([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)

  • 92人登録
  • 4.50評価
    • (14)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 和田裕美
  • ポプラ社 (2012年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591127551

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
佐々木 圭一
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • このくらいなら俺にもできそうってな前向きになるための思考特訓が書いてありました。
    最近こんな本ばっか読んでるけど、ここらでこの本に書いてあることを実行して、前向きに生きることをやってみようかという気持ちになりました。優柔不断な人にこそ向いているという著者の言葉を信じ、まずは30日間お試しで。

  • 今までで一番良い自己啓発本だった。誰でも実践可能で効果てきめん。お陰さまで自分も苦しいところから楽になれた。

  • 「新」と付くのは、和田さん流の陽転思考だからだという。そして、前向きという意味と違うことなど興味の沸く内容ばかりだった。生きて行く上でつまずくことが多々あるが、その乗り越え方がシンプルで誰でも習慣になれば出来るもの。夫婦間、友達間、職場間、親子間などどんな場面、境遇でも対応できる乗り越え方だと思う。早速、乗り越えたい状況になったから実践してみた。すると、心から反省し、心から謝ることが出来、そして相手も理解してくれた。くじけそうになったとき、読み返したい一冊だ。

  • どんなに悪いと思えることも、良かったをつける。できごとと良かったの間になぜ?をつけて、なぜ良かったのかを考えることが陽転思考では大切。

  • とても素晴らしい本だった。もっとたくさん読んで理解を深めたい。

  • 事実はひとつ
    考え方はふたつ

    無理に明るくしない
    ネガティブな感情を味わう、許す。

    でもそこからプラスを探して切り替える

    ーー
    ただ何でも頭からポジティブ!よりもわたしには受け入れ易い。

    悲しいとか怒れるとかの感情を否定するのではなく、それを受け入れる。でもそこにずーっと浸るのは幸せかな?と考えると違う行動、感情が生まれてくる。

  • 事実はひとつ、考え方はふたつ。
    一日ひとつのよかった探し、やってみます。

  • 自己啓発書はかなりの数を読んでますが、これまで本当に自分の人生に決定的な影響を与えたと言える本は少なかったです。しかし、この本は最もシンプルでかつ人生に多大な影響を与えてくれた本でした。

    陽転思考は、明らかにただのポジティブシンキング(引き寄せの法則?)とは違います。ネガティブなところから目を逸らしたりする必要がないからです。ただ、そのままネガティブに留まることもしない。ただそれだけの事なのですが、人生をうまく生きる上での極意とはこのようなシンプルな心の癖なのだと思います。

    その当たり前の心の習慣を実践できている人がどれだけいるでしょうか。当然、成功者や毎日うまくやっている人は知らずとも自然と実行していることに違いないのですが、そうでない人にとっては間違いなく幸せに近づく強力な方法になります。

    陽転思考の面白いと思うところは、「確実に」人生が良くなるという点にあります。それに関しては99%ではなく100%でしょう。良くならざるをえないからです。

    この本を読んでも日本の置かれている状況や、世界の大きな流れを変えることは出来ません。それは所与です。しかし、自分や自分の周りの人間の幸せ度は確実に上げることができると思います。

  • なんでもかんでも「プラス思考」だと疲れるので、
    いいことも悪いことも含めて、事実をうけとめて、
    では、そこから這い上がるために何ができるか、
    何をしようかと考えるほうが好転するという内容。

  • もともとプラス思考な方ではあるけれど、特に軸になるものはなかった私。和田さんの講演を聞いて読んでみました。
    すごくシンプルな考え方。
    悪いところも含めて引き受けた後、どっちが幸せになれるか選び取って行く考え方。考え方だから一回読んだだけですぐ身につくものではないけれど、意識して何度も繰り返して行くうちに必ず身につくと思います。
    とっても簡単なので目下実践中。

    前書きにあった
    これが私の財産です。
    誰にも奪えない財産です。

    というフレーズが響きました。
    考え方や習慣知識など、身についた財産をどんどん増やしていきたい。

  • 現在挑戦中!できてくれば星増やす!

    すんなり読めて、頭にすっと入ってくる。オレは今まで、無理をし続けてきたということだと気付かされた

  • 和田さんの本をちゃんと読んだのは初めてかな。
    私はこれで変われるだろうか?

    うーん。一回読んだだけじゃダメかな。
    身になっている感覚が薄い。
    内容の善し悪しではなくて、受け手(私)の問題かも。
    また違う場面で読んだら変わるんだろうな。

    要再読(予定)

  • とにかくプラス思考が重要であることは、
    頭でわかっていてもなかなか行動には活かせない。
    その方法が具体的に強調して書かれており、
    特にモチベーションが下がった際に読むと効果が高い本である。

全15件中 1 - 15件を表示

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)の作品紹介

ビジネス書のベストセラー作家の代表作がついに文庫化。「なぜ、自分だけがうまくいかないの?」と悩んでいる方へ、劇的に確実にあなたを変える「陽転思考」。起こった事実から、プラスになる選択肢を選んで人生を好転させていく思考法を実践的に解説します。

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)はこんな本です

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)のKindle版

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする