([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 242人登録
  • 3.55評価
    • (11)
    • (26)
    • (32)
    • (3)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 藤原和博
  • ポプラ社 (2012年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131558

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半においては、自身の経験サラリーマン生活における問題やトラブルの根源を言い当てられた感覚になり非常に明快であった。後半のコミュニティやパートナーについては自身の経験が未だ無いことからあまり実感は湧かなかった。しかし団塊の世代の節目というものは、まさにこのような状態であると両親を見ても思える。現在の晩婚化現象、また高齢出産による藤原和博氏の見解と、教育現場の変化について聞いてみたい。

  • 藤原先生が言っていた40代〜50代の人が共感しやすい様な書き方をしている印象。

    自分としては「必ず食える1%の人になる方法」の方が断然読みやすかった。

  • 成長社会から成熟社会へ。備えるべきこと、身に付けておくべきことが学べます。
    「会社は人間の歴史を記憶する装置ではない。役割と機能を編集する装置である」(P119)。会社人間には考えさせられる一節です。

  • リクルート→杉並区立中学校の校長の経歴を持つ著者の一人の経験から語られる話。
    説教の形をとった自分語り

  • 会社から独立する、名刺を捨てる、一個人として社会に参加するということを自身の体験を交えてわかりやすく書かれてある。
    個人的には夫や先生など周りの人を立てるということが響いた。ともすれば忘れてしまいがちなので、相互に尊敬する気持ちは大事にしたいと思った。

  • 人生をいかに生きるかの指南書。特に会社との向き合い方などはためになったが、その他は人生観的な要素が強い。

  • 後半生を豊かに生きるために、人生の裾野をどう作るか?
    これからの日本を動かす、新しい人生モデルの提案!
    国も会社もあてにならないこの不安定な世の中で、何を
    指針に生きていったらいいのか?
    リクルートの伝説の営業マンから、都内初の民間校長と
    なり教育界に旋風を起こした著者が、そのキャリアと人生
    哲学をすべて込め、人生の後半戦を豊かにするための生き
    方を提案する。(親本は2011年刊、2012年文庫化)
    ・はじめに 『坂の上の雲』から「坂の上の坂」へ 
    ・序 章 人生のエネルギーカーブに気をつけよ
    ・第一章 世の中を信じる 
    ・第二章 幸せは自分の中にある 
    ・第三章 “いい子”は、もうやめる 
    ・第四章 会社を利用し尽くす 
    ・第五章 消費の作法 
    ・第六章 コミュニティをシフトする 
    ・第七章 パートナーと向き合う 
    ・第八章 死とお金を考える
    ・第九章 本当に必要な備えをする 
    ・文庫版のためのあとがき

    時々、藤原和博の本を読みたくなる。その主張の全てに同意する訳ではないが
    色々なヒントをもらえる。本書の内容もアクティブで前向きになれる。
    あとがきでは、大阪府の民間校長の件が書かれており、著者はその可能性を大
    きく評価しているが2014年現在の大阪の状況にどの様な感慨を持っている
    のだろうか。(もちろん、制度上の問題と、運用上の問題は分けて考えるべき
    であるが)
    大阪府知事の特別顧問に就任したという話はニュースとなったがその後、政局
    のドタバタもあり、埋没した感がある。下世話ではあるが気になった。

  • 藤原和博さんはとても有能で好きなんですけどね。
    こういう本でありがちなんですけど、人生全般を語ろうとすると最後の方はどうでもいいというか説教臭くなるというか。やれ保険を見直せだ、あーだこーだ。どんどん本質とかけ離れて行く。そんなこたぁ余計なお世話だ、と思ってしまったので星3つ。

  • 視点が新鮮で、知的好奇心をそそられる。今から取り組む課題が散りばめられている良書。

  • 自分の人生の後半戦を生きるためのタメになる一冊。
    自分の人生の折り返し地点っていつだろうと以前漠然と考えたときに、尊敬する祖父が生きた年月を半分に割ると38年11ヶ月。もう自分は後半戦に入っているんだと思い、悔いのない人生を意識して生きていきたいと思う今日この頃でした(^^;

全23件中 1 - 10件を表示

藤原和博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)はこんな本です

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)の作品紹介

国も会社もあてにならないこの不安定な世の中で、何を指針に生きていったらいいのか?リクルートの伝説の営業マンから、都内初の民間校長となり教育界に旋風を起こした著者が、そのキャリアと人生哲学をすべて込め、人生の後半戦を豊かにするための生き方を提案する。ベストセラーに新たな提言を加え、文庫化。

ツイートする