わたしのひよこ (ポプラ物語館)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 礒みゆき
制作 : ささめやゆき 
  • ポプラ社 (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591134665

わたしのひよこ (ポプラ物語館)の感想・レビュー・書評

  • クラスでは目立たない存在のひな子。同じ飼育係のはる子ちゃんと仲良しだけど、勉強もできておしゃれなクラスの人気者ナオミちゃんに憧れています。同じ日に上靴を忘れたことがきっかけで、ナオミちゃんと急接近したひな子。はじめはうれしい気持ちでいっぱいだったけど、ナオミちゃんのグループはみんなの本心が分からず、毎日気を使うことばかり。それでもナオミちゃんたちと仲良くしたいひな子は、大事なペットのひよこを「ぴーころは疲れているよ」というはる子ちゃんの忠告も聞かず、みんなに順番に抱かせてしまいます。

  • クラスで他者紹介をした。
    人気のある子は、おおぜいの子から良いところを紹介された。
    ひな子の順番が来たが、だれも発言してくれない。
    しばらくして、おとなしいはる子ちゃんが発言してくれたけど、男子に
    ちゃかされて、みんなに大笑いされてしまった。
    ひな子は、自分がだれにも気にかけてもらえないかわいそうな人になってしまった
    と思った。

    あこがれているナオミちゃんと同じ班で、地域の行事を調べることになった。
    そこでもひな子は、いない人のように扱われて悲しかった。
    夜店でかわいいひよこを見つけ、飼うことにしたひな子は、「ぴーころ」と
    名付けて、毎日世話をしてかわいがった。
    ぴーころのおかげで、学校に行くのも楽しくなっていった。

    はる子ちゃんとは、3年生のときから話すようになって、いっしょにいると
    なんとなくほっとする。
    でも、ナオミちゃんに話しかけられると、はる子ちゃんのことはどうでも
    いいような態度をとってしまう。
    ひな子は、ナオミちゃんのグループに入れてもらいたくて、はる子ちゃんに
    ひどい言葉を言ってしまった。

  • 「いじめ」にいくかいかないか少し微妙な所を描いた作品。

    憧れの女の子に近づきたいから、少し背伸びをする、合わせようとする。

    友達に嫌われたくない。

    そんな、きっと多かれ少なかれ誰もが経験する出来事を、ひよこのぴーころという小さな命とのやり取りを交えつつ、繊細に描いている。

  • 礒みゆきの経歴が素敵過ぎる。。。
    礒みゆき先生 | ポプラ社
    http://www.poplar.co.jp/jidou/sakka/isomiyuki.html

    ポプラ社のPR
    「ガマンすれば、ともだちになれる?
    ムリヤリ笑えば、ともだちでいられる?

    オシャレでかわいい憧れのクラスメートと、、頑張ってともだちになったけれど、むりしてともだちになったみたいで、毎日心が落ちつかないひな子。
    そんなひな子を、いつもなぐさめてくれたのは一匹のひよこだった。ずっと一緒にいられるって思っていたのに…。

    小学生の女の子の、ともだちとの関係、命の関係を描く物語です。 」

全4件中 1 - 4件を表示

わたしのひよこ (ポプラ物語館)の作品紹介

ガマンすれば、ともだちになれる?
ムリヤリ笑えば、ともだちでいられる?

オシャレでかわいい憧れのクラスメートと、、頑張ってともだちになったけれど、むりしてともだちになったみたいで、毎日心が落ちつかないひな子。
そんなひな子を、いつもなぐさめてくれたのは一匹のひよこだった。ずっと一緒にいられるって思っていたのに…。

小学生の女の子の、ともだちとの関係、命の関係を描く物語です。

わたしのひよこ (ポプラ物語館)はこんな本です

ツイートする