花言葉をさがして The language of flow

  • 208人登録
  • 4.07評価
    • (23)
    • (20)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 29レビュー
制作 : Vanessa Diffenbaugh  金原 瑞人  西田 佳子 
  • ポプラ社 (2011年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591127001

花言葉をさがして The language of flowの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終えたときのこの満たされた
    包まれた感情は、なんだろう。
    よんだら、わかる
    まさにそう。
    女性の母性とは本当に深い

    花言葉を今まで意識したことなんて
    なかったけど、花を見る心が変わった

    花って素敵

    そして花を愛する祖母、母親を思い出した

    多くの女性に、はやくこの本に出会ってほしい

  • 一言では語れません。この本の良さは実際に読んでみないとわからないと思います。

  • 両親を知らず施設で育ったヴィクトリアは、幼いころから里親の家を転々として育った。施設を出て独立する年齢になったヴィクトリアは、住むところも無くホームレスを決める。10歳のころ、唯一正式な親子になりたいと望んだ里親のエリザベスに教えてもらった花言葉と花束を作るセンスを売り込み、花屋に雇われるようになる。そして、花市場でグラントと出会う。

    親の愛を知らずに育ったヴィクトリアの不器用な愛。ヴィクトリアの現在と過去を交互に描き、グラントとヴィクトリアの関係が徐々にわかっていく。そして、ヴィクトリアがどれだけ家庭の愛情を渇望していたかがわかる。

    最後は未来へ向かう暖かな愛が感じられる。

  • 原題は『The Language of Flowers』。Vanessa Diffenbaughによる2011年発表作品。

  • 愛を受け入れず過去の罪を心に隠しながら生きるヴィクトリア
    18歳でホームレスになってから自分の才能を生かしてとんとん拍子に
    幸せに…と思ったらサッとその幸せを払いのけてしまう
    最後には「幸せになること」に戸惑いながらも一歩踏み出す

    妊娠~出産~子育て放棄のあたりはリアリティに溢れている
    自分のときのことを思い出した

    周囲の人にとても恵まれていて少しおとぎ話みたいでもある

  • タイトルに惹かれて。翻訳が金原瑞人さんというのも決め手だけど。ひとつの花にもたくさんの花言葉があって、時にはそれは良い意味と悪い意味相反する二つの意味を持つこともある。可愛らしいお話かと思いきやそうでもなかった…。映画化するようなので楽しみ。スクリーンいっぱいに綺麗な花が写るのは凄い光景だろうなぁ。2012/665

  • 誰かを信じることが、生きていく力を与える。

  • 愛を知らない主人公の心境の変化を花言葉を通じて描いている。感情に左右され自暴自棄になったり、衝動的な行動に出てしまうのが自分とダブり胸が痛い。

  • 花と愛の物語。
    花にかぎらずものには、すべてメッセージがあるはず。
    そしてそれらは、なにかとなにかをつなげる愛の源になってくれるはず。
    そう思えた物語でした。

  • The language of flowers
    by Vanessa Diffenbaugh
    CAMELLIA NETWORK
    https://camellianetwork.org/

    カメリアはツバキ 「わたしの運命はあなたの手の中に」

    舞台は原題のサンフランシスコ、主人公はヴィクトリアという孤児の少女。ヴィクトリアは生まれてすぐに親に捨てられ、施設で育てられる。一時的に里親に引き取られることがあってもすぐに送り返され、愛されることも愛することも知らずに、自分自身を愛することさえできない子ども。
    そのヴィクトリアが9歳のときに引き取られた先がブドウ園を経営するエリザベス。
    エリザベス自身も家族の関係で傷ついた女性で、愛すること、家族をつくることができない。そのため、里親になれる機会を逸し、再生されつつあるヴィクトリアをもう一度突き放し、傷つける。
    ただ、エリザベスと過ごした時間の中で、ヴィクトリアは花、花言葉を学ぶ。それが後に彼女の生活を助けることになる。

    グラント
    キャサリン
    ヘイゼル(ハシバミ) 和解

    メレディス

    レナータ
    ナタリア
    マザー・ルビー

    マーリーナ

    「苔は母性の象徴とされる。なぜなら、冬、厳しい逆境に苦しんでいるときも、夏、友達が離れていってしまったときも、苔は、母親のような愛情で、わたしたちの心を温めてくれるからだ。」アンリエッタ・デュモン『花の贈り物』

    幼いころに愛情を受けないで育つと、こうも自分を愛せず、人との関係も作れないものなのか。
    自分が愛することにも、愛されることにも自身がなく、いや愛することを怖がってる。それは求めても与えられなかった経験が彼女をそのようにさせるのだろうと思うけれど、読んでいてあまりにも辛すぎる。
    しかし、不器用ながらも彼女は彼女のペースで、徐々に再生していく。
    傷だらけになりながら。

    花言葉は素敵なモチーフだけど、ヴィクトリアの感情の激しさの方に気がいってしまい、どうにも苦しかった。苦しみながらも再生される最後だったので救いはあったのだけれども。

全29件中 1 - 10件を表示

花言葉をさがして The language of flowに関連する談話室の質問

花言葉をさがして The language of flowを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花言葉をさがして The language of flowを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花言葉をさがして The language of flowを本棚に「積読」で登録しているひと

花言葉をさがして The language of flowの作品紹介

ヴィクトリア・ジョーンズは火事の夢ばかり見る。夢の中ではいつも10歳の少女のままだ。生まれてすぐに母親に捨てられたヴィクトリアは無愛想で怒りっぽく、何人もの里親のもとを転々としてきた。心を閉ざした彼女が唯一信じたのは、9歳の時の里親エリザベスが教えてくれた「花言葉」。18歳の誕生日の朝、養護施設を卒業したもののお金も仕事もないヴィクトリアは、公園の茂みで眠るしかない。そんなある日、街の小さな花屋『ブルーム』を見つけて「花のことなら何かできるかもしれない」と直感し、ブーケを作って自分を売り込み、店で働き始める。お客が何を求めているかを察し、美しい花束を作って人々をしあわせにしてゆくヴィクトリア。その腕はたちまち評判になり、希望に満ちた生活を手にするかに思えたのだが…。傷ついた記憶と葛藤しながら愛を求めて生きる人間たちを描いたこの物語は、世界が注目する新人作家の驚くべきデビュー作である。

ツイートする