真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

  • 3703人登録
  • 3.70評価
    • (238)
    • (621)
    • (564)
    • (58)
    • (2)
  • 481レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2012年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591127513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • いつも穏やかに微笑み、誰にも寛容なオーナーの暮林、
    パンには限りなく優しいのに、人には乱暴な口を叩くブランジェの弘基。

    見た目も性格も、まるっきり白と黒のオセロのようなふたりが営む
    深夜営業のパン屋、ブランジェリークレバヤシに
    母親に見放された希実が加わって、やっと落ち着ついたところに
    2作めの今回は、弘基がサインした婚姻届を手に、謎の美女が闖入して。。。

    1作めでは、母親のあまりの無関心・無責任のせいとはいえ
    屈折しまくって解けない知恵の輪のように頑なだった希実がちょっと苦手だったけれど
    クレバヤシでの生活にすっかり馴染んでずいぶん丸くなり、
    弘基そっちのけで暮林べったりの佳乃にやきもきしているのが可愛い。

    迷える男子たちの理想をすべて具現化したような容貌と言動で
    一躍、真夜中のパン屋さんのアイドルとなる佳乃も
    前作の登場人物たち同様、見た目にそぐわぬ深い闇を抱えていて
    その闇を、いつもは直情型で、なんでも一刀両断☆な弘基が
    めずらしくじっくり時間をかけて晴らしていく今回、
    きっと弘基ファンが倍増したにちがいありません♪

    でも、私がいちばんきゅん♪ としたのは、
    何を隠そう、覗き魔のヘンタイを自認する、あの斑目!
    佳乃を救うため、結婚詐欺の網に自ら引っかかって
    屈折した自分の脚本が好きだと言うような女の子が
    あんなに性格がいいはずはないんだ、と俯く背中を抱きしめたくなってしまって。

    そんな斑目にふってわいたようなハッピーエンドもうれしく
    (覗きのための精密望遠鏡卒業、おめでとう♪)
    血の繋がりはないはずの美和子さんと希実を繋ぐ線もうっすらと見えてきて
    なかなか図書館に入ってこない3作目が気になる、
    『真夜中のパン屋さん』2作目なのでした。

  • 弘基の過去からの思わぬ訪問者に揺れる午前1時。
    褒められる方向じゃないけれど、女の子の天才・佳乃。
    華やかで甘やかな容姿と声と思わせぶりな態度で
    ぐるんぐるんと周りを台風の目のように絡めとり
    こだままで夢中にさせちゃう魔女っ子っぷり!

    軽快なテンポとは裏腹に重いものがぐいぐいとのしかかりつつ。
    それぞれに抱える心の傷と、衝撃の展開と、おいしそうなパンに
    今回も涙も涎も止まらない。
    クロワッサンにシュトレン、ガレッドデロワ!!!
    大好きなパンやイベントが詰まってて、いちいち大興奮!!

    ファンタジー力の相当逞しい進化する変態・斑目氏にもびっくり!
    いや、うそ、うそーー!?な展開でうれしいけど、
    "バレンタインの奇跡"恐るべし!そして次巻からは斑目氏の
    変態の矛先がどう変化していくのかも楽しみ[笑]

    ―――愛情なんていう、形のようわからんもんは、
    わかりやすく見せたほうがええ。―――

    好きだから好き。
    そうでなくても人間の心は複雑で、恋なんてしてしまうと
    それは更に複雑にこじれて捩れてしまったり。
    大切な大切な想いだからこそシンプルでストレートな
    感情でありたいなと思う。

    パンが大好きな旦那さんで、いつの日か自分の子供にも
    おいしいパンを食べてもらいたくて、自分なりにいろんなパンの
    研究をしながら楽しんで焼いていたけど、子供を亡くし、
    体と心の調子を崩して、もう2年ほどパンを焼いていない。

    でも、真夜中のパン屋さんを2冊読み終えて、
    パンを焼きたいなぁと心から思ってる自分がいた。
    たかがシュミのパン作りではあるけれど、
    私にとってパンを焼くことはとても大切な日常だった。

    ブランジェリークレバヤシから差し出された傘が
    私の中で1つの小さな光になってくれたから
    またパンが焼きたくなったんだと思う。
    希実ちゃんやパン屋さんを訪れる人たちと同じように
    私も本の中でブランジェリークレバヤシを訪れるたびに
    柔らかいキモチや元気をもらっていることに心から感謝したい。

    すぐ側にいる人に限らず、いつだって人は人と関わって
    誰かを救ったり救われたりして生きている。
    ほんの少しでも誰かの傘になり得た人生ならそれで十分だと思う。
    小さな傘が届けられるように私もがんばろう。

  • 今回の事件は結婚詐欺です。
    変態の斑目氏が不覚にもカッコよく見えてしまいました。
    『パン屋さん』を取り巻く人々がやさしいパンとチョコレートの香りに癒される様子が読んでて、心地いいです。

  • シリーズ2作目
    真夜中のパン屋さんへ突然飛び込んできたのは、弘基のモトカノ?
    なにやら秘密があるような佳乃さん。
    うやむやのまま、パン屋で一緒に暮らすことになる。
    清楚で八方美人な彼女はあっという間に看板娘になり、クレさんも魔の手に?斑目さんはゾッコン?
    なるほど「恋泥棒」なのね。

    すっかり「ブランジェリークレバヤシ」に馴染んだ希実ちゃんの新参者への視線が厳しい。
    自分も人のことは言えないと思いつつ、ムカムカもやもやする様子が可愛い。
    とにかく佳乃さんには最後まで同情も共感もできず、後半は話に入り込めず。残念。
    今回は班目さんの活躍がスーパー。
    ファンタジーな恋愛が他人事には思えず、彼には幸せでいて欲しいと切に願う。
    多分、自分で幸せを探せる人だとも思うし。

    クリスマスのシュトレン、ガレットデロワ、バレンタインのクロワッサンラスク、多賀田のワインのお店。
    とにかく美味しそうー!!
    パンの奥深さに触れた。
    以前、デニッシュを作るキットを自宅で作ったことがあったけど、バターと生地がデロデロになって泣きそうだった。そうか室温から管理してんだ。

    弘基の悪夢、クレさんの独白、希実ママの恋バナ、どれも重いけれど、ちょっとづつ前進してる。
    そのことにちょっとホッとする。

    「間違った傘でもいいと思う。なんの手も差し伸べられない絶望よりはずっといい。お門違いな傘でも、上手く掴んで川から這い上がれる人だっているかも知れないし」
    この「だれかの傘」とパン屋さんがふと小公女セーラに甘パンをおまけしてくれたパン屋さんと重なった。
    そういうことなのかも。
    それなら誰でもちょっとした「傘」を差し出すことができるね。

    「未来の約束を、俺はしたんやな。」

  • このお話は何なのでしょう?ファンタジーのような、ミステリーのような・・・。
    読んでいくうちに、あれ?これってこんなお話だったっけ?みたいな。
    今回は途中から謎解きまで入ってきて…1冊で何度もおいしい状態になってきています。
    大体、え?この女誰?そして弘基そんな風に出ちゃってどこへ行くの?そしてそしてのこの写真どうして???
    面白いですね~、香ばしくて、優しいふわふわしたパンの皮を被った
    ものすごいお話ですよ!これは!
    次巻も早速読ませていただきます。

  • ヒロキの物語
    分かれた同級生の彼女が訪ねてきた、居候。結婚詐欺をしているようだ、男に追いかけられている様子。双子の姉妹=居候は姉、詐欺は妹(美人の双子)に斑目は結婚願望。中学同級生から、妹を助けてほしいと請願され乗り出す。

    「誰かの傘になれるような」

    今回の事件は別にパン屋でなくても良かったのではないか?と思うのだが?
    多賀田(飲食店経営)の想いに胸がつまる。
    カバーの絵はバレンタインのチョコレートか?

  • パン屋さんシリーズ第二弾。
    ちょっと気になるのは、いったい何時の所までこの本はシリーズ化されるのだろうというところですw

    内容は3人のもとにやってきたある女性にまつわる話。
    どんどん巻き込まれて、正直迷惑な存在だけれど、手助けしてあげちゃう優しいところがこの3人らしい。

    内容は意外とえげつない部分もある気がしましたが、大沼さんの書き口によって柔らかく、そして憎たらしくなく書かれていて、どの登場人物も恨めません。
    もちろん悪い人間も出てくるのですが、社会の中でそういう部分は少なからず存在してしまって、目をそらすのではなく、どう共に過ごせるようになるのか、に焦点が当たっている気がして、なんとなく心があったまりました。

    勢いがあるわけではありませんが、このまったり雰囲気に癒されます。

  • 同じ女を愛した二人の男と、その彼女に導かれるようにしてやって来た一人の少女。そんな三人が集い、真夜中にだけ開店するパン屋に、またしてもとんでもない客が来る。
    どんなに嫌な人間もそれはほんの一面にすぎず、奥底では深い闇を抱え、そこから抜け出したいと願っている。そして、闇から救われた人間は、やはり誰かを助けたいと願って走る。幸せになれなくても、救われたい、救いたい。そんな気持ちが自分の中にもあることを思い出させてくれる。

  • 読み始め…16.11.2
    読み終わり…16.11.3

    真夜中にだけ開く不思議なパン屋さん
    「ブランジェリークレバヤシ」に現れたのは
    美人で怪しい恋泥棒――。

    佳乃ちゃん(綾乃ちゃん?)の言動は
    怪しげでミステリアス。ちょっと
    身勝手だなぁ...という気にもなったけど
    幸せな暮らしを取り戻したかったのですね。

    班目さんがいいです。
    憎めなくて応援したくなっちゃいます。
    希実ちゃんもすっかり馴染んで
    少し大人になったような。。

    弘基からも暮林さんからも愛されて
    ライバルともいえるふたりなのに
    パンで共有しあうことができていて
    いったい美和子さんという女性は
    どれだけいい人だったのでしょう...

    もっともっと心のうちが知りたい
    覗いてみたいです。

  • 真夜中だけ開く不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」に現れたのは、美人で妖しい恋泥棒…。謎だらけの彼女がもたらすのは、チョコレートのように甘くてほろ苦い事件だった…。不器用な人たちの、切なく愛おしい恋愛模様を描き出す“まよパン”シリーズ第2弾!!

  • 恋をしたことがない希実ちゃんの回りで恋に関した事件が発生!しかも結構大きな!そして深まる希実ちゃんと美和子さんの関係…
    文句なしに面白いです!さ、続き読もう。

  • パン屋さんに来る人が良い人だと思わされる一冊。美和子さんへの弘基とクレさんの愛情がすごいと思いました。そしてこの巻で結構活躍していた斑目さん。やはり「使える変態」ですね。でもこの巻で1番すきなのはバレンタインのこだまくんの発言です笑

  • かわいらしい表紙だが、読んでみると登場人物それぞれが重い過去を背負っている。
    でもみんな表面上はそれを感じさせず、前を向いて行こうとする姿に感動。

  • 佳乃も綾乃もどっちも好きになれない共感しどころがない…! 倉林さんとのぞみが更に好きになりました。美味しいクロワッサンが食べたいなぁ。

  •  夜11時から翌朝5時まで、真夜中だけ開くパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」の3人と、彼らを取り巻く人々の温かい交流を描いた「真夜中のパン屋さん」シリーズの第2弾。

     今回は、ブランジェ(パン職人)の柳弘基の前に突然現れた元カノが巻き起こす騒動が中心。とはいえ、内容は先に見たドラマの印象が強くてふむふむという感じ。
     原作ならではの場面では、バレンタインの件(くだり)がちょっと楽しかったなぁ~。

  • 前半の佳乃が現れたくだりは面白かったけど、後半の伏線回収は個人的には失速気味と思った。
    誰かを救うこと、救われること、誰かの傘になれるかどうかという部分は考えさせられたけど、感動というところまではいかなかった。
    斑目氏の恋愛は変態ぶりが炸裂していて笑えた。斑目氏に佳乃の正体について話した希実が絶交!と言われ、絶交なんて言われたのは小学生以来だという場面がツボでした。
    美和子さんと小さな頃の希実が会っていたことが次回への伏線なのかな?

  • まよパンシリーズ第2弾。人物紹介的にいろんなエピソードで構成されていた1巻と違い、今度は全編を通して弘基の中学生時代の元カノである佳乃を巡るお話。各章の構成も上手い(特に斑目氏の変態全開の妄想恋愛は清々しさを通り越してもはや格好いい!)が、要所要所に引きのある謎が配置されていて、とにかく読ませる展開となっている。冒頭の「救うことは、救われることに通じている」という台詞のとおり、救いがテーマとなっていて、笑顔の増えた希美とこだまの姿も楽しそうでとてもいい。果たして自分は、誰かの傘になり得るのだろうか。

  • 1度読んだものの、物語の世界に入り込めず挫折。
    テレビ化された後に改めて読んでみたら
    今度はするすると。
    佳乃と綾乃がとても鼻につくけど
    希美ちゃんがしっかり代弁してくれていた。斑目さんの奮闘ぶりが健気♪

  • 今回も途中じーんとして、
    最後に光が見えてくる感じで終わります。

    心が痛くなるような出来事を描きながらも、
    人の優しさあたたかさが救いとなりました。

    弘基の、美和子さんへのひたむきな愛がなんかいいです。

  • 真夜中のパン屋さんシリーズ第2弾。
    第1弾を読んだのは2011年11月なので、2年ぶり。
    なかなか楽しい本です。
    既に第3・第4弾も出ているので機会があれば読んでみようと思います。

  • まよパン第2弾。ブランジェリークレバヤシは深夜営業のパン屋さん。オーナーでおっとりとした暮林と口は悪いが腕のたつパン職人弘基のもとに転がり込んで居候を始めた希実だったが、ある時弘基の昔のオンナだと言う美女がが駆け込んでくる。彼女の言うことはどこか胡散臭く、なぜか男たちに追われている上に
    、謎の大金を抱えていて・・・!?二転三転するストーリーに釘付けになること間違いなし。

  • 前回の登場人物達に加えて、パン職人の元カノが現れて、色んな?事件に巻き込まれるっていうお話し。
    この本は、1冊全部読んで完結やで、読み出すと先が気になるww
    あとは、前巻の午前0時〜のその後的な?お話しもあるからスッキリ!
    でも、まだまだみんなに謎が多い本やねw

  • 本筋と関係なく、ひたすらにパンが食べたくなる本。ダイエット中の方に、読むのは避けたほうが良いと、警告しておきます(笑)
    深刻な問題を扱いながら、読後さわやかなのは、やはりパンのせい?

  • ふむ。。。第一巻はもう少し面白かった印象があったのだけど。。。こういうノリの文章を面白く感じる年ごろが懐かしい。熟年世代としては、今いち乗り切れない。

  • この本読むとパンが無償に食べたくなるんだよね。
    さくっと読めて面白かった。

    濃いキャラたちがみんないい味だしてて
    そして優しいんだよ。

    愛情
    今の最善策
    他人から見える部分
    結構心に響いたなぁ~

    甘いクロワッサンのような物語に
    ひったっていた感じでした。

全481件中 1 - 25件を表示

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)に関連するまとめ

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)の作品紹介

真夜中にだけ開く不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」に現れたのは、美人で妖しい恋泥棒-。謎だらけの彼女がもたらすのは、チョコレートのように甘くてほろ苦い事件だった…。不器用な人たちの、切なく愛おしい恋愛模様を描き出す"まよパン"シリーズ第2弾。

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする