだが、今考えていたことと合致してタイムリーだった。「過去の実績を捨てるほどの冒険を行う」「生きた証は会社ではなく家族に記憶さられる」「投じるのは資本ではなく気持ち」など。ヨーロッパではビジネスの関係性を構築するにもまずはお互いパートナーとペアで、次はファミリーぐるみでと関係性を築くがそれは人間性を見る意味でも合理的。また社会的活動を行っている必要がある。自分の形成するグループを見られている、とも言えそう。自分が何を欲しているかをチェックする「報酬マトリクス」では、組織的パワー(権力)←→個人的パワー/非経済的報酬←→経済的報酬 に区分。自分は組織的で、非経済的な報酬を望んでる模様。

  • 50代からの”三十年間”をどう過ごすか。坂を登れど登れど、先には また坂ばかり…坂を下り坂にしないための心構えを、経験など様々に説いている。

  • あなたの人生の後半戦、この一冊が分かれ道。

    司馬遼太郎の名著『坂の上の雲』の舞台となった明治維新直後の日本は、平均寿命が今の約半分でした。一仕事終えた後は自然に枯れていき、隠居生活の後に奇麗に死ぬことができました。でも、多くの人が80代まで生き延びる現代では、仕事をひとやま超えたからといって、余生を慣性だけで生きるのは無理があります。
    いまや50代から70代くらいまでの30年間は、単純な「老後」ではなくなりました。坂の上にあるのは「雲」ではなく、「坂の上の坂」なのです。この事実を、いったいどれほどの人が本当に理解して人生設計しているでしょうか? 
    この本では、上り調子に坂を上る人生を歩むために50代までに何を準備しておけばいいのか、本当に必要なことを提案します。

  • とあるレクチャーを聴く機会が有り、非常に共感させて致しました。

    住まいも近所の為バッタリお逢いしそうです。

    レクチャーの後、質問コーナーが有りこの方は人の話を聴く事が非常に上手いと感じました。

    本の内容は、私にとってごもっともと感じ

    機会が有れば又読み直したいと思います。

  • 年金、雇用、医療、災害…国も会社もあてにならないこの時代、50代からの30~40年をどう過ごすのか?あなたの人生の後半戦、この一冊が分かれ道。

  • 新聞広告が出たときから読みたかった1冊。普段は行かない、駅東口の図書館で借りました。
    サラリーマンには一度手にとってほしい作品。
    「会社を利用し尽くす」「パートナーと向き合う」など示唆に富みます。もっともっと、今後のことを考えねばなぁ。

  • サブタイトルの”55歳までにやっておきたい55のこと”に納得。大まかにまとめると、会社以外のコミュニティーを早めに構築しておかないと退職してからの人生が貧しくなってしまうということ。そのためのプロセスを読みやすくまとめてあり、オススメの1冊。

  • やるべきこと
    ・自分にとって「何が幸福なのか」を定義
    ・社会的活動
    ・自分で本を出し、講演できるスキルを身につける
     これは難しそうかなぁ
    ・二人主義で行動する癖づくり
    ・救命医療はして欲しいが、延命医療は不要と伝える

  • 会社員の自立が主題ではないかと思う。
    世界標準で「過労死」が異常なことであるのは、やはり他国の会社員が自立しているからだというのが、海外勤務経験者の私感である。「自分にとって大切なこと」を物差しに自身で戦線離脱に至らないような判断が成されているということではないか。

  • 新規分野への取り組みや、人生の考え方などが、とても参考になり、前から気になっているお方。
    会社人間では無く、コミュニティーと関わる重要性、私はどちらも苦手(笑)なので、色々参考にして行きたい(;^_^A

  • 【今から分散投資】
    会社以外のコミュニティーを定年前から準備しておく必要性はすごく感じます。

    会社関係のみで生きていくと定年が来ると何もなくなるのは目に見えています。
    では、何のコミュニティーを目指すのか?

    今考えていることは、ランニング、テニス、読書、カメラ、波乗り(SUP)、宇宙研究です。

    ランニングの場合、基本的にひとりでできてしまうので、「ひとり好き」のわたしはひとりで、もくもくと走り込んでしまいコミュニティーになりそうにありません。

    読書、カメラ、宇宙研究もひとりでできてしまいます。
    しかも、ひとりの方が楽しい分野です。

    波乗り(SUP)、本当はこれが一番やりたいことですが、遠出しなければならいので、どうしても気軽さに欠けます。

    やはり、コミュニティーという意味では、テニスがいいのかもしれませんね。

    テニスはやったことありませんが、いまからはじめれば何とかなりそうです!

  • 早期に投資したほうがリターンが早くかつ大きい事がよくわかっている知能と志が高い人。常人にとっても示唆に富む内容。
    ・外国人にもわかるように履歴書を書いてみる。3つの視点で「具体的な仕事と成果」「キャリア総括してその強み」「個人的に続けている社会的な活動」
    ・自分で本(自費出版)を出し講演するスキルを身につける。アウトプットを想定してインプットと準備をしてみなよ、という趣旨。直ぐにできないなら5年10年後を目ざして毎日コツコツ準備してみれば。
    ・アセットを作る投信観点でタダでもやっておいたほうがいい仕事がある。お金をもらうと上限関係ができるので貰わないことで自由度も保てる。
    ・会社以外のコミュニティを探しておく。学校に関わるコミュニティではサラリーマン的なスキルが歓迎される。学校を支援すると若返るし。
    ・印象に残すには敢えてマイナスの話をする。(人の自慢話なんて聞きたくないのだ)
    ・不安要素を書き出して顕在化する
    ・投資観点でお金を掛けてホームページを作る。ブログレベルじゃなくて名刺代わりなるような。http://www.yononaka.net/
    ・何かを始めるとき私は思い切った投資をします。テニス一日2レッスンを週4日。100レッスンで2ヶ月で初中級を脱するために。

  • 社会的相場感、神経症的な人間と適用者

  • リクルート→杉並区立中学校の校長の経歴を持つ著者の一人の経験から語られる話。
    説教の形をとった自分語り

  • 高齢化社会の現在は「坂の上の雲」でなく、「坂の上の坂」であると筆者は言う。そのために、定年後に向けて、55才までに準備をしなければならないことを55条書き上げてある。自分の置かれるコミュニティを用意しておくこととパートナーと向き合うことが必要であると感じた。

  • 藤原和博著「坂の上の坂」ポプラ社(2011)
    *組織ではできる人が偉くなっていきます。ところが皮肉なことにできる人が出征していくと本来の仕事をする時間がどんどん減っていきます。うまくなっていくのは会議の進め方や責任の逃れ方ばかり、なんてことが起こります。こうして見る影もないような仕事のできない人になっていくことが多いのです。
    *これをやっていればいい、というみんなが追いかける一般解や目標にはあまりに意味がなくなってきます。自分が何を追いかけていきたいのかが問われてくる時代なのです。そうなれば一人一人間違いなく考えることを求められるようになります。
    *では、どうしたら日本人が真に豊かになれるのか?まずは(1)住宅問題。土地が安くなって住まいの値段が手頃になれば、そして地主との新しい関係づくりが進めば日本人の幸福感に一役かうと考えます。(2)サラリーマン比率の減少。会社に芝みつかなければいけないことが人々を苦しめているのではないか。さらにいえば子供達を標準化の罠に引き込んでいるのもこうした雇用形態が関係しているのではないか。新しい企業と個人の形態、関係づくりのための様々なチャレンジがなされても良いと思います。(3)公共心の育み。個人と個人、個人と社会の新しい関係づくりが求められています。(4)高齢化社会も迎えて生きていくことにどのように立ち向かうのか。つまり、身体的、精神的な対策が必要だと。
    *起こって欲しいと思っている社会変化は実にシンプル。みんな一緒に上手く生きるという、高度経済成長的なライフスタイルから、それぞれ一人一人が豊かさを楽しむライフスタイルへの移行です。
    *画一化された正確主義的なやり方が結果的に多くの人を束縛して、不幸な顔にっしていると感じました。
    *正解のない時代には何が求められてくるのか?それは正解を最初から求めようとしないこと。もっと言えば、正解が自分の中で出るまで動かないのではなく、まずは一歩、踏み出してみることです。多少無謀でも踏み出してしまう。
    *「生きた証は会社ではなく、家族に記憶される」
    *資本を投じるのではなく、気持ちを込める。
    *もし思うような価値を作り出せなくても、それはそれでいい。どっちんい転んでも、ものがたrは生まれるのです。失敗談はあとから語れば必ず周囲を喜ばせる抜群の話題になります。友人や家族、みんなんで語り合え、笑いあえる。こういう経験、お金の使い方、暮らし方こそ豊かな人生につながるのではないでしょうか。
    *借りたら返さなければならない。

全158件中 1 - 25件を表示

坂の上の坂を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

坂の上の坂を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする