([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)

  • 364人登録
  • 3.49評価
    • (15)
    • (21)
    • (34)
    • (6)
    • (3)
  • 42レビュー
著者 : 小川洋子
制作 : 樋上 公実子 
  • ポプラ社 (2012年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591129159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
小川 洋子・福住...
小川 洋子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 納戸を改装し、本棚を据えつけ、本を並べた『忘れ物図書室』。紅茶も用意され、机の真ん中には色んな味のキャンディが…。お好みのキャンディを一粒口に入れ、さぁ読書を始めましょう。

    最初は『最果てアーケード』に似ているかな(アッピア街道も出てくるし)と気軽に読んでいたけど、「ずきん倶楽部」を読み終わる頃には心臓がバクバクで、いつの間にか私は甘美で残酷な世界に迷い込んでしまった事に気づく。

    「人魚宝石職人の一生」が一番好き。宝石職人の想い、海の底のように静かで深い愛。人魚姫の涙は透明な粒のキャンディに。
    「愛されすぎた白鳥」もよかった。色んな味が混ざり合い重くなったキャンディ。愛しすぎるのはいいけど与えすぎはよくない。
    「アリスという名前」は蟻の味のキャンディ。蟻の話、これ子供の頃によく想像して怖くなっていたなぁ。

    子供の頃に読んだ童話を思い出しながら、色んな味や毒のある大人のおとぎ話を楽しんだ。

  • 陶器のスワン容器に詰められた<湖の雫>キャンディー。
    杏に薄荷、蜂蜜に白バラ。

    キャンディー屋の中にある
    世界の不思議なおとぎ話が納められた
    「忘れ物図書室」。

    危うい光沢を放つ赤ずきん。
    星を連ねて作った首飾り。
    光に溶け、泡となる想い。
    森の奥のもう1つの空。

    美しい文章に運ばれ、キャンディーが溶けてゆくように
    ゆっくりと世界の果てを旅する図書館。

    最後に用意されたのは涙色のリボンを結んだ
    スワンキャンディー。
    沈みゆく雫のように切なく愛おしい。

  • 小川洋子さんの文章と樋上公実子さんの絵で綴られた、半分小説で半分絵本のような不思議な風合いの本。
    赤ずきん、アリス、人魚姫…実際にある物語がモチーフになっていて、でも元の物語とはまったく違う小川洋子ワールドになっているのがすごい。哀しくて、残酷で、ひんやりとしている。
    童話に比べたら現実的なのに、ふわふわしていてこの世の出来事ではないような感じ。それに樋上公実子さんのクールでちょっとエロティックな絵が溶け込んでいる。
    どうやら先に絵があって、それを小川さんが見て小説を書いた模様。
    プロローグの小品的な物語が巻末の物語と繋がっていて、ほうっとため息をつくように読み終えた。
    絵本も小説も好きな私にとっては、超私得な本でした。

  • 赤ずきんちゃん、不思議の国のアリス、人魚姫をモチーフとしたおとなの寓話。

    それぞれのお話は、世界中の「忘れ物置き場」に打ち捨てられた物語という設定。

    どれもとてもアイロニカルな物語で、これほど短い中にはっとするストーリーと感情の揺れを凝縮してしまうのはさすがである。

    エピローグ的に添えられた白鳥の話が切なかった。

    http://www.horizon-t.net/?p=594

  • おとぎ話と共に添えられた数々の絵。可愛らしい女の子の絵だけれど、とても官能的。キャンディーにまつわる話から始まるが、甘くて美味しいキャンディーを舐めている間に、気がついたら思いも寄らないことが起こっていそうな、そんな怖さも感じさせる本。

  •  各地の忘れ物保管庫から集めた「忘れ物おとぎ話」の図書館という設定が面白い。
     そしてほの暗くてちょっと不気味なお話を書くのが上手な作者の作品と、中に散りばめられたイラストがとっても合っていて美しい本だな〜。
     文庫版・大人の絵本。

  • 桶上さんの絵が、残酷でちょっとエロチックで、素敵です
    そして、小川洋子さんのお話を読んでいると
    こちらの方が、本当の大人のおとぎ話だよと思ってしまう
    残酷だけど、本当の人の心に沿っているように思うのです
    あっという間に読んでしまうけど、何回も読んでしまいそうな
    どこから読んでもいいような、絵だけ見ていても楽しめる
    ちょっとお徳に感じちゃう本です

  • 題材になった童話はすぐに分かる。
    だけど、そこに小川さんならではの解釈が加わると全く違った物に。
    イラストもよく合っている。

  • 樋上久実子の絵にインスパイアされた小川洋子の物語。完成された世界だ。忘れ物が物語という設定がまずすごい。死の匂いに満ちた短編集。

  • ちょっとダークなお伽話と
    コケティッシュな挿絵の
    コラボレーション
    **
    冷め切った私にも
    アルカイックな
    笑みをもたらしてくれました
    人魚の話が一番好きかな。。
    **
    #小川洋子
    #おとぎ話の忘れ物

全42件中 1 - 10件を表示

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする