(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 172人登録
  • 3.47評価
    • (4)
    • (16)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 佐々木禎子
  • ポプラ社 (2013年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591135341

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 四月はまだ寒い北の都札幌。中学生になった高萩音斗は、小学時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れてしまう貧血・虚弱体質に悩んでいた。そんな彼を助けるために両親が連絡をとった遠縁の親戚たちは、ものすごく変わった人たちだった! 商店街にパフェバーをオープンした彼らのもとで、音斗は次第に強さと自分の居場所を見つけていく。
    ユニークな世界に笑い、音斗くんの頑張りや恋心にほろりとするハートフルストーリー!

  • 【あらすじ】
    四月はまだ寒い北の都札幌。中学生になった高萩音斗は、小学校時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れてしまう貧血・虚弱体質に悩んでいた。そんな彼を助けるために両親が連絡をとった遠縁の親戚たちは、ものすごく変わった人たちだった!商店街にパフェバーをオープンした彼らのもとで、音斗は次第に強さと自分の居場所を見つけていく。ユニークな世界に笑い、音斗くんの頑張りや恋心にほろりとするハートフルストーリー!

    【感想】

  • すぐに倒れてしまう体質の主人公は、実は吸血鬼!?
    体質を治すため、家出して頑張ります。

    血と牛乳は成分が似ている、というのに驚きです。
    本当にあれとこれが? という気持ちですが
    さすがにそこは嘘ではない、かと。

    親戚が上京してきて店を構えて、そこに家出して。
    普通に店の話になっていくので終了、かと思ったら
    一応事件がありました。
    しかし何だか、ついでというか、布石と言うか。
    何か相手が可哀そうな状態で終了してしまいました。
    いなくなったので、また出てくる、はず?

  • 牛乳を飲むバンパイヤ。その個性的な様子が楽しいです。

  • 血じゃなくて牛乳飲んでる平和な吸血鬼のお話。牛乳が血と同じ成分だって初めて知りました。
    現代に適応するように進化した吸血鬼のハル、ナツ、フユの三人がかわいくて、楽しく読み終えました。稼業が酪農の吸血鬼……ほのぼのしい……
    「吸血鬼」じゃなくて「吸乳鬼」のくだりはにやにやしてしまいました。ほどよくトンチキで、愉快なノリで好きです。フユさんが好きです。
    旧式の吸血鬼さん、かわいそう……がんばって……

  • シリーズ本の1冊目だったか。
    気軽に読めて、面白い。
    ーーー
    四月はまだ寒い北の都札幌。中学生になった高萩音斗は、小学校時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れてしまう貧血・虚弱体質に悩んでいた。そんな彼を助けるために両親が連絡をとった遠縁の親戚たちは、ものすごく変わった人たちだった! 商店街にパフェバーをオープンした彼らのもとで、音斗は次第に強さと自分の居場所を見つけていく。
    ユニークな世界に笑い、音斗くんの頑張り屋恋心にほろりとするハートフルストーリー!

  • 牧歌的な吸血鬼達の物語。
    特に何があるというわけでは無いのですが、仄々としてくる優しい内容。

  • 読み終わりました!
    予想を遥かに上回る展開に、
    ハラハラドキドキさせられたり。。そんなお話でした!

    初めてこんな本に出会いました・・・
    そう思ってしまうほど、不思議と謎と驚きの連続ばかり。。
    まるで魔法にかかったみたいに、話の続きが気になり
    ページを捲る手が止まりませんでした(笑)


    最初の方。。
    フユヤハル、ナツの登場の仕方には読んでる私も驚き
    他にももっと驚く展開が待っています!
    宅配のシーンもびっくりしました。届けられたくだりから

    表紙も素敵で可愛いです♪



    音斗くんの成長もこれから気になるところです!
    もう何巻も出てるみたいですね。。すごいです☆
    これからどうなっていくのかも気になります(〃ω〃)

    お母さんの正体、これから明かされていくのでしょうか??
    もし宅配の人たちと同じようにだったらもなくはない。。そちらも気になります(笑)




    それと…
    守田さんのお姉さんのお話は。。共感したな…
    そんな風にすがっちゃう気持ち分からなくもない

    親がケンカばかりでモヤモヤした空気だと
    自分もそう感じて辛くなるよね。。


    ラストは救われたな…(ノω・、) ウゥ・・


    言葉も色々とハッとさせられたりして、
    私も勇気付けられます。。

    みんなかっこいいですね。。
    フユもハルもナツさんも^^

    これからどんな言葉をかわすのか
    楽しみでなりません。。笑

    ギャップですね、ギャップ。。

  • お母さんのことが気になって仕方ない。ナツ…かわいい。イケメンすぎる牧歌的吸血鬼。キャラたちすぎててもう降参するしかない。あとお母さん、何者なんだろう…。期待薄だっただけにいい意味で予想裏切られました。

  • 乳製品とか牛乳使ったごはん食べたくなった~パフェ食べたい

  • 四月はまだ寒い北の都札幌。中学生になった高萩音斗は、小学校時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れてしまう貧血・虚弱体質に悩んでいた。そんな彼を助けるために両親が連絡をとった遠縁の親戚たちは、ものすごく変わった人たちだった!商店街にパフェバーをオープンした彼らのもとで、音斗は次第に強さと自分の居場所を見つけていく。ユニークな世界に笑い、音斗くんの頑張りや恋心にほろりとするハートフルストーリー!

  • んああ!!?
    フユが音斗をくん付けで呼ぶのすげーーーーー違和感……
    委員長かわいい

  • 牛乳飲むとは面白い。牛のお母さんが気になる!

  • キャラの個性が良い♡
    ストーリー&キャラの絡みが面白い!

    一番人気のパフェ食べてみたい衝動…ッ

  • ただただ音斗くんが可愛かった(笑)
    3人の中ではナツさんが好きかなー。
    続編期待だー!

  • 2014.04.10.
    吸乳鬼の語感

  •   典型的なライトノベルズだなと思いながら読了。
     
     設定が特に重たいわけでもなく、軽く読めたので、まぁそれはそれでよしかな。


     ある意味ポプラ文庫らしくて、でもどこか違うような感じ~。

     続巻もあるみたいだけど、読まないでもいいかな。

     可もなく、不可もなく。星三つ!
     

  • 発想が斜め上を行ってて面白かった。非BLだけど主人公音斗や美形吸血鬼ハル、ナツ、フユは腐フィルターで美味しさ倍増。途中、電車の中で声を出して笑いそうになった…危なかった。でもオチは肩すかしかな。続きに期待。

  • 貧血気味でしょっちゅう倒れ、よく発熱する。という虚弱体質の主人公・音斗に興味をひかれ、購入。

    『子孫にもしも頭髪目肌の色素の薄い虚弱な子どもが生まれたときは道東の隠れ里に住まう遠縁の親族を必ず頼るべし。さすればその子どもは健やかになり長生きできる』という書きつけの存在を知り、記されていた住所にすがる思いで助けを求めた音斗の両親。

    隠れ里から音斗のもとに派遣された3人衆によると、音斗はなんと○○○の末裔だった!? 

    おまけに○○○なのに○はまったく飲まず、牛乳をこよなく愛す!?

    そして彼らの遣い魔は牛!?


    と、おもしろくなる要素はたくさんちりばめられていた。

    ……けれど、騒動の幕引きがあまりにあっけなかったのが残念。

  • 設定はすごくおもしろそうだったのに、それが生きてないように思いました。
    個人的にはもっと音斗の成長を見たかったです。

全22件中 1 - 22件を表示

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)に関連するまとめ

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

(P[さ]4-1)ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

ツイートする