花のようする

  • 124人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (16)
    • (19)
    • (8)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 藤谷治
  • ポプラ社 (2012年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591128794

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

花のようするの感想・レビュー・書評

  • この作家ではいちばん好きな話。

  • はじめて読んだ作家さんでしたが、
    タイトルのおもしろさに惹かれて手にとりました。

    主役はいわゆる「盛りをすぎた」恋人たち。
    デイトレーダーで大成功していたのが一転無一文になった男と、
    女優のふたりが家を買おうとするなかで
    生きる力強さを身に着けていく、という話。

    「花の擁する(強さ)」ということなのか
    「花のよう(に強く生命を主張)する」ということなのか、深みがあっていいタイトル。

  • 三十七歳の女優・野滝繭美は、自分はもう駄目だと思っている。忙しくはしているが、歳も歳だし、女優としてのピークも過ぎた。そんなときに出会ったのが、デイトレーダーとして時代の寵児ともてはやされていた桜田眷作だった。美しい女と裕福な男。恋に落ちた二人は、二人の間以外の誰にも打ち明けられない、それぞれの秘密を抱えていた。

  • 「大人の恋愛」と何かで紹介されてたが、有名人だからこその流れかな。

  • 帯の文章にあるとおり、人生のピークを過ぎてしまった二人の物語。すごく静かだけど、時々飛び込んでくる子供の声が元気でほっとしたり。
    「いつか棺桶はやってくる」とちょっとつながっててびっくりしたー。

  • 2010年「舟に乗れ」3部作で本屋大賞にノミネートされた藤谷治の2012年の作品。旬を超えつつある女優とデイトレーダーの勇とされた時代の寵児とも言われた男が出会い恋に落ちる。バブルっぽい恋愛話が展開されると思いきや、二人がそれぞれ抱える秘密を共有できるパートナーとして相手をみる事ができる事に気付いた後の、共に生きていこうとする緩やかな恋愛話が美しい。ちょっと変化球の恋愛小説で、なにをパートナーに求めるかという事に関して考えさせられるお話になってます。

  • 「いつか棺桶はやってくる」とリンクしてましたね。

  • SLBA選定図書 2012年度 第2期 Aセットから

    人生のピークを過ぎた女優とデイトレーダー。
    二人はやがて恋に落ちる。
    人が人と出会い、生きていくことの全てを描いた、真心の物語。

    分類 913/フ

  • 静かな大人の恋愛。
    ちょいちょいあれ?これはファンタジー?という描写があったので不思議に感じた。

  • 例によって実験的な性格の強い作品で、回収されない謎がいくつか残される。この世界観の続編が描かれるのか? 話の構成も破格だが、それなりに落ち着くところに落ち着いている。バラは夫婦の子どもたちなんだろうなぁ、きっと。

  • 女優とデイトレーダーの恋愛小説です。

    「生き物が生きているのは資格や値打ちがあるからではない。すべての生き物はただ生きている」ということに気づき、自然な気持ちで前向きな一歩を踏み出すラストがよかった。
    大人の恋愛小説。

    ・・・なんだけど、急にファンタジーなところと、洋館の謎を深く追求しなかったところなど、細部が甘いところに減点!

  • 本当にいそうな二人の話。

  • 大人の恋の物語。
    私にとって,引き込まれるように面白い物語というのではありませんでしたが,こんな恋もいいじゃないと思わせてくれます。

    タイトルについては,最後にその意味が明かされ,なかなか粋な計らいとなっています。

  • 2012/10/13 嫌な展開ではないし好きなテーマではあるはずだが。嫌いじゃないけどこれじゃなくていい、という感じ。洋館が売りに出るまでの不審な点は指摘しただけでどうなった?

  • 人気下降気味の女優、野滝は、同棲中のデイトレーダー・桜田に「家を買おう」と提案する。実は桜田は株で大損をしてしまい、一文無しになってしまっていた――

    誰でも老いていく。それはしかたのないこと。その時が訪れた時、どう生きていくかを考えさせられました。
    メインの二人が大人なカップルなだけに、わざと淡々と書かれているのか、ラストがぎりぎりまでどうなるのか分からなかった。
    ちょくちょく視点が変わるのですが、はじめの2,3行どちらの視点なのかわからない時があったり、語られているのが現在なのか過去なのかちょっと困惑してしまいました。

  • 一軒家と薔薇と気の合う相手がいれば、充分ではないか。

  •  ピークを過ぎた残りの人生をどう過ごすのか?
     自分は“終わっている”ことを自覚して泥臭く生きなおすのか?それとも気がつかないふりをしてそのまま突っ走るのか?
     どちらを選択しても生きることって、生き抜くことって大変だ。

  • 素直でい続けることは難しいけどあきらめてはいけない。

    深大寺っていいよね…!

  • 女優とトレーダーという少し特殊な主人公達だが、二人の他人に対しての距離の取り方が非常に好ましい。 そして、最後になって始めてタイトルの意味が腑に落ちる。なかなかミステリアスな香りを残した恋愛を含めた生きることへの、あるがままにあることへの、憧れのような物語。

  • 「船に乗れ!」が深く心に残る作品だった。著者の新しい本が出たら必ず読もうと思っていた。恋愛ものを書かれるのは予想外だった。人生のなんたるかみたいなものはやっぱり恋愛抜きには考えられないものなのかな。人が人と出会い、一生を共に歩んでいく生きていくこと、幸福も孤独も確かに読み取れた。幸福の時でも、孤独な心はどこかに感じる。自分が幸福であっても相手が同じようにそうだとは言えないもの。自分は自分であって相手は自分ではないからその本当の心はわからない。

    主人公たちは家を持ち、花を植え、共通の安らぎを得る。この本の「花のようする」の意味がすべて。

    人間は、生き死にジタバタしながら一生を送る。いかに生きいかに死ぬか、自分の一生をかけ、その問いに自問自答を繰り返す。自分にどれほどの意味があるのか考えずにはいられない。自分という「意識」の中で生の意味を問わずにはいられない。そうせざるを得ない。だけど、一方でそれは何の意味もないことだと思っている。花や樹木や雑草はただそこでずうっとたたずんで一生を終える。人間がジタバタするその横で。ただじっと。自然は偉大です。


    P246
    自分を憎んだり、絶えがたくなったりするのも、自分があればこそだ。自分がなければ、自己の好悪、快不快もない。

  • タイトルの意味が分からず、書店のランキングは高く、まあそれが何かを知らずに読むことも一興と手にした。
    このような出会いがあり、2人で生きるということには、ある種のあこがれもありますが・・・

全24件中 1 - 24件を表示

花のようするを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花のようするを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花のようするを本棚に「積読」で登録しているひと

花のようするの作品紹介

三十七歳の女優・野滝繭美は、自分はもう駄目だと思っている。
忙しくはしているが、歳も歳だし、女優としてのピークも過ぎた。
そんなときに出会ったのが、デイトレーダーとして時代の寵児ともてはやされていた桜田眷作だった。

2012年4月7日、王様のブランチで紹介され話題となる。

花のようするはこんな本です

ツイートする