新美南吉童話選集〈5〉

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新美南吉
制作 : ささめや ゆき 
  • ポプラ社 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591133095

新美南吉童話選集〈5〉の感想・レビュー・書評

  • 子供の日常は平穏無事というわけではない。それどころか毎日何かしらひっかかりを感じたり悩んだりして揺れ動いている。『屁』は可笑しい話だとばかり思っていただけに何とも苦い後味だった。『うそ』とは逆を行く結末に至っており、人間のエゴが浮き彫りになる。「人が生きていくためには肯定される」…?いや、そんなことはない、と言いたいけど、さて現実はどうだろうか。明るい気持ちになりたくて読んだ『一枚のはがき』に突き放された。なんて悲しい…。なんで?なんで?と私も問わずにはいられなかった。

  • 「うそ」と「一枚のはがき」が未読だったので読む。「うそ」は久助もので、なかなかよい。
    でも「一枚のはがき」はこれはないでしょ、って感じ。「かげ」のときも思ったけど、別に死なんでも。
    清水真砂子が以前「日本の児童文学はかわいいと可哀想しかない」と言っていたけど、こういうのを読むと認めざるを得ない。
    けなげで可哀想。でもそれだけじゃん。
    でももちろん、「花のき村」「屁」という名作も入っているから、本自体はまあまあといったところ。

全2件中 1 - 2件を表示

新美南吉童話選集〈5〉の作品紹介

心のよさは、ほかのひとの心もうごかす「花のき村と盗人たち」をはじめ、命をかけてはがきをとどける少年のすがたを描く「一枚のはがき」など、人間の心のうつくしさとみにくさを描いた四編を収録。

新美南吉童話選集〈5〉はこんな本です

ツイートする