(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 106人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (20)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 小瀬木麻美
  • ポプラ社 (2012年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591128886

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった〜。遊佐いいわあ。

  • ラブオールプレーシリーズ第二作。一作目の主人公、水嶋亮の先輩で最大のライバルでもある、横浜湊の絶対エース、遊佐賢人の物語です。一作目では天才として描かれていますが、天才は99%の努力という言葉があるように、果てしない努力の末につかみ取ったものであることを、今さらのように知りました。パートナーの横川祐介に対する思いも書かれていて、思わず目頭が熱くなります。とても純粋でひたむきな彼の、今後ますますの活躍を期待してやみません。

  • 向かうところ敵なしでトップを駆け抜けてきた遊佐賢人。大学に進学しバトミントンと向き合う中で、自らの弱点に直面する。

    前作『ラブオールプレー』を七割くらい読んだところで挫折してしまったのでどうかな?と思ったのですが、やっぱりだめでした。
    おもしろくなりそうな材料がいっぱいで、遊佐も里佳さんへの恋のシーンも好きなのに、どうしてか物語に入り込めない。これは単に相性の問題だと思います。
    このまま挫折してしまうのはあまりにもったいないので、もう一度読み直してみようと思います。

  • ☆きっかけ  中学・高校とバドミントン部に所属していて、前作の『ラブオールプレー』を手にしていたため。

    ★感想  遊佐くんが主役でしたが、個人的にはあまり好感をもてないキャラクターでした。それよりも、彼のダブルスパートナー・横川くんがとても知的で、落ち着いた感じで、彼のバドミントンやチームに対する姿勢に心打たれました。

  • ラブオールプレー番外編・遊佐の話。遊佐はかっこいいけど、かっこいいだけじゃないんだなぁと思った。回りの支えとか、ライバルとかそういったものに無関係の中高生活を送った私としてはとてもうらやましかった。男の友情っていいなぁww

  • 前作では主人公水嶋くんの憧れであり目標でありライバルだった、ちょいウザいカリスマ的先輩遊佐くんが主人公の物語。
    元オリンピック選手の父を持ち、溢れる才能でバドミントン界期待の選手の遊佐。つねにトップを走ることを求められる彼の恋と挫折とバドへの情熱に、好感が増しました。

    前作より好きですね〜(笑)シャトルを打つ音、コートを走るシューズの「キュッキュッ」という音、そして閉めきった体育館の熱気。すべてを体感しながら一気に読みました。

  • 前作で、カリスマ的存在だった遊佐先輩が主人公。

    遊佐が、横浜湊高校に入ったきっかけから、水嶋たちが入部、インターハイ、そして大学での競技までのバドミントン生活が描かれている。

    水嶋のことをこんなふうに思っていたのかとか、里佳さんへの想いとか、
    前作の裏側まで楽しめた。
    そして、大学生になった水嶋たち横浜湊のメンバーも出てくる。
    彼らのその後も十分楽しめる話だった。

  • 前巻より確実に彼らが好きになりました。泣きそうにもなった。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-868.html

  • バトミントン小説の2冊目

    今回は、前回主人公の先輩・遊佐くんが主人公。

    とはいうものの、前回主人公の水嶋もたくさん登場し、あくまで遊佐が中心ってだけかな。

    中身的には、前半にインターハイを遊佐視点で描き、中盤~後半にインカレ戦が中心となるかんじ。前回描ききれなかった(?)遊佐の水嶋に対する期待や海老原先生の気持ちの描写などたくさん描かれており、インターハイ編の補完はよかった。

    けど、インカレ戦は水嶋がライバルとなりすぎになり、もう少しほかの選手との戦いも描いてほしかった。

    また、スランプやけがでの苦しみを描かないにもかかわらず熱い小説、というのがコンセプトだと思っていたが、後半にしっかり、けがを描いておりすこしがっかりだった。

    全体としては、面白かった。

  • 前作が面白かったので続編ということで読んでみました。
    主人公が今度は、前作の主人公の先輩にあたる遊佐賢人という青年。
    バドミントンをする上では、恵まれた環境で育った若きカリスマ。
    彼が恋に落ちたのは・・・高みを目指す少女。(先輩)

    前作から少し時間を戻りつつ、途中で追い越して未来へ
    物語は高校から大学へと進んでいく。

    でもなんだか。遊佐くんという人物になじみ切れなかったのと
    前作の主人公である水嶋くんの天才的な一面が恐くなって
    ちょっと楽しめなかったかな。
    一作目のような純粋に胸を熱くする作品…とまでは思えなかった。

    スポーツの世界はとても残酷だ。
    知っているけど忘れていたのかも。

全10件中 1 - 10件を表示

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

中学のバドミントン全国大会でシングルスの頂点に立った遊佐賢人。進学した横浜湊高校でも、スタープレーヤーとして、バドミントン部をインターハイ団体優勝に導いた。高校卒業後、横浜湊でのパートナー・横川とともに青翔大学に進むことに決めた遊佐は、はじめて高い壁にぶつかることに…。バドミントンと向き合いながら成長する賢人の姿を描く、人気の青春バドミントン小説第二弾!文庫書き下ろし。

(P[こ]4-2)風の生まれる場所 ラブオールプレー (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

ツイートする