ぱっくんおおかみとくいしんぼん (ぱっくんおおかみのえほん)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 木村泰子
  • ポプラ社 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591134016

ぱっくんおおかみとくいしんぼん (ぱっくんおおかみのえほん)の感想・レビュー・書評

  • ぱっくんおおかみとお友だちがキレイな道を見つけて冒険するお話。行く先で色々と困難に行き当たるけれど、たくさんのお友だちの助けがあって道を進んでいきます。さて、この道は、ホントは…!

    子供たちと一緒に、この道を迷路のように手でたどりながら読みました。

  • ぱっくんおおかみとうさぎがピンクのきれいな道がどこまで続いているのか確かめようと進む。
    途中仲間はどんどん増えて行き、最後にトンネルが。
    でも、それはトンネルではなく、くいしんぼんという猫の口だった。
    ぱっくんおおかみが大きな口とキバを見せて何とか逃げ切る。
    帰りはでこぼこ道。

    ぱっくんおおかみの口大きい。
    物理法則を無視している。

    くいしんぼん、という名前がかわいい。

全2件中 1 - 2件を表示

木村泰子の作品一覧

木村泰子の作品ランキング・新刊情報

ぱっくんおおかみとくいしんぼん (ぱっくんおおかみのえほん)の作品紹介

きれいなみちが、ずっとむこうまでみえていた。「どこまでつづいているんだろう。」「いってみようよ。」ぱっくんとおおかみとうさぎは、あるきだした。とちゅうでくるまをつくって、ともだちをのせて、ずんずんやまをのぼり、みずうみをくぐり、やがて…。

ぱっくんおおかみとくいしんぼん (ぱっくんおおかみのえほん)はこんな本です

ぱっくんおおかみとくいしんぼん (ぱっくんおおかみのえほん)の単行本

ツイートする