真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 2924人登録
  • 3.77評価
    • (194)
    • (520)
    • (376)
    • (35)
    • (2)
  • 387レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2012年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131824

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真夜中、午前1時と来て、今回は『午前2時の転校生』。
    「まよぱん」シリーズ第三弾を、なんとかドラマ放送前に読めて
    ふぅ、まにあった♪ と胸を撫で下ろしている私です。

    第三弾までドラマで描かれるかどうかわからないけれど、
    来週の『ビブリア古書堂の事件手帖』みたいに、まだ読んでいない最新刊を
    あっという間にドラマ化されてしまう例もあるので、気が抜けない今日この頃。

    親になりきれない親。 無邪気な子供ではいられない子供。
    魔法使いになりたいのに、胡散くさい目で見られてしまう夢多き人。

    なりたいものになれない不器用な人たちが
    今日も真夜中の街角にぽっと灯をともすパン屋さんに集まってきます。
    その淋しさや切なさをやわらかく包む、フルーツサンドやタマゴサンドが
    今回も、なんと美味しそうなこと!

    相変わらず、のぞき魔の斑目とかアブナイ薬を平然と預かる多賀田とか
    世間の常識から外れた、ちょっと変わった人を抜群に魅力的に描いてしまう大沼さん。
    転校生孝太郎の相棒(?)、腹話術人形のアンジェリカも
    できることならぜひ、ドラマの中で見てみたいなぁ♪

    托卵された側の暮林と弘基の希実への過保護ぶりが
    どんどん「心配性のおかあさん」化する中、とうとう現れたカッコウの母に
    次回作への期待がパン生地のごとくふくらみます。

    きっと次の物語は、午前3時。
    ブランジェリークレバヤシの終業時間は午前5時なので
    あと3冊は「まよぱん」シリーズを読めるのかしら?と
    気になってしまう、まよぱん第三弾なのでした。

  • 安心して笑える場所と大切な絆を手にしたのぞみちゃんが、
    自分でも無意識のうちに幼少期からとりあげられた
    "甘える"ということを自然に身につけて、
    かわいい無邪気さを手にしていく様子を見れてうれしい。

    謎多き転校生と、みんなを幸せにするために仕掛けられた魔法。
    人の心を動かす魔法は諸刃の剣。
    だから魔法使いは心を強く清く正しく保つ強さが必要。
    本当の優しさは強さと同義で、芯から強くなくちゃ手にすることはできない。
    だから魔法使いはとても限られた人しかなれない。

    不穏な空気をはらみつつ次巻へ。
    のぞみちゃんの笑顔も、幸せすぎて怖いぐらいの
    斑目氏の幸せもどうかどうか壊れませんように。

  • 『まよパン』シリーズの3作めです。
    たまごサンドが食べたくて仕方なくなります。フルーツサンドは苦手なんだけど、なんだか食べられる気がしてきてます。

    誰かの幸せを願うことは、自分の幸せとして、還ってくるんだなぁ。
    でも、押し付けや、独りよがりにならないようにするのって、ちょっと難しいです。
    でもでも、幸せを願う誰かが存在するのって、それだけで幸せなのかもしれませんね。

  • フルーツサンドが無性に食べたくなります。
    あんまりパンの話はなかったけど、人下関係がより密接で複雑になってきて、だけどなんだか切ない。

    今回はこだまの異母兄が、のぞみのクラスメイトとして登場し、織江ちゃんの恋人らしき胡散臭い安部医師となかなかダークな展開になります。

    しかし、本当に魔法使いはいるのかもね。
    そして願い祈ることで魔法をかけられるのかもしれない。

    のぞみちゃんがきっと救われて乗り越えられると願わずにいられないラストでした。

  • 夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。彼が企む“計画”によりパン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾!!

  • 3作目。
    周りにもう十分過ぎるほど変人知人たちがいる希美の隣の席に転校生が。
    アンジェリカなんて人形を片手に、腹話術をみせる美作孝太郎くん。
    孝太郎は何故か希美にまとわりついて、何やら胡散臭い。
    そこに織絵さんの新しい彼氏?安部医師が登場。これがまた曲者のようで。
    ブランジェリー・クレバヤシがまた騒がしくなってる。
    タマゴサンドが食べたい読後。

    「んだよ!俺のパンが好きな人間に、悪いヤツはいねーぞ⁈」

    「先人たちの言うことは、やっぱりあんがい正しいのかも知れない。
    パンを残さず食べる人に、悪い人はいないのかも知れない。」

    幸せってなんだろ、なんて昔のCMのようなことをふと考えてしまう今回のお話。こだまくんがタラオのように無邪気な直球で周りをドキリとさせてる。
    美作さん問題ありありだけど今回ちょっとイメージアップかな。
    さていよいよカッコウ母が登場。

    「そんなの、意地でも助けるに決まってんじゃねーか!アイツが苦しまなくなるまで、なんだってしてやるっつーんだよ!」
    「だいたい、他人がいちいち口出してくんじゃねーっつの!」
    この関係どうなるのかな?

  • 待望の第三作目。「午前0時」「午前1時」と続けば、セオリー通り今回は「午前2時」!←実はどれも未読。。。早く読まなきゃ。。。

    ポプラ社のPR
    「今回のお客様は、なんと希実の高校にやってきた転校生。
    彼は金髪の人形を手にたずさえ、腹話術と霊視を特技とする、
    またもや変わったお客様だったのです!
    希実に近づく転校生は、「君の未来には危険が待ち受けている」
    という不穏な予言を発し、希実を“ある密計”へと巻き込んでいきます。
    はたして、彼の正体、そして彼がもたらす事件とは!?」

    『真夜中のパン屋さん』オフィシャルブログ
    http://blog.livedoor.jp/mayo_pan/archives/2012-10.html

  • 再読
    ちょっとありえない親子関係。でも、見えているのが真実ではなく、隠されているものに深い思いがあったりする。フルーツサンドが食べたい!

  • 午前3時まで読了。ライトノベルみたいで読みやすい。
    かなり重たい過去を背負った人たちの擬似家族もの。時折出てくるパンの描写に和ませられつつ。(読んでいると間違いなくお腹もすきます)
    フルーツサンドとクロワッサンが食べたくなりました。とってもおいしそう。

  • 今回はサンドイッチなんですね…
    お腹すいてる時に読んじゃだめだよ、ほんと←

    やっと希実ちゃんの過去に触れてきました
    続きが楽しみ

    相変わらず大人二人がかわいいなw

全387件中 1 - 10件を表示

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)に関連する談話室の質問

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)の作品紹介

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。彼が企む"計画"によりパン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾。

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)のKindle版

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)の単行本

ツイートする