学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 緑川聖司
制作 : 竹岡美穂 
  • ポプラ社 (2012年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131756

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)の感想・レビュー・書評

  • 学校にまつわる話がたくさん詰まっていました。自分の学校にもこんな話があるならちょっと怖いな。と思った。赤い本とこの黄色い本の主人公が同一人物だったのがビックリしました。

  • 学校の怪談コンテストをすることになって、怖い話を集めるようになったところへ、司書の山岸さんから「黄色い本」を手渡される。
    黄色は注意しろ、の黄色…。

    学校の七不思議を確かめるべく、学校を調べて回る主人公たち。
    そこへ現実の放火犯からも狙われて、最後は学校のお化けたちに助けられる形に。
    今回の主人公は「赤い本」の主人公。
    前回、怪談と向き合うことを選び、今回もその姿勢のために救われた。

    話の最後、司書の山口さんが差し出した本は「怖い本」。

    巻末に載っていた予告では、2013年の3月に出る最終巻が「怖い本」。
    ここでは山岸良介の正体が遂に明らかになるとか。
    一昨年の夏から続いてきたシリーズも遂に終わりを迎えるときが…。
    楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

緑川聖司の作品一覧

緑川聖司の作品ランキング・新刊情報

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)を本棚に「積読」で登録しているひと

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)はこんな本です

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)の単行本

ツイートする