恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)

  • 40人登録
  • 4.73評価
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 工藤純子
制作 : うっけ 
  • ポプラ社 (2013年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591133729

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)の感想・レビュー・書評

  • ・この本に出てくる、マリエ、あん、はるき、りんやが、りょこうに行くお話が、わたしのすきなポイントです。
    ・このお話は、まりえとまりえのお兄ちゃんとの仲をもとにもどすお話で、おかしを作るところがわくわくするお話です。

  • 海でっせ。
    夏休みでっせ。
    あんこちゃんと(なんでか倫也も)マリエちゃんの家族旅行について行って、マリエちゃんのお兄ちゃん登場でっせ。

    今回も面白かった!

    また表紙も可愛くてねえ・・・。


    それはさておき、吉沢家は美男美女一家のようやけど、マリエ兄の春樹さんが(美形の真打として)登場。
    マリエちゃんより10才も年上らしく、すでに某ホテルでパティシエとして修業中で、このたび引き抜き状態でフランスへ修行をしに行くことになったのを見送るために会いに来た、そういう感じ。

    お兄ちゃんっ子なマリエは本来の性格もあいまってなかなか素直に別れを告げられへんようやねんけど、そのきっかけに「海のゼリー」を作るという展開もまたよかったな!

    この話は少しずつお菓子のうんちくが(わかりやすく)入っていて、いいなあ。
    今回はようかんの話が興味深かったです。

    ようかんは昔中国から渡来したそうなんやけど、もともとは羊の肉のスープで作られていたとか・・・。
    そういえば、そういう話を聞いたこと、ある! 栗丸堂でかな?

    だからこそ「羊羹」ちゅう字みたいやね。
    でも日本では羊のスープで作らずに豆の粉や小麦粉で作るようになって、現在のようかんに至る、ちゅうことで

    昔の日本人、すごいな!

    羊のスープではなく豆の粉で作ってくれて、よかった・・・!
    だってそっちのほうがたぶんおいしいやんね! 笑

    (2016.12.10)

全2件中 1 - 2件を表示

工藤純子の作品一覧

工藤純子の作品ランキング・新刊情報

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)を本棚に登録しているひと

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)の作品紹介

ハロー!如月杏でーす!ねえねえ、夏の海って、テンションあがるよね〜!夏休み、あたしはマリエや倫也と、海辺のリゾートホテルにいけることになったんだ!けど、なぜかマリエのきげんはサイアクで…。えーん、いったいどうしちゃったの〜。

恋する和パティシエール3 キラリ! 海のゼリーパフェ大作戦 (ポプラ物語館)はこんな本です

ツイートする