([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 195人登録
  • 3.45評価
    • (6)
    • (17)
    • (27)
    • (1)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • ポプラ社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131169

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
佐藤雅彦
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログ仲間さんのレビューに惹かれて、さっそく本書を読む。
    中学高校の教科書に載った小説を集めた短編集。
    なんとまあ、レベルの高いこと。
    短いながらもそれぞれに教訓や、不条理、風刺などが織り込まれた珠玉の作品ばかりだった。

    「とんかつ」や「父の列車」は世代を超えて心に響く良い作品だと思う。安心して読める。
    さらに、個人的に衝撃的だったのは永井龍男の「出口入口」と横光利一の「蠅」。
    前者は教科書に載せちゃう作品!?と驚き、後者は今なお輝きを失わない斬新さに驚いた。

    私が学んだ教科書には一つも載っていなかったため、どれも初読。
    それどころか初めて読む作家のオンパレード(^_^;)
    これだけの作品を書いている作家たちを読んでこなかったとは、もったいないことしたな~。
    こう言った本を手に取らない限りなかなか読まない作家もいる。
    是非、この企画続けてほしいと思う。

  • 2015年10月中旬読了。とんかつの面白さを感じた。あとは、絵本とある夜と、良識派と雛がぐっときた。私が教科書読んだのは竹生島の老僧、水練のことだけだなー。これってこんな話だったっけ。

  • 載ってたの一つだけ。
    ベンチは長編の一話抜き出しだけど 改めて全部読もうかな。。
    小学生で読んだが今は、戦争もの読むの辛い。

  • 自分が読んだ教科書の作品がなかった・・・。

  • 中高の国語の教科書に収録されている作品集。著者の「誰かが若者に読んで欲しいと思った作品」というコメントが秀逸。
    よく考えるとこういう作品をわざわざ国語の時間に取り上げて何がしたいんだろうと思う。教育目標を設定しづらいよ。こういった作品を読むことが目的だとしんどいな。いや,教養として知っておいて欲しい内容なのか。スイミーやごんぎつね,大造じいさんとガンなどは国民共通の内容?
    国語の指導要領でも読んでみるか。

  • 『教科書に載った小説』というタイトルのアンソロジーですが全て未読でした。そして全てがじんわり心に響く珠玉の掌編、小さな宝箱にしまっていたお話しがそっと蓋を開けて流れてきたような味わいです。中でも吉村昭の「少年の夏」の静かに張りつめた空気の奮えに感応しました。流行の先端の人と思っていた編者へのイメージを覆すセレクト、あとがきです。教科書でしか読むことができない作品が含まれています。編んでいただきありがとうございます。


    《収録作品》とんかつ(三浦哲郎)/出口入口(永井龍男)/絵本(松下竜一)/ある夜(広津和郎)/少年の夏(吉村昭)/形(菊地寛)/良識派(安部公房)/父の列車(吉村康)/竹生島の老僧、水練のこと(古今著門集)/蠅(横光利一)/ベンチ(リヒター)/雛(芥川龍之介)

  • 佐藤雅彦さんの本だから。
    この人の本は全て置けばいいと思います。

  • 「絵本」、「形」は教科書で読んだ記憶があった。

    「形」のときは国語のノートに
    主人公をマイメロディに代えてラクガキしてたなあ。
    赤マントつながりで。(笑

    「ベンチ」は妹の教科書に載ってたなー。

    教科書、私も読むの好きだった。

  • 12編の作品。
    各作家の代表作というわけではないので、
    コアな、ファンでなければ出会うこともなかったでしょう。

    ☆付きが個人的には、気に入りました。
    良い余韻を残す作品群です。

    ☆「とんかつ」:三浦哲郎
    「出口入口」:永井龍男
    ☆「絵本」:松下竜一
    「ある家」:広津和郎
    ☆「少年の夏」:吉村昭
    ☆「形」:菊池寛
    ☆「良識派」:安部公房
    ☆「父の列車」:吉村康
    「竹生島の老僧、水練のこと」:古今著聞集
    「蠅」:横光利一
    ☆「ベンチ」:リヒター
    「雛」:芥川龍之介

  • 佐藤さん基準で、教科書に掲載された作品を紹介したアンソロジー。

    自身が習った教科書がどこの出版社か覚えていないのでなんともいえないが(発行年度をみると、該当年度があった)、全部当時は読んだことがない話だったので、懐かしさとかそういうのがないので、★3つ。
    今回紹介された中では、亡き友人が将来の自分の子どもに絵本をプレゼントしてくれた『絵本』が泣けた。

    ちなみに自身は、『赤い実はじけた』とか新見南吉とか向田邦子の父親の甲子園の土を捨てちゃう話とか、その辺が未だに強く印象に残ってるなぁ。

全15件中 1 - 10件を表示

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)の作品紹介

誰もがかつて手にしたことのある、国語教科書。その中から珠玉の名作を、佐藤雅彦が選んでいます。読書の時間におすすめです。

ツイートする