(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 289人登録
  • 4.01評価
    • (28)
    • (41)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : 片山 若子 
  • ポプラ社 (2012年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591128879

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • やまんばの娘、由布が、風早の街に帰ってきました。

    風早の街では、人も、人ではない者たちも、みんな、とても優しい。

    今回は、由布のおばあさまに関する話も。
    おばあさまは、里に下りなかった事を後悔していたけれども、多分、由布のそばの空気になって、斉藤さんにも会えたに違いない、と信じています。

    そして、あの柳骨董店が、本編でも、十七年後にも登場するんです!
    このお店も、そして柳さんも、大好きです。

    村山早紀さんの作品には、クリスマスのお話が多いですが、どれも大好きです。
    どのお話でも、素敵な奇跡が起こるから。
    そして、今回の、十七年後編を読んでいると、奇跡は物語の中でだけ起こるのではなく、不思議な事を信じる心を持っていれば、現実にも起こり得るのかも、と思えてきます。

  • 海馬亭通信 1、2 読了。
    村山早紀さん、やっぱりいいなぁ。

    この方の本はほんと心が温かくなる。
    人間て素晴らしいんだと。
    苦しいことも悲しいこともあるけど、生きてくのはやっぱり楽しいんだと。
    読むといつも励ましてもらっているようで嬉しくなります。
    (文字にするとかなり恥ずかしいですが・・・。読後の勢いで、この際書いちゃいましょう(笑))

    こんな本があって良かった。そしてそんな本に出会えて良かった。
    と思える本でした。

  • 人里に降りてきたやまんばの女の子が
    海の見える古い洋館「海馬亭」を舞台に
    大好きなものたちと触れ合う、そんな優しいお話

    後半には、1巻の同じく後ろに入っていた
    とある少年のお話の続きが書かれている

    始終、暖かかくて切なくて
    目頭を潤ませて読んでいた
    本当に大事な人から届いた手紙のような
    そんな気持ちが本を持つ手にも込もっていたように思う

    自分が誰かを、何かを大好きなことには
    こんなにも自信があるのに
    相手が同じかも知れないということを
    なかなか私たちは信じられないでいる

    そうしてそれが決して消えはしないことを
    なかなか信じられないでいる

    そんな時は
    私も大好きなRPGで
    ちょっとお話の中に入っていくのも、いいのかも知れない
    私とあなたという、2人の紡ぐお話の中に……。

  • 【あらすじ】
    人間が大好きで、再び山から降りてきたやまんばの娘・由布が、ちょっと訳ありな風早の街の住人たちとの切なくも心温まる日々を綴った三通の手紙。その十七年後、とある事情から冬休みをこの街で過ごすことになった少年・景が出会う。幻想のような不思議の数々…。風早の古い洋館「海馬亭」を舞台に、過去と現在ふたつの物語が優しく響き合い、美しい奇跡の扉が開く―。著者の初期傑作が長い時を経て、ここに完結。

    【感想】

  • やまんばの娘由宇が、再び家を飛び出して海馬亭のみんなに会いに行き、新たな出会いと不思議な出来事が起きます。吸血鬼に宇宙人などなどバラエティに富んだキャラクターの出会いと別れ。後半はうまく歩き出せなくなった男の子の海馬亭で過ごす期間限定のお話。優しい語り口調で読んでいてほんわかするような文章にいつも癒されます。

  • 海馬亭通信で由布と友達になった、海馬亭の持ち主千鶴の物語、かな。あまりにも素直で善良で聡明で優しすぎて、自分の心をすり減らしてしまい、自分でそれと気づけない子どもが、ある日突然歩けなくなる、そういう症状を取り上げています。こんなに純粋で美しく優しいまま十歳を超えてしまえる子どもは天使のようで、実在しない存在に思えますが、その子たちのためにあがき、苦しむ千鶴の心のほうに共感を覚えます。

  • 一度山に帰ったけどまた戻ってきた由布の話。相変わらずみんなかわいい。幽霊の純子さんだけじゃなくて吸血鬼のリチャードさんも。人間じゃない者どうしで意気投合してるシーンが面白かったです。あと、最後の景くんの話の続きがすごく良かった。景ちゃんと景くんがかわいい。

  • ナチュラルに日常の中に現実味のないものが混ざっている物語がとても好きなのですが、この海馬亭通信もやまんばに始まり人ではないものがいくつも混ざり合い日常に溶け込んでおりとても楽しく読みました。今私が生きている現実の世界にも実はこっそり混ざっているのではないかと期待を抱いてしまいます笑今回は命や寿命の話も掘り下げてありました。時は止められない私たちはただ進むしかない。その通りだなと感じながら読み進めました。とても暖かいお話でした。村山先生の他のお話も読んで見たいと思います。

  • 海馬亭通信の1~2を一気読みしました。
    由布が姉に宛てた全部で7通の手紙が軸となっています。
    本書では街の景色や海が印象的でした。
    風早の街シリーズは物語によって少しずつ街のイメージが変わるのが面白いです。

  • ファンタジーでした。

  • 「柳骨董店」の結末が悲しいなあ……
    けれども、そう。する側にとってはかるい気持ちでも、受ける側には、殺されるほど怖いものに思えることだってある。
    相手の立場に立つ、ということは、「眠れる街のオルゴール」の「ぼく」がロールプレイをしてみて、初めて相手の気持ちがわかって、自分のやり方の方向性がずれていたことに気づくようにとても難しい。
    想像力を鍛えていかないと…まだまだ想像力が足りないから、遠回りでも、その立場、誰かの立場というものの話や経験を増やしていく方が私には向いているかもしれない。

  • 妖怪とか幽霊とか、描き方によっては怖くなる題材なのに、まーったくちーっとも怖くなく、キラキラしてて、温かくて、ほわほわしてて、ファンタジーなお話。

    大人になるとこういうファンタジーな本って読まなくなってた。ゲームとかでは好きなのにね。不思議なもんだ。

    ファンタジーを思い出す上でも、いいきっかけになった気がする。

    ほわほわ、キラキラはいくつになっても大切だ!

  • 1作目に引き続き、優しさと浪漫溢れる風早の街の物語。
    不思議、妖、の者たちがこんなに素敵に描かれる大人の物語はないのではないか?
    眠れる森のオルゴールのほうもとてもよかった。

  • あらすじ・・・・
    人間が好きで、再び山から降りてきたやまんばの娘・由布が
    ちょっと訳ありな風早の街の住人たちとの切なくも心温まる日々を
    綴った三通の手紙。その17年後、とある事情から冬休みをこの街で過ごすことになった少年・景が出会う、幻想のような不思議の数々・・。
    風早の古い洋館「海馬亭」を舞台に、過去と現実ふたつの物語が
    優しく響きあい、美しい奇跡の扉が開く___。

    やっぱり不思議な風早の街のお話で今回もまたまた
    不思議な登場人物が出てきます
    途中SFチックになったりして話の展開が面白かった
    でも今回はちょっぴり切ない話だったなぁ
    17年後~眠れる街のオルゴールの後編は早く続きが読みたくて
    楽しみにしてたんだけど、凄く良かった
    凄くいい子で家族や、周りの人の幸せを願って頑張っちゃう男の子。
    この男の子の病気を治すために、冬休みに海馬亭に10日だけ
    1人で住むことになるんだけど、そこで起こる不思議な出来事に癒される~優しい気持ちになれる本でした

  • 今まで通り、今後も図書館貸出がベースです。。

    前作・海馬亭通信の続編

    花、音楽の音色・楽器、骨董品、精霊、オルゴール、SF、家族、生きることとは? というこれらの内容をベースに。とてつもなく、しんみりと来ました。

    フッと来るもののあり、一粒の力の糧を自身、この著書から感じ入りました。

      

  • 最初の手紙*夜のアコーディオン/二通目の手紙*柳骨董店/三通目の手紙*ばらいろ怪談/十七年後*眠れる街のオルゴール(後編)

    リチャードさんと柳さん星野君、二人の景。この街に魔性の者たちも現れる。奇跡や魔法にも闇の部分があることを忘れないで。でも恐れることはない。ちゃんと知っていれば覚悟していれば乗り越えていくことができる未来へ 明日へ
    子供たちよ 明日もきっと輝いている。しっかりと歩いて行こう。

  • 前作での奇跡が新たな奇跡となって受け継がれて行く
    心温まるお話。

  • 最後にうるっときた。

  • 初めて引用をひかせて頂いたくらいグッときた本。深いけど、わかりやすいお話。

  • 海馬亭通信、1を読まずにいきなり2から読みましたが十分楽しめました。
    いろんな作品に登場する風早の街。やまんばの娘がみた人間の世界。
    人ではないものも紛れ込んでいる物語ですが、決して怖くて妖怪っぽい話ということではなくて、みんな優しい気持ちになっている素敵な町、素敵な海馬亭なんだなと思うような作品。
    一人でカフェにてのんびりさらりと読みたい1冊。
    紅茶と、チーズケーキを目の前にして読む感じが似合いそう。

  • この作家さんの本は初めてだったのでよくわからないが、
    普段からこんなに読みづらい書き方なんだろうか…
    それとも少女の手紙風だからなのか…。
    何だか内容もご都合主義なところがある気がした。
    全体的にはなんだか優しい話だったなぁと。
    再読などはしないだろうなぁと思う。

  • やまんばの娘・由布とちょっとかわった人と実は人ではない者たちとの心温まるお話。

  • これもすごく良かったです。杉本さんの生い立ちは、ぼく地球みたいで、なんとも胸がつまりました。でも、きっとそのままの風早が、杉本さんたちをまた迎えてくれるはず。十七年後は、うーん、ドラゴンはとってつけたような気がしました。やりすぎ?のような。もっとふんわりしたもののけだけの方が、風早らしい気がして。でも、良かったです。また、何度も、読みそうな気がします。

  • 素敵なんだけど、すごく面白いんだけど…。
    あまりに純粋すぎて、読むのが少し辛かったです。
    「そんなにうまく事が運ぶもものかしら」とつい意地悪なことを考えてしまいました。
    少し疲れてるのかも。
    人は自分に余裕がないときは人に優しくできないですから。

    自信がついて、心がエネルギー満タンになった頃に、また読みたいと思います。

全30件中 1 - 25件を表示

(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[む]1-6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする