(P[こ]6-1)いなりで御免! (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 27人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 甲田朴子
  • ポプラ社 (2013年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591133910

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[こ]6-1)いなりで御免! (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 気まぐれで手入れをした社に住む稲荷に好かれた武士の青年が巷で起こる髷切り事件解決に奔走する時代劇。
    稲荷であるおりなの陽次郎にやきもちをやく人間らしさが可愛らしかった。内容としては終盤に向かうにつれて少し盛り上がりに欠けてくるかなと感じる。また個人的には所々で描写される料理は美味しそうだなと感じた。

  • 面白くないわけではないのだけど、いまいち読むペースが上がらなかった。

  • 陽次郎の唄のお師匠さんぶりがもっと覗いてみたかった
    おりなはかわいいんだけどね
    変化とかの活用が効果的じゃないような?

    20130607

  • 悪くないんだけど、似たような名前の登場人物は多いわ詰め込みすぎでバタバタしてるわ、読み進めるのに時間かかった…

全4件中 1 - 4件を表示

(P[こ]6-1)いなりで御免! (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

唄の師匠で、とびっきりの美男・大村陽次郎。完全無欠の侍かと思いきや、剣の腕はからっきし。ある日気まぐれに掃除してやったあばら社の主であるお稲荷様に一方的に惚れられてしまう。美人だが勝ち気で嫉妬深い稲荷・おりなから妙な術までかけられてしまった陽次郎は、江戸を揺るがしている「髪切り魔」事件に巻き込まれていく…。第一回ポプラ社小説新人賞で最終選考に残り、注目を集めた作品が満を持しての刊行。

(P[こ]6-1)いなりで御免! (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする